水辺遍路

実踏・日本の湖沼 8,850湖

房総の「池」群

●日本池
千葉市の中央区、しかも市街地のどまんなかにありながら、へらぶなが釣れる池として地域の釣り師たちの憩いの場となっている。高速のインターから近いが、池へのアクセス路は狭く、駐車スペースがないので部外者が釣りをするのはなかなか難しそうだ。


●カッパ池
日本池からもほど近い。日本池もいい名前だが、この池の名前もいい。やはり市街地のただなかにありながら、池は深い窪地にあり、細い道をぐっと下った底に池があり、地元のヘラ師が深くにごった水に糸をたれていた。景観に変化があり、いくつか釣り桟橋も設置されており魅力がある。駐車スペースがないので、釣りをするならオートバイがよさそう。自転車では坂が少しきついか。



●生実池
へらぶながいるそうだが、梅雨どきの探訪時には池の面を水草が覆っていた。探せば駐車スペースはありそうだが、特に釣りをしている人はいなかった。


●天神池
房総の池は魅力的な名前をもつものが多い。ここは田んぼの中の池。片側に林を控える。岸は芦が覆うが、釣り台を置くスペースがいくつかあったので、釣り人がときどき立ち入っているのであろう。水質はきわめてマッディー。駐車スペース1~2台。


●柏谷池
へらぶながいるらしい。水面の多くは蓮で覆われているが、岸辺近くは竿を出せる程度のスペースがあった。片側に森をたくわえ、雰囲気がいい。バサーがいた。駐車スペースは1~2台。


●岩川池
県道をはさんで隣接する3つの池で構成される。西側の二つは池をへだてる堰堤以外は竿を出すのは難しい。公園化されているので立派な駐車場と遊歩道がある。へらぶなの釣り桟橋があるのは東側の池だが、残念ながら2011年に探訪時は駐車スペースが閉鎖され、池の桟橋も取り外されていて立ち入り禁止となっていた。


下が、かつてはへら釣り場だった池。


雄蛇ヶ池
魅力的な名前の池で、湖といっていいほど規模は大きい。バス釣りと巨鯉釣りの名所でもあり、堰堤からの釣りの他、ボート釣りの店もある。駐車場、トイレ完備。景観はとてもよいが、釣り人が多いのでゴミも多いのが残念。バサーたちの意識向上を期待したい。


●四反目池
雄蛇ヶ池の近くにある。へら師あり。いちばん奥が日陰になり、そこに釣り台を設置していた。クルマはバックで入れるのがいいようだ。しかしアクセス路も狭く、スペースもあまりないので、雄蛇ヶ池の駐車場にクルマを停めて、自転車でアクセスするのがよさそうである。




より大きな地図で 実踏! 野釣りスポット(東日本) を表示