水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

多摩湖(東京都東大和)

【たまこ / 村山貯水池 / 狭山公園、都立狭山自然公園】

武蔵野の丘陵に設けられた首都の水がめ

「ダム湖百選」に選定された多摩湖は村山上貯水池と村山下貯水池の二段の重ね池からなり、奥多摩湖など山奥をのぞけば東京の湖沼として最大規模。湖岸は武蔵野のありし日の姿が色濃く残されているが公園以外はほぼ立入禁止で、大きな湖のわりには湖面を見られる場所は多くはない。コンクリート製で緩やかな傾斜の堰体は、戦時中、爆撃対策として補強された歴史をもつ。
涵養林の外は明瞭に都市化されており、そのギャップが激しい。
堰体周囲に狭山公園が整備されており、多摩湖では最大のレイクビューポイント。園内にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラ等の桜が植えられ花見の名所でもある。なお、釣りは禁止。
貯水池の北には埼玉との県境をはさんで狭山湖、狭山公園敷地内に宅部池がある。

貯水池としての多摩湖

下貯水池

「日本一美しい取水塔」

右岸側に二つの取水塔がある。中でもドーム屋根と煉瓦造りの村山貯水池第一取水塔は「日本で一番美しい取水塔」とも。

アースダムの堰体

昭和初期に竣工。




堰体補強工事

多摩湖の名前で親しまれている村山貯水池は、11927(昭和2)年に竣工した水道用のダムで、土を積み、突き固めて造ったアースダムです。
首都直下地震を想定した耐震試験を2012(平成24)年に行なった結果、提体としての機能は損なわないものの、堤頂部が約2m沈下するおそれがあり、管理用通路(堤体の上を通る道路)への影響が懸念されるということで、堤体強化工事の完了している山口貯水池、村山下貯水池に続き、今回提体強化工事を行なうこととなりました。
現在、本体工事が終わり、周辺整備が進んでいます。歩行者・自転車専用の通路もできましたので、工事の経過を写真でご紹介します。


堰体築造時のタコとタコ突き

東大和市立郷土博物館所蔵。以下、解説より。
下のモノクロ写真では数十キロもあるタコ石が宙高く舞い上がっている。

村山貯水池工事の際、地固めに使った道具。
呼吸をあわせて引くと、重いコンクリートのかたまりが前に舞いあがり、その姿が動物の蛹に似ていることからこう呼ばれ、その作業を「タコ突き」と言いました。タコの大きさはまちまちですが、これは12人用で、重さは75kgあります。


貯水地


上貯水池

bunbun.hatenablog.com



 

多摩湖の見どころ

東大和市立郷土博物館

狭山湖の歴史についても資料展示がある。





堰体ごしにスカイツリー

春の多摩湖

ソメイヨシノの他にウワミズザクラ、イヌザクラ、ヤマザクラが時期を少しずつずらせながら開花してくれる。


 

多摩湖の施設・設備

湖周に大規模サイクリング道

貯水池のまわりには狭山湖と合わせて20kmにおよぶ大規模自転車道(多摩湖自転車道)が整備されており、サイクリングスポットとしても最適である。貯水池南側に無料駐車場があるので拠点になるが公園の規模に対して台数が少ないので早い目に。

堰体の上は遊歩道


 

狭山公園


www.sayamaparks.com

たっちゃん池・二ツ池

下貯水地の堰体下には、たっちゃん池。右岸側の住宅地には二ツ池がある。

bunbun.hatenablog.com
bunbun.hatenablog.com



 

駐車場と案内板




 

マップ

「ニッポン湖沼図鑑」用の下描き

Googleマップ

マークした場所が狭山公園駐車場(トイレあり)。