水辺遍路

実踏・日本の湖沼 9,000湖

鏡沼(山形県川西)

f:id:cippillo:20210122102550j:plain
堰体側の釣り人。自由な感じの良い池だ

山形の米沢は江戸時代には旱魃や冷害による激甚な飢饉に見舞われた地域。一帯は、堤、池、ため池、沼の付く池名が混在する。実際、原田城趾をのせた丘の足もとに控えた鏡沼のすぐ上にあるのは、新八堤。これほどのシェイクぶりは全国屈指のいい混ざり具合である。
池は堤以外を一般道が取り巻き、ため池から釣り堀に改造された過去があるんじゃないかと思わせるほど全周にわたって足場がいい。
鏡沼と上流側にある新八堤との間に川西ダリヤ園が広がる。
岸に駐車スペースも複数。


f:id:cippillo:20210122102620j:plain
インレット側もこのとおり


f:id:cippillo:20210122101040j:plainf:id:cippillo:20210122101025j:plain
アプローチ路と池畔の駐車スペース


f:id:cippillo:20210122101032j:plain
奥側に見えるのが堤


f:id:cippillo:20210122102532j:plainf:id:cippillo:20210122101012j:plain
魚影の濃いワンド。むむむ、円筒形の構造物は何だろう?
f:id:cippillo:20210122100958j:plain


f:id:cippillo:20210122102632j:plain
鼻上げをしている大量の幼魚は、ヘラブナとマブナの混在か


f:id:cippillo:20210122102638j:plain
池の流れ込み


f:id:cippillo:20210122102626j:plain
草を刈ればお弁当でも広げたくなる岸辺


f:id:cippillo:20210122101101j:plainf:id:cippillo:20210122101046j:plainf:id:cippillo:20210122101053j:plain
川西ダリヤ園
f:id:cippillo:20210122102541j:plain


マークした場所は川西ダリヤ園駐車場。