水辺遍路

実際に行った池やダム 9,400ヶ所を掲載

野毛山配水池(神奈川県横浜)

f:id:cippillo:20200213134518j:plain

日本の配水池の元祖?

野毛山の上から百年近くにわたって横浜の街を見下ろしてきた歴史ある配水池の遺構。案内板には「旧野毛山配水池」と記されている。
配水池とは、浄水設備で処理された水道水を家庭などに分配する前に貯留する池。水圧をかけるために高所に設けられることが多い。
全国にいったいいくつの配水池があるのか。数百ということはないだろう。数千単位だと思う。
そんな配水池の元祖とでもいうべきが、ここ野毛山配水池。水道設備自体は百年以上前に造られた。もともとは浄水場と野毛山貯水池で構成されていたが、関東大震災で破損。配水池として造り直され1930年から運用開始。なんと平成に入るまで現役だった。
現在は隣の芝生広場の地下にある「新野毛山配水池」(1967年〜)がその責を担っている。
配水池のまわりには動物園、広場、展望台もある公園。利用は無料だが配水池跡は立入禁止。
近代水道発祥の地を検証する銅像や、東京オリンピックの碑もある。

f:id:cippillo:20200213134705j:plain
野毛山配水池のシンボル。弁室だろうか、円筒形の建物が二つ。地下神殿に通じている。


f:id:cippillo:20200213134734j:plain
いかめしい門
f:id:cippillo:20200213134612j:plainf:id:cippillo:20200213134724j:plain
f:id:cippillo:20200213134602j:plain


f:id:cippillo:20200213134622j:plain
案内板など
f:id:cippillo:20200213134644j:plainf:id:cippillo:20200213134654j:plainf:id:cippillo:20200213134715j:plainf:id:cippillo:20200213134543j:plain


f:id:cippillo:20200210175040j:plain
野毛山配水池の文字が。円形の部分が配水池。二つある。


f:id:cippillo:20200213134633j:plain
展望台からの眺望


f:id:cippillo:20200213134534j:plainf:id:cippillo:20200213134552j:plain
野毛のつり橋。なんとデザインしたのは、「用の美」を提唱した民芸、今風に言えばプロダクトデザインの大御所、柳宗理だとか。スプーンや鍋ぐらいしか知らなかったが、橋もデザインしていたとは