水辺遍路

実際に行った池やダム 9,800ヶ所を掲載

ポンホロ沼(北海道斜里)

f:id:cippillo:20210825105431j:plain
右下のリム下部にポンホロ沼の痕跡が見える。左に向かって奥は知床峠と羅臼岳

世界遺産の森に二ヶ月だけ現れる幻の沼

道標や案内板、明瞭なアプローチ路もない点や、北海道知床という立地性から、なかなかの秘湖感。しかも5〜7月の期間限定の「幻の沼」としてSNSなどですっかり有名になったポンホロ沼。
水源は雪解け水で雨後出現湖ではないため、例年、雪が融けてから池の形態になり、時間とともに水位が下がって夏には完全に草原になってしまう。
今やGoogleマップでも池として「ポンホロ沼」という名とともに記載されており、徒歩行程も30分程度と意外に楽であるが、知床世界自然遺産区域内にあるため沼に会うためにはネイチャーガイドを付ける必要がある。
ガイドは要予約。

f:id:cippillo:20210825105415j:plain
水はなく草原状態。気になったのは円形住居跡跡のようなサークルと、水の湧き出し口のようなサークルが見える。
f:id:cippillo:20210825111817j:plain


f:id:cippillo:20210825111823j:plain
リム内側に寄り添うような立地は、利尻島のオタトマリ沼のミニチュア版のよう。火口湖のなごりだろうか。
f:id:cippillo:20210825105436j:plain


f:id:cippillo:20210825105410j:plain
リムを内側から。この角度からだと流出河川らしきものは見あたらない。


f:id:cippillo:20210825105425j:plain
豪快な知床峠の地形

f:id:cippillo:20210825105451j:plainf:id:cippillo:20210825105445j:plainf:id:cippillo:20210825105441j:plain
f:id:cippillo:20210825105420j:plain


秘湖


f:id:cippillo:20210826180608j:plain