水辺遍路

実踏・日本の湖沼 7,600湖

愛知県

めだか池(愛知県長久手)

モリコロパークの池群のひとつ。 日本庭園の構成要素になっており、遊歩道側の岸は石が敷き詰められており独特の景観。インレット側に料亭を思わせる優雅な建物がある。 インレット側から見ためだか池。 モリコロパークの池群。 マークした場所は西駐車場入…

上池(愛知県名古屋)

東山公園、東山動植物園。 東山動物園の構成要素となっている池。東山動物園は名古屋中心部近くにあり、地下鉄駅からのアクセスもよい都市公園。都市公園100選にも選定されている。 遊覧ボートあり。 駐車料普通車800円。 マークした場所が駐車場。

馬ヶ城ダム(愛知県瀬戸)

うまがじょうだむ。 ダム自慢の「水紋」を見られるのは、何年に一度か? 昭和初期に築造された瀬戸市の上水道水源池。 ふだんは池のかなり手前のゲートで立ち入りができず、池を垣間見ることさえかなわない。一年に一回、6月の水道週間の日曜にあたる1日だ…

大久手池(愛知県名古屋)

広々として開放的なため池。森林公園をはさんだ尾張旭市側に「大久手町」があるが、この大久手池は名古屋市に属する。 池の周囲は宅地化が進む。

筧池(愛知県名古屋)

かけひいけ。 愛知県森林公園の北端にあり住宅地との境界上にある池。「筧(かけひ)」とは池の取水などに使う樋のことである。上に三つの池を持ち、これらの蛇口のような位置に立地することから、そんな名前が付けられたのだろうか。 手持ちの少々古い釣り…

大広見池(愛知県尾張旭)

2017年8月撮影。大村池の上池にあたる大広見池は周囲1kmクラスのなみなみと水をたたえた池だったが、2011年の台風による大雨で破堤し、2013年に訪れたときは工事で水が抜かれたような状態だった。 2017年夏の再訪では、洪水吐けはコンクリートで新造されたも…

長根池(愛知県豊田)

昭和の森という広大な森林公園の中にある池。 大きな魚のライズがあったが鯉か。園内は駐車場も豊富だが釣り禁止。 昭和の森には、他にもヒツジグサが群生し「ひつじ池」と呼ばれる池もあるようだ。 駐車場と案内板。 マークした場所は駐車場。

丸池(愛知県津島)

天王川公園。 年に一度、幻想的な舟灯りに滲む池。 この池を起点として行われる尾張津島天王祭りでは、半円球状にてんこ盛りの提灯を飾り立てた五隻の車楽船(だんじり船)が池面を幻想的に彩る。まさに、この壮麗な祭りのために特化したような構造をもつ池…

木瀬ダム(愛知県豊田)

きせだむ。 愛知県が管理する重力式コンクリートの多目的ダム。貯水池名はしらさぎ湖。県のホームページには小規模生活ダムというあまり見慣れない語で規定されていた。 堰体横には駐車場も充実、公衆トイレもそなえ、歩いて水ぎわに降りることもできるので…

鷹場池(愛知県愛西)

ブラックバス、ナマズ、ライギョがいたというローカルポンドだが、訪れたときはかなり減水しており、魚影は確認できず。 民家もあり駐車スペースに難あり。自転車の中高生が似合う場所だ。 土質のせいか水が赤っぽく見える。

万場調整池(愛知県豊橋)

ばんばちょうせいち。万場緑地。 これが現代の皿池。 まるでオーバルコースのような角丸の長方形の幾何学的な形状をもつ貯水池は、平地を掘り込んで造られた皿池タイプ。さらに護岸から底にかけてすべてアスファルトと合成ゴムによって覆うという、どこから…

藤仙坊池(愛知県東浦)

緑に囲まれ知多半島の豊かさを感じさせてくれる藤仙坊池。池岸のところどころに入釣痕跡の濃い陸釣りポイントが見られる。しかしこの池の周辺でも宅地化が進み、地図で見ると遠からぬうちに住宅地に包囲されそうな感じである。いちばん近い住宅地は木のすぐ…

名古屋城のお濠(愛知県名古屋)

名城公園。 体長1.4m、体重30kgのアリゲーターガーが捕獲。 堀を含めた名古屋城一角が市の管理する名城公園(めいじょうこうえん)という総合公園になっている。 サイクリング、ジョギング、野球場、テニス等。 2010年ごろまでの記録では、へらぶな、ブラッ…

滝頭下池(愛知県田原)

たきがしらしたいけ。滝頭公園。 池の上にキャンプ場、池の下に親水広場が。 滝頭公園内には中堤で区切られた上下二段の池がある。 下池には池を取り囲んで遊歩道が設置され、あずまやもある。 堰体の下には球場、テニスコートのほか、水遊びができる親水広…

