水辺遍路

実際に行った池やダム 9,550ヶ所を掲載

芹ヶ谷公園の大池(東京都町田)

f:id:cippillo:20200522122101j:plain

浄水「所」が隣接

都市公園の芹沢公園は住宅に囲まれた谷地形と沢を利用した緑地公園。
公園マップには西側の緑地ゾーンに「大池」と「池」と記名された二つの池が確認できる。
公園横の台地上には住宅地に溶け込んだ小さな「原町田浄水所」があった。大災害時には給水拠点になるとのことである。公園横という立地だけに心強い。浄水「場」ではなく浄水「所」というところがシブい。

f:id:cippillo:20200522122117j:plainf:id:cippillo:20200522122039j:plain
公園横の小さな浄水所。ここから階段を下ると公園
f:id:cippillo:20200522122013j:plainf:id:cippillo:20200522122006j:plain


 

ひとつめの「池」

ここから階段を下っていく。異界に下っていくようなワクワクがある。
最初に迎えてくれたのは、公園案内マップで「池」と記されていた巨石を配した公園池。

f:id:cippillo:20200522121956j:plain

f:id:cippillo:20200522122047j:plainf:id:cippillo:20200522122030j:plainf:id:cippillo:20200522121949j:plainf:id:cippillo:20200522121933j:plain
公園内を貫流するせせらぎから水が分流されており、池の吐き出し側で再び本流に合流する


 

せせらぎ

せせらぎに沿って下っていく。
両側を高台の住宅地にはさまれた谷地だけに、園内を流れるせせらぎは昔の小川の風情の残香があり、しっとり苔むしてなかなかいい味を出している。
ところどころで曲がったり、淀みがあったりもいい。

f:id:cippillo:20200522122022j:plain

f:id:cippillo:20200522121941j:plainf:id:cippillo:20200522121926j:plain


 

大池

南北に長い公園のまんなかあたりに大池が待っていた。
大池といっても、最初の「池」と大きさはあまり変わりないように感じるが、この池は緩傾斜の敷石状の護岸が施されている。
一見、そんなふうには見えないが、水遊び可能な池として設計されたのだろうか。

f:id:cippillo:20200522121845j:plain
敷石タイプの遠浅護岸が仕込まれていて、さりげなく水遊び仕様?
f:id:cippillo:20200522121918j:plainf:id:cippillo:20200522121910j:plainf:id:cippillo:20200522121854j:plainf:id:cippillo:20200522121904j:plain


 

駐車場と案内板

駐車場は有料。

f:id:cippillo:20200522121830j:plainf:id:cippillo:20200522115223j:plainf:id:cippillo:20200522115246j:plain
案内板と駐車場(有料)


 

池ナビ

f:id:cippillo:20190225122951p:plain

高台の住宅地にはさまれた谷地に造られた公園だけに、壁わきから地下水となって滲み出した水が園内のせせらぎへと流れ込んでいました。
水を集めやすく枯れにくい地形のようです。

f:id:cippillo:20200522121838j:plain


 

Google マップ

マークした場所は駐車場。