水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,600湖

本栖湖(山梨県身延)

富士五湖。
f:id:cippillo:20180719204738j:plain

お札に刷られた絵のモデルになった富士山ビュー。

昔の千円札や五千円札の裏には逆さ富士のデザインが施されていた。逆さ富士といえば西湖の方が有名だが、お札に描かれた逆立ち富士は、本栖湖を見おろす中ノ倉峠からのもの。
中ノ倉峠に行くには、国道300号と湖周路の分岐近くに無料駐車場と茶屋がある。公衆トイレのある小さな駐車場のわきに、登山口があるが、注意して見ないと分からない。ここから急な登山道で峠まで30分。
2016年に訪れた際は新しい展望デッキの工事中で入れなかったが、2018年夏はじっくり本栖湖の周囲を見てまわった。ただ天候がかなり不安定で富士山はまったく顔をだしてくれない。夜明け前から二時間も粘って登坂チャンスをうかがったが、またもお札の富士山ビューはお預けとなった。

f:id:cippillo:20180719204743j:plain
人気の浩庵キャンプ場。

富士五湖でいちばん深いレジャーレイクは、大噴火からの復興抜きには語れない。

標高902mにある本栖湖は富士五湖でいちばん深い天然湖沼で、120mとも130mともいわれる最深部には未知の古代生物がいてもおかしくなさそうな独特の雰囲気をたたえている。
もとは西湖、精進湖との三湖を合わせた「剗の海」(せのうみ)という巨大湖だったが、864年に起こった富士山の貞観大噴火で三つに分かれたといわれている。貞観という時代はたいへんな天然災害の年で、1000年に一度クラスの大津波が東北を襲っている。(貞観地震)
東日本大震災と同規模とされ、富士山噴火との関連性が心配されている。
ともかく諏訪湖以上の湖周20〜30kmクラスと思われる巨大湖を埋めてしまうほどの溶岩流の破壊力はいかほどだったのか、本栖湖を見ていても想像は及ばない。かつて巨大湖の恵みのもとで生活していた住民の生き残りは、変わり果てた元の古巣へと戻って生活再建をしていったというのが、「本栖湖」の湖名の由来であると現地の案内板で知った。
湖岸のところどころに見られるビーチには、キャンプ場があり、カヤック、釣りなどが楽しめる。
対象魚は、ブラウントラウト、ヒメマス、ニジマス、ワカサギ、鯉、ふな、オイカワ
ヒメマスのみ遊漁期の設定あり。入漁料は日券800円(現場売り1000円)だが、ヒメマスのみ3,150円。


f:id:cippillo:20180719121138j:plain
湖東側から見た本栖湖。


f:id:cippillo:20180719121136j:plainf:id:cippillo:20180719121137j:plain
湖東側の駐車場。ほかに水辺へのアクセスがしやすい公設駐車場もある。


f:id:cippillo:20180719204735j:plain
こじんまりとしたレークサイドキャンプ場。
f:id:cippillo:20180719204742j:plainf:id:cippillo:20180719204741j:plainf:id:cippillo:20180719204740j:plain



f:id:cippillo:20160915233013j:plainf:id:cippillo:20160915233015j:plain
中之倉峠の登山口。



f:id:cippillo:20160915233009j:plainf:id:cippillo:20160915233010j:plain
f:id:cippillo:20160915233018j:plain
湖西側の駐車場と案内板。


マークした場所は公衆トイレ駐車場。


f:id:cippillo:20180719121135j:plainf:id:cippillo:20180719121134j:plainf:id:cippillo:20180719204744j:plainf:id:cippillo:20160915233016j:plainf:id:cippillo:20160915233017j:plain
その他の写真、資料