水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,950湖

竹之内下池(大阪府太子)

f:id:cippillo:20170603161209j:plain

竹内峠に向かう街道沿いにある有料釣り場。歴史散歩の拠点にも。

大阪側の太子の道の駅から竹ノ内街道を竹内峠に向かって上っていくと、左側に現れるのが竹之内下池である。

f:id:cippillo:20170603161213j:plain

コイの管理釣り場として利用されているのかと思っていたが、現地の看板を見ると「ウドン専用・ダンゴはこちら」というような桟橋案内もあるから、へらぶな釣り場のようである。
池の上段にはレストランのほか、竹内峠旧道ハイキング者用の駐車場、トイレ、案内板もある。

f:id:cippillo:20170603161211j:plainf:id:cippillo:20170603161214j:plainf:id:cippillo:20170603161219j:plain

さて、竹之内下池という名前から、察しのいい方はこの先、峠に向かって上池があるはずだと思うだろう。
この場所からは国道と分岐して細い私道がある。この枝道に沿って四段の池があり、最上段の池は「FC竹之内」として釣り桟橋も備えていた。しかし航空写真では釣り桟橋が撤去されている。実態を確認すべく枝道に向かった。

f:id:cippillo:20170603161218j:plain

しかし道の入口には立入禁止看板とゲートがあり、私道ということで徒歩で入ることも許されない雰囲気なので、ここはあきらめた。
地図を開くと、これとは別に峠の頂上側からハイキング路があり、四段の池にもつながっているようなので、いつかまた挑戦してみたい。

f:id:cippillo:20170603161215j:plainf:id:cippillo:20170603161216j:plainf:id:cippillo:20170603161220j:plain


この先、街道は竹内峠に向かって上り坂がつづく。峠を越えて奈良側に入り下っていくと、なんと「竹内下池」が出てくるのだ。県も違うし、水系も異なるのに、上池と下池という名前がついているのは、日本全国に類例を見たことがない。
f:id:cippillo:20170603161217j:plain
f:id:cippillo:20170606183028j:plain


マークした場所は駐車場。


<写真アーカイブ>
f:id:cippillo:20170603161221j:plain
f:id:cippillo:20170603161210j:plain
f:id:cippillo:20170603161212j:plain