水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

大町公園の池(千葉県市川)


都市圏にあって往年の谷戸の姿が色濃く。

都市圏に取り込まれた市川市の住宅地にあって、昔ながらの谷津の姿をタイムカプセルのように保存したのが大町公園。
園内にある細長い池は両側を雑木林にはさまれ、流れ込みのところは湿地状になっており、谷津(谷戸)奥の池の姿を今に伝えている。ため池の機能がなくなった今は全体的に水深が浅くなり、錦鯉が泳ぐ。広々とした開放感は得られないが、奥まった閉塞感がかえって本来の谷戸奥の雰囲気を残している。
岸沿いの遊歩道には、カワセミが枝にとまるのを待って、巨砲のようなレンズを構えたカメラマンが数人いた。
園内には動植物園やアスレチック、バラ園などがある。
動物園、アスレチックおよび駐車場は有料。


歩行者用の橋下にエサを待っているのか錦鯉が並んでいた。しかしエサやりは禁じられている。


流れ込み側。


バラ園。


駐車場と案内板。


マークした場所は駐車場入口。