読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,800湖

与茂九郎池(広島県三原)

f:id:cippillo:20170423123301j:plain

国道から分岐する急坂を上って行くと平坦な場所にログハウス村があり、その借景として与茂九郎池の名をもつ五つのため池がある。
地元では「ヨモクロ」と略して呼ばれるそうが、正式には与茂九郎池一号。他、同様に二号から五号まである。二号は「中堤」、三号は「大平(おおへい)」、四号は「杉野」、五号は「新規」という俗称もある。
かつて与茂九郎池の堤の上には、蛇が女神に巻き付く極彩色の弁天像が祀られていたというが、現在は池名が記された修築記念の石碑が立っているだけである。なんでもわざわざ信州まで赴き、戸隠山にある池の守り神を分祀してきたものであるという。
戸隠神社の近くの池といえば、みどりヶ池、小鳥ヶ池、鏡池の三つしか思い浮かばないが、この池のどれかであったろうか。それとも他に池があるのだろうか。
この弁天に由来し、池には竜(大蛇)が棲むという言い伝えも残っている。

f:id:cippillo:20170423123300j:plainf:id:cippillo:20170423123302j:plain

bunbun.hatenablog.com