水辺遍路

実踏・日本の湖沼 9,200湖

船越堤・婦池(静岡県清水)

めいけ。雌池。船越堤公園。清水船越堤公園。
f:id:cippillo:20131128082229j:plain

「ロープは持ってんの?」
東岸側で釣り台を出そうと苦心していると、おじさんにそう言われた。
婦池は、清水船越堤公園の中にある2つの池のうちのひとつである。もうひとつの夫池と合わせて夫婦池。
へらぶなの数釣りができる池として長く人気を保っており、平日でも釣り人の姿がたえない。南岸側が小高い雑木林の丘になっており、比較的風にも強く、温暖な気候から冬でも浮子が動く。

清水船越堤公園の駐車場は開門時間が遅いのと、歩いて5分ほどかかるため、地元常連は池の東岸側の空きスペースに駐車している。婦池の北側の細い車路を奥の方に進んでいくと10台ほどの駐車場があるので、ビジターはそちらを利用するといいだろう。(地図内のマークした場所)

数釣り場と聞いていたので小べらのイメージがあったが、実際に釣ってみるとカタはよかった。冬にもかかわらず浮子も数投で動き始めたものの、なかなかアタリにつながらない。小場所でありながら連日、釣り人が竿を出すので、ふなの方もそうとうな熟練になっているようだ。

車路と歩道が別れており、釣り台の出しやすい護岸形状。ただ、柵があるのでやや工夫が必要である。小さい池のわりには水深がある。
冒頭のロープの話。東岸側に入釣する常連は、ロープを使って釣り台を固定する。体重がかかるとロープが釣り台を手前側に引き寄せる。長年の工夫から生まれた手法のようである。
「ロープがないなら、向こう側に入るしかないなあ」とおじさんの示した北岸側に移動した。

f:id:cippillo:20130211172847j:plainf:id:cippillo:20130211172846j:plain


<写真>
東岸側のロープを使った固定
f:id:cippillo:20131201064835j:plain


カタと引きはなかなかのもの
f:id:cippillo:20131128082230j:plain


<施設・設備>
遊歩道、駐車場
f:id:cippillo:20131128082231j:plain


<周辺観光>
日本平、清水動物園、三保の松原
f:id:cippillo:20131127153946j:plain


※マークした場所が駐車場

より大きな地図で 水辺遍路(東海) を表示