水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,100湖

中山池(京都府亀岡)

f:id:cippillo:20170530110531j:plain

アユモドキを旗印に外来魚駆除を国家予算で。

立派な堰体をもつ農業用ため池であるが、池自体が平和台公園として遊歩道、展望台、駐車場、トイレなどが整備されている。堰体下に広がる駐車場は未舗装だがけっこう広く、水ぎわも歩けることから昔から、へらぶな、ブラックバス釣り場としてローカルメジャーといえる存在だった。
亀岡ではアユモドキというドジョウの仲間の在来魚復活を旗印に、市民の外来魚駆除熱が高く、継続的に駆除活動が進められているが、この中山池では規模があることに加え密放流もあるのか、一定数のブラックバスが生き残っていた。
訪れたときは数人の人たちが投げ網を打っていた。ため池で投げ網という光景はちょっとめずらしいと思い、あとで調べてみると、この中山池に関しては特別に「投網・刺網」による月2〜3回の駆除を国(環境省)が発注していることが分かった。地元の駆除熱が国をも動かしたということか。

f:id:cippillo:20170202204022j:plain
f:id:cippillo:20170530110532j:plain


遊歩道と水面とは高低差があるが、水ぎわには降りやすく歩きやすい。
f:id:cippillo:20170530110525j:plainf:id:cippillo:20170530110530j:plain
f:id:cippillo:20170530110522j:plain


堰体。
f:id:cippillo:20170530110526j:plainf:id:cippillo:20170530110523j:plain


展望台。
f:id:cippillo:20170530110524j:plain


釣り自体は公認のようである。
f:id:cippillo:20170530110529j:plain


堰体下のトイレと駐車場。
f:id:cippillo:20170530110527j:plain
f:id:cippillo:20170530110528j:plain


マークした場所は堰体下駐車場。