水辺遍路

訪れた全国1万1,100の池やダムを独自の視点で紹介

熊本城 備前堀(熊本県熊本)


水の都の城池

熊本市は都市としては国内唯一、湧水を100パーセント上水道水源にしている水の町。その中心にあり広大な城郭を構える熊本城では意外なことに水をみなぎらせた堀は備前堀と薬研堀だけ。
この備前堀が2016年の熊本地震で櫓の崩落など被災し、2021年11月に復旧工事のため市職員を動員して水抜きした。この際、400尾を越す魚を捕獲した。以下、朝日新聞より引用。

捕獲された生き物は計416匹。熊本博物館の学芸員によって種類ごとに仕分けられた。最も多かったのは特定外来生物のオオクチバスで168匹だった。在来種ではギンブナやトウヨシノボリが見つかった。生き物は、外来生物法に基づき処分したり、坪井川へ放流したりするという。

www.asahi.com