水辺遍路

実際に行った池やダム 9,400ヶ所を掲載

五色沼(群馬県片品)

ごしきぬま。
f:id:cippillo:20181023170546j:plain

『百名山』のなかで「悽愴な趣き」と評されている沼。

湯ノ湖側から前白根山を経て奥白根山を登頂するルートをとった深田久弥は、著書『日本百名山』のなかで次のようにこの沼について触れている。

前白根山から一たん下って火口原らしい平らな草地へ達するが、その途中眼下に五色沼が見おろされる。『日光山志』に魔ノ海と名づけられている火口湖で、四周山に囲まれた深い湖だけに、何か悽愴なおもむきがあって、それが魔を感じさせたのであろう。
(深田久弥『日本百名山』37<奥白根山>)

深田が見た時代から半世紀、今ではすっかり浅くなって魔ノ海と呼ぶには明るすぎる気がした。一日に五回、水の色が変わるともいう。「火口湖」と記されているが、正確には火山活動由来の堰き止め湖のようである。
アプローチは登山しかなく、湯ノ湖側から登るルートと、菅沼から登るルート、丸沼からロープウェーを経由するルートの三つがあり、スタートもゴールも水辺の名づくしであるのは心躍るものがあるが、いずれも往路は2時間は歩かねばならない。
五色沼は水ぎわに降り立つこともできるが、すり鉢の底にあるので下りていくだけで30分。帰りは登り坂で50分。
菅沼口登山路ルートについては弥陀ヶ池の項に記載。

f:id:cippillo:20181023170537j:plain
左から五色沼、奥白根山、弥陀ヶ池

f:id:cippillo:20181030014008j:plain

f:id:cippillo:20181023170545j:plainf:id:cippillo:20181030014009j:plainf:id:cippillo:20181023170543j:plainf:id:cippillo:20181030014010j:plainf:id:cippillo:20181023170544j:plain
f:id:cippillo:20181023130139j:plainf:id:cippillo:20181023130131j:plain
弥陀ヶ池畔の分岐と案内版。五色沼へのルートも記されている。


f:id:cippillo:20181023130129j:plainf:id:cippillo:20181023130128j:plain
菅沼登山口の案内版。


f:id:cippillo:20181023220717j:plain
奥日光の水辺めぐりマップ ver3.02。水辺遍路謹製。

bunbun.hatenablog.com