水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,100湖

西洞池(長野県上田)

f:id:cippillo:20170413140126j:plain

古い木製の「土井」が顔を出していた。

「〜洞池」という名前は岐阜県美濃加茂周辺に集中的に見られる池名である。美濃加茂の場合は、寒洞池(かんぼらいけ)、太郎洞池(たろうほらいけ)のように「ほら」と読むが、上田でも同じだろうか。
池に行くためには、山の未舗装路を少し進む必要がある。
大きく減水していたが、おかげで古い木製の「土井」が水面に顔を出していた。(上の写真の右手あたり)
土井は池の水を抜くための栓を操作するためのものなので、本来は堤の基部にあるはずで、池の真ん中にぽつんとあるのは少々おかしい。満水時には水没する位置であり、すでに機能していなさそうにも見えるし、嵩上げ工事を行なった際に新しい樋を設けたのであろうか。
上田のため池には、このようにときどき土井が残っている池もあり、この地域独特の味がある。

f:id:cippillo:20170413172142j:plainf:id:cippillo:20170413140124j:plain


釣りは禁止。
f:id:cippillo:20170413140125j:plainf:id:cippillo:20170413140123j:plain


大正時代のことが記された殉難碑が立っており、よもや近代に入っても人柱かとドキっとしたが、そうではなく、「樋抜き作業」に急病で倒れた人がいたとのことである。
f:id:cippillo:20170413140121j:plainf:id:cippillo:20170413140122j:plain


上田の野池マップ。
f:id:cippillo:20170413140120p:plain