水辺遍路

訪れた1万以上の池やダムを掲載

愛知県

中山池(愛知県美浜)

美浜エリアの中でも、地図で眺めると巨艦が集積したように見える一帯にあり、中でも旗艦の風格があるのが中山池。 2013年の初訪では、10月だというのに一面グリーンのアオコなのか浮き草だかに覆われていた。 2021年の再訪では、やはり抹茶グリーンの水では…

知多半島の野池(愛知県)

総数3千をも越えるため池を有する愛知県。 その半数近くにあたる1300もの池を抱えているのが知多半島。しかしハイダムスペックはたった二基。そんな知多半島の野池を概観する。

隠廻間池(愛知県常滑)

知多半島中部、常滑野池群のひとつ。 池に残された釣り糸やルアーによって取水設備(ポンプ)が止まって困っている事情が看板によって説明されている。 関係者以外立入禁止および釣りはご遠慮くださいとのこと。同様の看板は南にある白萱池でも見られた。 bu…

葭池(愛知県常滑)

池名が刻まれた小さな碑も知多半島中部、常滑野池群のひとつ。 難しい字だが、先日、山梨県に同じ字を使った池があったので読めた。「よし」の池。bunbun.hatenablog.com bunbun.hatenablog.com

白萱池(愛知県常滑)

知多半島中部、常滑野池群のひとつ。 管理橋付き竪樋にブルーのスピンドルは、改修済の知多野池に共通してよく見られる外観的特徴。ポンプ設備も付随し、なかなか立派な池だ。 一方、池に残された釣り糸やルアーによって取水設備(ポンプ)が止まって困って…

八反田池(愛知県美浜)

はったんだいけ。2021年撮影。美浜の野池群もついに・・。この池は地元バサーのフローターフィールドとしての歴史が長い池で、ボートやフローターでエントリーすればサイズはともかく手がたく成果を得られたものだが、当ページの読者コメント欄に釣り禁止に…

河和配水池(愛知県美浜)

知多半島の美浜エリアで見つけた配水池。 美浜市民の森が隣接し駐車場あり。その南にはローカルメジャーなバスポンドの棒山池。北200mに河和配水池。

笠取池(愛知県常滑)

知多半島中部、常滑野池群のひとつ。 開放感のある池だが堰体まわりはフェンスで囲まれている。堰体前法面のコンクリート補強された護岸は角度がきつい。

大坂池(愛知県田原)

おおざかいけ。 これがダム? と物議を醸した池。 大坂池は知多半島先端近くに位置し、ダムファンのバイブルである「ダム便覧」にも堤高18mのアースダムとして掲載(2021年現在)されている。 しかしダムを期待して現地に立つと、あれ? と首を傾げることだ…

禅僧池(愛知県田原)

変わった名の溜め池。 二車線県道から見える。南側には常夜灯跡も。 釣り禁止。

柳沢池(愛知県田原)

網場が設けられた溜め池。同じ愛知県に同名のハイダムスペックの溜め池もある。 釣り禁止。

祭山池(愛知県美浜)

知多半島中部の美浜野池群のひとつ。 過去にはバスポンドとして雑誌に掲載されていたが、深い雑木林と藪に阻まれ、マウンテンバイクでもアクセスできなかったのが2016年。 のちにGoogleマップで農道が掲載されたことでアプローチ路が明確になった。2021年に…

小呂池(愛知県岡崎)

岡崎の北側に広がる山間にある野池。 立ち枯れの木が林立しフォトジェニックな池であるが、2016年に釣り禁止を含む立入禁止措置がとられ、2018年には外来魚駆除も。 警察の協力のもと、いかなる理由があろうと池への立ち入りは検挙の対象になるという厳しさ。…

岡崎の野池群(愛知県)

岡崎という地方都市の市街地まっただ中に、今なお住宅に囲まれながらも野池が数多く残っている。 これらの市街地の池は、南湖公園などの無料駐車場にクルマを停めて攻略することができる。 一方で町の中心部から離れた自然豊かな往年のバスポンドの方は、た…

新池(愛知県岡崎)

岡崎の北側に広がる丘陵の山裾にある上下二段の重ね池の上段の池。 堤高15.2mで「ダム便覧」掲載の池となっている。 地図の中央にある小さな池が新池。北東のピンの位置は小呂池。

にごり池(愛知県半田)

住宅地の中にあり、「にごり池公園」という池名を冠した公園として整備されている。 もとは溜め池だったと思われるが、現在は竪樋型洪水吐を持ち調整池の役割を担っているようだ。トイレあり。 この池で、おっ、と目を引いたのは「球技禁止」の看板。看板設…

中ノ池(愛知県東海)

