水辺遍路

実際に行った池やダム 9,600ヶ所を掲載

抱湖園(千葉県南房総)

f:id:cippillo:20210517115255j:plain

花と鯨の里を見おろす元日桜の池

早咲き桜のローカル名所としてNHKニュースに出ていて、この池の存在を知った。構造や立地から房総半島に多い堰(谷池タイプの溜め池)のひとつではないかと思ったが、取水設備などは見あたらず、和田の名士・間宮七郎平が開墾したと案内板には記されている。

f:id:cippillo:20210517121657j:plainf:id:cippillo:20210517121645j:plain
抱湖園の池がある丘。右は流れ出しの引田川


くじら料理と花卉生産で有名な和田。花木栽培の祖である間宮七郎平が花園の裏山の堰の周辺を開墾し、「抱湖園」と名付けたという。間宮七郎平が植え、正月に咲く「元朝桜」(元日の朝に咲くという意)が池畔に。
南房総市営の花園駐車場(無料)にクルマを停めて池まで徒歩で15分ほど。池の奥をさらに進むと抱湖園見晴台や黒滝もある。

f:id:cippillo:20210517122104j:plainf:id:cippillo:20210517122052j:plainf:id:cippillo:20210517122037j:plainf:id:cippillo:20210517122020j:plainf:id:cippillo:20210517122006j:plain
f:id:cippillo:20210517115018j:plain

f:id:cippillo:20210517115204j:plainf:id:cippillo:20210517115052j:plainf:id:cippillo:20210517121651j:plainf:id:cippillo:20210517121638j:plain
市営花園駐車場。池に行くならこの駐車場が分かりやすくて便利。トイレあり。


f:id:cippillo:20210517115044j:plain
駐車場から徒歩で黒滝花嫁街道ハイクコースを進む


f:id:cippillo:20210517115151j:plainf:id:cippillo:20210517115144j:plain
ここから階段に入る。小さいが足もとに「元日桜 抱湖園」の標識も見える


f:id:cippillo:20210517115011j:plain
池に到着。石碑、案内板など複数あり
f:id:cippillo:20210517114932j:plainf:id:cippillo:20210517115034j:plainf:id:cippillo:20210517115025j:plainf:id:cippillo:20210517115004j:plain


f:id:cippillo:20210517114958j:plain
さらに池の奥の道を進むと太平洋の眺望あり
f:id:cippillo:20210517114952j:plainf:id:cippillo:20210517114945j:plain


f:id:cippillo:20210517114939j:plain
遊歩道はさらに続き分岐へ。黒滝まで歩いて行ける
f:id:cippillo:20210517115132j:plainf:id:cippillo:20210517115117j:plainf:id:cippillo:20210517115103j:plain



f:id:cippillo:20210517115304j:plain

マークした場所は、南房総市花園駐車場。抱湖園は北西に450mの山腹にある。