水辺遍路

実際に行った池やダム 9,550ヶ所を掲載

長寿の湖(沖縄県石垣島)

f:id:cippillo:20210202202510j:plain
池周辺は立体迷路ちっくで楽しい

これぞ地底の神秘! どう見ても人工的な天然池。

石垣島鍾乳洞の中にある地底湖で、コンクリート製のような明瞭な堤構造を持った池。棚池状に多段構造をしているが、よく見ると手洗い場のようなごく小さな棚池も含まれていて、その造形はアートのよう。
遊歩道が立体的に縦横無尽、ライトアップも変幻に色を変え、池を引き立てている。あまりによくできているものだから、妻と「これはどう見ても人工だろうね」と話しながら、いくら地底湖のためとはいえ、鍾乳洞にここまで手を入れるのもどうかなあなんて思っていた。そのぐらい、みごとなコンクリート護岸に見えた。
しかし人工ではなかった。


f:id:cippillo:20210202202457j:plain
まるで漆喰を職人の手で塗りこんだかのような池の堤。これがまさか自然の造形とは・・
f:id:cippillo:20210202202525j:plainf:id:cippillo:20210202202517j:plainf:id:cippillo:20210202202449j:plain


 

その名も「リムストーンダム」!

コンクリートも鍾乳石も材質はいずれも石灰岩だけに誤解してしまったが、この人工的な感じの地底湖は「リムストーンプール」とか「リムストーンダム」と呼ばれる天然池だった。
堤のような部分も鍾乳石。田の畦(あぜ)を連想させる形状から「畦石」と呼ばれる。
水がたまっていない場合は単にリムストーンと呼ばれ、洞内に限らず屋外に露出していることもあるそうだが、大規模なものは海外に行かなければ会えない。
国内におけるリムストーンダムは私見ながら、沖永良部島の銀水洞、沖縄本島の玉船洞、そしてここ石垣島鍾乳洞内、長寿の湖が御三家となろうか。
入場料1,200円。駐車場無料。
(取材日:2020年3月。2021年2月現在、臨時休業中)

f:id:cippillo:20210202202534j:plain

f:id:cippillo:20210202202623j:plainf:id:cippillo:20210202202615j:plainf:id:cippillo:20210202202608j:plainf:id:cippillo:20210202202600j:plain
ライトアップで池の色が変化


f:id:cippillo:20210202202552j:plain
石筍が突き出た池も


f:id:cippillo:20210202202543j:plain
この池はちょっと涸れかけている。しかし堤の部分は、さすがに人の手で石を積んでいる?


f:id:cippillo:20210202202633j:plain

f:id:cippillo:20210202202714j:plainf:id:cippillo:20210202202706j:plainf:id:cippillo:20210202202657j:plainf:id:cippillo:20210202202649j:plain
f:id:cippillo:20210202202642j:plain


f:id:cippillo:20210202202732j:plainf:id:cippillo:20210202202723j:plainf:id:cippillo:20210202202441j:plain
駐車場と入口


マークした場所は駐車場。