水辺遍路

実際に行った池やダム 9,600ヶ所を掲載

あそうベイパーク 自然観察の池(長崎県対馬)

f:id:cippillo:20210912103942j:plain
離島・対馬でほっこりする里池を見つけた

狂おしいばかりに複雑に入り組んだリアス式海岸が広がる浅茅湾(あそうわん)。その入り江のひとつの谷戸地形に深く貫入した人工池らしき池を見つけ行ってみた。
入口はあそうベイパークというオートキャンプ場のアクセス路で、道沿いに池がある。現地の案内場には「溜池」と記されており、重連のかさね池状で底は浅くヨシ群落が岸に。
石積み護岸の形態など、対馬における海岸近くの溜め池に共通して見られる特徴を有しているものの、一部の護岸は崩れていた。
対馬の淡水沼沢の自然環境が保全および観察用の池になっていて、絶滅危惧種のヒヌマイトトンボ、シオアメンボをはじめ43種のトンボ類も生息。
海とは通水部に水門が設置されており、海水の逆流を防いでいる。
入り組んだ地形が生み出した浅茅湾は年間を通じて波や風もなく、離島ではありえないようなカヤック天国。レンタルカヌー30分300円。
池の目の前の海岸はサザエ、アサリなどの禁漁区。水ぎわをのぞきこむと、確かにサザエの貝殻がたくさん転がっていた。

f:id:cippillo:20210912103934j:plain
海に通じる水路と石積み護岸部
f:id:cippillo:20210912103927j:plainf:id:cippillo:20210912103850j:plain


f:id:cippillo:20210912103905j:plain
水門

f:id:cippillo:20210912103826j:plain
自然環境保全の研究用の設備?


f:id:cippillo:20210912103919j:plainf:id:cippillo:20210912103912j:plain
禁漁区の看板。右はサザエの貝殻


f:id:cippillo:20210912103857j:plainf:id:cippillo:20210912103956j:plain
案内板


f:id:cippillo:20210912104009j:plainf:id:cippillo:20210912104003j:plainf:id:cippillo:20210912103949j:plain
アクセス路


f:id:cippillo:20210912103818j:plain
あそう湾をはさんで対岸側から見る


マークした場所に池がある