水辺遍路

実際に行った池やダム 9,550ヶ所を掲載

しらかしの池(神奈川県大和)

引地川公園・泉の森。上草柳調整池、上草柳多目的利用調整池。
f:id:cippillo:20151016174012j:plain

幹線道高架下に広がる自然豊かな園地。

住宅の密集した市街地であり、東名高速とバイパスの高架が平行する区間である。上空には轟音をあげて厚木基地の戦闘機が飛ぶ。
そんな立地にありながら、水車がまわり、吊り橋がかかる湿地は別世界のようである。
これは引地川の水源池である大池と小池を囲む森を保全しつつ、なおかつ周辺の宅地を洪水から守る上草柳調整池を、自然に親しめるゾーンとして大胆に親水公園化したものであり、市民にたいへん親しまれている。キャンプ場も併設。

f:id:cippillo:20151016174014j:plain


 

じつは多目的調整池

急激に進む都市化による洪水対策として、昭和56年に造成された雨水調整池を昭和62年から平成にかけて多目的調整池に改造したもの。以下、大和市オフィシャルサイトより抜粋。

また、最上流部については、雨水幹線整備に伴い調節池を設置(昭和56年度)し、多目的利用のための整備を昭和62年度から平成2年度において整備を行いした。 現在は、しらかしの池として多くの人々に親しまれています。この多目的利用調整池は、平成5年度において建設省の「手づくり郷土賞」を受賞しました。他にも、下流山王橋から新道下大橋の間には、親水護岸も整備されており、河川と周辺の景色が生みだす魅力的な景観として、第5回大和市まちづくり賞(平成10年度)の「まちのグッドデザイン賞」を受賞しています。
(大和市オフィシャルサイト)

魚釣り、ザリガニ釣りもオーケー。さらに隣には管理釣り場も隣接。

泉の森の中には、水源池として完全にフェンスに囲まれた大池と小池と、調整池を湿性植物で彩り、この池の中心構成要素とした「しらかしの池」がある。池をつなぐ水路も人工渓流として整備され、水車がまわり、吊り橋がかかるせせらぎで水遊びもできる。
また、しらかしの池の南側にはザリガニ釣りゾーンと魚釣りゾーンが設定されており、まるで都市親水空間設計のお手本のようだ。ただしルアーやリール釣りは禁止。
森の南側にはマス、コイ、金魚の有料釣り場である草柳園フィッシングセンターが隣接しているのでハシゴして一日遊ぶこともできる。


bunbun.hatenablog.com
bunbun.hatenablog.com
bunbun.hatenablog.com


釣り・水遊びに関する案内

f:id:cippillo:20151016174008j:plain


駐車場
f:id:cippillo:20151016174011j:plain


トイレ・自販機
f:id:cippillo:20151016174010j:plain


園内ガイドマップ


周辺図


マークした場所は、泉の森の駐車場。


<その他の写真>
f:id:cippillo:20151016174016j:plainf:id:cippillo:20151016174017j:plainf:id:cippillo:20151016174006j:plainf:id:cippillo:20151016174007j:plain