水辺遍路

実踏・日本の湖沼 9,000湖

谷河内堤(山口県長門)

f:id:cippillo:20201112123405j:plain

日本海に突き出した向津具半島(むかつくはんとう)は、漁港と棚田が共存する半農半漁の里。
海に面したこじんまりとした棚田が広がる里山。派手さはないが、昭和の里がここにある。
堤全体がシートで覆われ、貯水池の堤側はホテアオイ群落がびっしり。
興味深いのは、長門では溜め池のことを「堤」と呼ぶ池文化があるらしいこと。東日本では秋田、山形をはじめ「堤」文化圏が広がるが、西日本では熊本県宇城など希少。

f:id:cippillo:20201112123355j:plain
堤全体がシートで覆われていた


f:id:cippillo:20201112123333j:plain
堤ではなく左岸道路側に設置された斜樋は新しい
f:id:cippillo:20201112123343j:plainf:id:cippillo:20201112123321j:plain