中ノ池公園。池の周囲に遊歩道あり。堰体天端は公道。 2021年冬に耐震工事で完全水抜き。洪水吐部の新造の他、南東岸側の護岸もすべて張り替える大規模な工事だった。 堰体法面の写真を拡大してみると、取水設備である斜樋がはずされたように見える。溜め池…

弥富中の池(仮称)(愛知県弥富)

水田を改造して「金魚田」に。 愛知県の弥富は金魚の日本三大産地のひとつ。産する魚は「弥富金魚」と呼ばれるが、特定の種を指すわけではなく実際には日本産キンギョの全種が含まれ、「金魚田」と呼ばれる養殖池の総面積は日本一。 金魚田はもとは水田だっ…

煮え渕ポットホール(愛知県東栄)

愛知県の天然記念物に指定された甌穴(おうけつ・ポットホール)。 大小20のポットホールが岩盤に刻まれているという。 滝壺には小さいながら、きれいな半円形が見られた。

お清水さま(愛知県名古屋)

境内の一角に潜むパワースポット池 熱田神宮境内でも、かなり隅っこを通る「こころの小径」という時間限定の園路を通っていく。時間ぎりぎりで間に合ったが、ゆっくり写真を撮るだけの時間がなかったのでイラストにした。 楊貴妃にゆかりのある石塔が池の中…

勾玉池(愛知県名古屋)

柵ごしに、かろうじて赤い橋と池の水面が 池好きカップルの結婚式ならココ。 熱田神宮境内にある池のひとつであるが、神前結婚式場の勾玉苑の中にあり、特別公開や結婚式参列者以外には非公開となっているようだ。 参道の少し奥まったところから柵ごしに赤い…

南神池(愛知県名古屋)

みなみしんいけ。 熱田神宮境内にある池のひとつで、この南神池は一般公開されており無料で会える池。 池畔には休憩施設がある。訪れた際はきしめんの出店も出ていた。 流れ込みは参道を横切っており、よく見れば橋になっている。流れ込み口にも二五丁橋とい…

龍仙湖(愛知県名古屋)

名古屋の都市部にある庭園池。もとは尾張徳川家の屋敷だったが、庭園は戦前に名古屋市に寄付され、一般入場もできる徳川園となった。 池は池泉回遊式庭園の中心的存在で、都市部にいることを忘れさせるほど広々とした湖面をたたえていた。 池の水源は地下水…

茶屋ヶ坂池(愛知県名古屋)

都市部の坂わきにある溜め池だが、すでに現役は退いているようだ。池のまわりに遊歩道が設けられ、池の水源林とともに茶屋ヶ坂公園(「池」は付かない)として環境が保全されている。 池の流れ込みに沿って公園内の坂を上っていくと湧水地も残されており、さ…

水の宇宙船(愛知県名古屋)

都市空間に浮かぶ複合商業施設「オアシス21」。名古屋の人には定番中の定番スポットだろう。 シンボルは「水の宇宙船」という未来感のある建築物。楕円形の屋根には水が張られ、彩光しながら太陽の輻射熱を遮るエコな屋根になっている。屋根の下はイベントス…

姫ヶ池(愛知県名古屋)

池の跡地。フェンスに囲まれた一角に「殺生禁断 放生池」と刻まれた石碑が立つ 通りを歩いていると墓地が剣山のように小山をなす独特の景観に圧倒される。寺院銀座だ。 交差点まで歩くと「姫ヶ池通」の地名が信号に記されていた。姫ヶ池はいわゆるロストレイ…

めだかの学校(愛知県名古屋)

熱田神宮の外塀に沿った道を歩いているときに見つけた池。 一見、小公園に見えるが、歩道の上にあり「熱田街園」と名付けられている。名古屋の道路の広々とした造りは、都市設計の哲学を感じる。 緋メダカが放流されているということだが、冬だったせいか姿…

鏡ヶ池(愛知県名古屋)

名古屋大学に隣接した調節池タイプの池。 鏡ヶ池という名は、ふつう調節池には付けない。もともと、何らかの池がここにあったのだろうか。 名古屋大学の土木学部の同窓会がこの池の名をとって鏡ヶ池会と称している。 釣り禁止。水の排出口に水車が付いている…

越戸ダム(愛知県豊田)

こしどだむ。 矢作川本流の中流域を堰く中部電力の発電用ダム。連弾のような赤いラジアルゲートがカッコいい。堤長が長い分、堤高が低く見えるが、じつは22mもある。 三水湖という立派な貯水池名はあるものの、池というより川幅が広くなっているだけなので、…

荒池(愛知県名古屋)

昭和の残り香あふれる健康センターが池畔に。 都市部にありながら周囲をすっぽりと木々に囲まれた荒池は、いかにも魚が釣れそうな雰囲気が漂う野池。初夏の風が吹くようになるとヒシモがびっしり生えて釣りがしにくくなるそうだ。2000年ごろまではライギョも…