水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,000湖

国立自然教育園の池群(東京都港)

f:id:cippillo:20160625131435j:plain

都心に輝く天然記念物指定の自然庫。

国立科学博物館付属の施設である自然教育園は、都営三田線の目黒駅と白金台駅の中ほどに立地し、徒歩10分ほど。シロガネーゼの生息エリアはこのあたりでしょうか。
室町時代には「白金長者」と呼ばれる豪族の屋敷、江戸時代には讃岐藩主の屋敷、その後、軍の火薬庫、御用邸などを経て、国立科学博物館の付属施設として有料で一般公開されるようになりました。
園内の動植物はそのまますべてが国の天然記念物にも指定されているだけあって、都心とは思えぬ豊かな生物相をもつ森林を縫って小川が流れ、二筋の水脈に沿って四つの池と湿地がたたずんでいます。ひょうたん池、いもりの池、水鳥の沼と命名された沼沢群のほか、水生植物園の沼と湿地があり、遊歩道でぐるりと水辺めぐりをして歩くと一時間ほどの森林浴となります。
入場料必要。資料館、休憩所、ミュージアムショップあり。
東京都庭園美術館が隣接。そちらにも池あり。(入場料は別途必要)
アクセスは公共交通機関で。自転車置き場あり。駐車場なし。

bunbun.hatenablog.com
bunbun.hatenablog.com
bunbun.hatenablog.com
bunbun.hatenablog.com

f:id:cippillo:20140802082311j:plainf:id:cippillo:20160625131451j:plainf:id:cippillo:20160625131452j:plain


大蛇(おろち)の松。ふつうごつごつした感じの松の樹肌だが、蛇の鱗のようにぬらりとしている。
f:id:cippillo:20160625131450j:plain


案内板
f:id:cippillo:20160625131437j:plainf:id:cippillo:20160625131436j:plainf:id:cippillo:20160625131438j:plain


隣接する美術館。
f:id:cippillo:20140802082312j:plain


マークした場所が正門入口(駐輪場)