水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

みくるま池(兵庫県神戸)


乗り物の名が付いた池

六甲山中にある兵庫県立甲山森林公園(かぶとやましんりんこうえん)において構成要素となっている池。
池名は「御車(みくるま)」の意で、平安時代初期の淳和天皇が神呪寺参詣のため、ここで車(牛車であろうか)を下車したことにちなむというが、当時から池があったのだろうか。
現在の池は砂防ダムタイプのコンクリート堰体によって堰かれ、堰体下の流れには錦鯉の姿もあった。
池の周囲に遊歩道がめぐらされているが釣り禁止。
駐車場あり。

堰体下の錦鯉


駐車場




マークした場所は駐車場。