水辺遍路

訪れた1万以上の池やダムを掲載

赤城山の大沼(群馬県前橋)

【おの / 赤城湖、石垣沼、葛葉湖】

百名山・赤城山の頂を湖水に染める盟主的な山池

赤城は、登山というより逍遥という言葉のあたる、大きなプレイ・グラウンドであって、その中心は、山上の火口湖の大沼である。それをめぐって、黒桧山(くろびやま)、地蔵岳、鈴ヶ岳の三つが、鼎(かなえ)の形に立っている。(深田久弥「日本百名山」)

赤城山頂の天然湖沼。大沼と書いて正式には「おの」と読む。岩澤正作「赤城山案内略図」には「赤城湖」の名も見られる。古くから登山、観光、レジャーで親しまれた赤城山は三つの鼎状の峰によってかたちづくられ、大沼はその三峰に囲まれるように水を湛え、導水トンネルを経て貯水池としての役割も。
上に引用した「百名山」では火口湖と記されているが誤りで、現在はカルデラ湖あるいは火口原湖とされている。


大沼の地形・形態

成因と形態

湖面標高1354mの火口原湖(カルデラの外縁部と中央火口丘にはさまれた弓状の天然湖でカルデラ湖の一種)。
周囲長4km、最大水深16.5m。

周辺地形

赤城山頂には、大沼のほかに、小沼、覚満淵、血の沼といった火口湖群があり、整備されたハイキング路を通じて水辺めぐりができる。

吐き出し(沼尾川)

大沼の北西に吐き出しにあたる沼尾川があり、小さなビーチも。このあたりの湖岸は比較的なだらか。



 

大沼の景物・レジャー

赤城神社

東岸側には天狗の鼻のように湾曲した半島がひとつのびており、赤い橋が架けられ、まさに聖地という趣き。赤城神社が鎮座する。



キャンプ、ボート

ワカサギ釣りの名所でもあり、9月から11月までの舟釣りでシーズンインし厳寒期の氷上釣りでピークを迎える。
湖畔には駐車場、ボート乗り場、売店、キャンプ場、テニスコートなど施設が充実している。



釣りは入漁料が必要



赤城山総合観光案内所

駐車場、トイレ、資料展示あり。




 

赤城大沼用水

大沼をダムに。70年たって実現したアイデア

この天然湖をそのまま貯水池として利用しようというアイデアが江戸時代末期に発案され、その思いを受け継いだ人々によって明治、大正時代を経て70年後の昭和時代に起工。
大沼頭首工から2.2kmのトンネルを経て白川取水口、そして二つの円筒分水へ。

大沼頭首工

大沼の流出河川である沼尾川への吐き出しに小さなコンクリート堰が設けられている。かたわらには電動水門付きの取水口。取り込まれた水はこのままトンネル水路へ。



トンネル出口

トンネル出口周辺の地形。

白川取水口

標高930mほどの山腹に立地。
駐車場、トイレ、吊り橋あり。


二つの円筒分水

取水口から取水された水は下流側の二つの円筒分水によって四つの水路に分配される。


bunbun.hatenablog.com




 

マップ

赤城山の池さんぽマップ

水辺遍路謹製。

現地案内板のマップ


Googleマップ

マークした場所は大沼用水頭首工。