水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,200湖

数河ノ池(山形県酒田)

すごうのいけ。数河の堰。
f:id:cippillo:20170607115851j:plain

鳥海山の南麓斜面に点在する湖沼のひとつ。大正時代に築造されたため池である。
ため池ではあるが、映画『もののけ姫』の「シシ神の森」の深奥にある神秘の池を彷彿させる。近隣の池はいずれも、多かれ少なかれ「シシ神」感があるが、「シシ神の森」のモデルとなったのは南九州の屋久島とのことで気候・植生はまったく異なる。

f:id:cippillo:20170608122524j:plain

ではどこがシシ神感を誘うのかというと、この池の景観上のワンポイントともいえる小島の存在と背後に直立する杉林のたたずまいだろう。ため池に浮き島のようなものができるのもおもしろいが、これは泥沢沼で見たような底質に由来するものかと思う。底に積もった葉が腐りにくい水質なのか。鳥海山の雪解け水は霊力も高そうだ。そんな神秘感も手伝ってのことかもしれない。
数河ノ池から鳥海山頂に向かってさらに標高を上げたところにある鶴間池は、さらにシシ神感がアップするようで、SNSなどでもちょっと話題にもなっている。
展望台、遊歩道、駐車場あり。

bunbun.hatenablog.com


f:id:cippillo:20170607115850j:plain


駐車場と案内板。
f:id:cippillo:20170607115848j:plainf:id:cippillo:20170607115849j:plain


マークした場所は堰体下駐車場。

bunbun.hatenablog.com

f:id:cippillo:20161006120311j:plain