滝頭上池(愛知県田原)

たきがしらうえいけ。滝頭公園。 滝頭公園内には中堤で区切られた上下二段の池がある。 上池は遊歩道と野鳥観察デッキがあり、赤い小さな橋がかわいらしい。 池の上には駐車場とトイレ、奥にはキャンプ場もある。 下池側の公園駐車場から遊歩道で歩いて行く…

横倉池(愛知県半田)

東浦町と半田市の境近くにある野池。水色にペイントされた鉄製の橋をもつ取水設備は、知多半島のため池に共通して見られる特徴。 幹線道路から少し入ったところにある。 東浦エリアの野池。

新々池(愛知県東浦)

看板に記された池名の文字がかすれてしまって判読が難しかったが「新々池」のようである。 へらぶな釣り台がたくさんあった。釣り人はいなかったが、手入れされていたので現役と思われる。 東浦エリアの野池。

田之助池(愛知県東浦)

農業用ため池だが、周辺の宅地化に合わせて改修工事の際に親水公園化された。 水上デッキもある。 取水用の斜樋。 洪水吐。 東浦エリアの野池。

山田池(愛知県阿久比)

豊かな池である。それでも池の北側の丘陵地は切り開かれてニュータウンが広がる。立派な親水デッキまで設けられているように見えたが、立入禁止看板もある。 ちょうど看板設置の作業をしている人がいたので訊いてみると、この立派なデッキは災害時に消防用水…

神池(愛知県大府)

かつては農地だったところが宅地化されると、存在意義を失った農業用ため池は埋め立てられ、新たな宅地になるケースがよく見られる。 しかし最近は防災上の観点から、住宅地におけるため池の価値が見直されている。 大雨の際の雨水調整池としての機能の他、…

清水池(愛知県大府)

知多半島でよく見られるタイプの立派な取水設備をもった池。多くの池が改修工事によって同型式の取水設備を獲得している。

海陸庵池(愛知県大府)

東岸側に主要県道、北側に神明公園という小さな公園がある。 宅地化が進む地域ということもあり、防災上の必要からも堰体が改修されている。

神沢池(愛知県名古屋)

名古屋市街地内にありながら、池畔の雑木林と水辺のヨシ群落がよい状態で保全されており、ブラックバス釣りでも人気があるようだが、自然が豊かすぎて入釣ポイントは水門まわりに限られる。

上申ケ池(愛知県東浦)

申ケ池、東浦町営北部グラウンド 2017年春撮影。 階段状護岸もあり釣り師に人気。 申ケ池は、北の上申ケ池と南の下申ケ池からなり、堤によって隔てられている。二つの池の高低差は7mほどだろうか、歩道がついているので両池を簡単に行き来できる。 上申ケ池…

下申ケ池(愛知県東浦)

申ケ池。 誰でも竿を出しやすい好釣り場。 いわゆる申ケ池は北の上申ケ池と南の下申ケ池の上下二段の池からなる。 下申ケ池は水面との落差の小さいなだらかな自然護岸が多く、釣り台を置いてまったりと釣り竿をのばせるのが魅力である。 下池の堰体下側にも…

いのちの池(愛知県大府)

あいち健康の森公園。 洗練された水辺をもつ大規模都市公園。 あいち健康の森公園は、大府市と東浦町にまたがる広大な敷地をもつ県営の都市公園。 園内には、公園内の池とは思えぬ恐ろしげな名前をもった蛇ヶ寝池をはじめ、洗練された水辺空間を演出した上下…

蛇ヶ寝池(愛知県大府)

あいち健康の森公園。 名前も怖いけど、巨大すぎる灯籠も。 あいち健康の森公園は、大府市と東浦町にまたがる広大な敷地をもつ県営の都市公園。各種施設も充実し、洗練され開放的な雰囲気が魅力のこの公園の中にあって、なんともすごい名前の池である。 名前…

東郷濁池(愛知県東郷)

バイパスとゴルフ場にはさまれた窮屈な立地にありながら、主堤と副堤をもつ現役の農業用ため池。「池の魚をとらないで下さい」との看板があった。 周辺の野池マップ。

大池(愛知県名古屋)

住宅・商業地帯に囲まれている。池の隣にグラウンドがあるが、池を含めた一帯が堤にとり囲まれており、増水時にはオーバーフローした池の水をためる調整池のような構造になっている。 周辺の野池マップ。

神の池(愛知県名古屋)

名古屋近辺には「神」のつく池がちらほらと見られる。他地域ではおいそれとは付けないが、すぐ近くにも神沢池があり、神の連発は神倉という地名によるものだろう。 さてこの神の池は現在、住宅に囲まれ柵がめぐらされた調整池然とした池で、全体的に底が見え…