水辺遍路

訪れた1万以上の池やダムを掲載

三重県

松尾ダム(三重県鳥羽)

松尾堰堤。 天端が一般道路になっている古いコンクリート製治水ダム。現地の石碑には「松尾堰堤」と記されていた。 知らずにクルマで通ったなら、まずダムと気付かないようなデザインであるが、じつは鳥羽にはもうひとつ同じような感じの治水ダムがもうひと…

河内ダム(三重県鳥羽)

天端が一般道路になっている古いコンクリート製治水ダム。 知らずにクルマで通ったなら、まずダムと気付かないようなデザイン。じつは鳥羽にはもうひとつ、同じような感じの治水ダムがもうひとつある。昔のダムは近場だと同一の設計者が手がけることも多く、…

鳥羽河内ダム(三重県鳥羽)

現地の工事看板によると、国の補助による治水ダム事業で、まずはダムを造るための道路を整備しているところ。 わずか200mほど上流に、河内ダムという古い治水ダムがあるのけれど、新ダムが完成したら水没ダムになりそうな立地だけに未来の水没浪漫候補か、と…

多度峡天然プール(三重県桑名)

川の一部を堰き止めて設けられた水遊び用の天然プール。川遊びする川ガキの養成所さながら。 昭和レトロな売店もいい感じ。 アクセスは徒歩。未舗装駐車場、トイレあり。 「天然プール」・・つまるところ自然の川なり海なりの地形を生かして造られた水遊びが…

田代池(三重県伊賀)

【たしろいけ。田代湖】 ハイダムスペックを満たす壮観なアースダムが堰く田代池は、日清戦争開戦翌年に竣工。百歳を越える溜め池で、「田代湖」という呼称が使われることもあるようだ。 1kmほど奥には、やはりダムスペックを満たす大平池があるが、なぜか大…

大平池(三重県伊賀)

下段に田代池(田代湖)があり上下二段ともにハイダムスペックの溜め池。 三重県の池なのに、なぜか大阪市が設置した田代湖横のゲートに初回アタック時は阻まれたので、今回は一計を案じ山側からの登山&空撮アタックで姿を捉えた。 田代湖と 入山した駐車ス…

寺谷池(三重県伊賀)

ハイダムスペックの溜め池。ダム軸の異なる二つの堤体が合体したような変わった構造をしている。 空撮では周辺の二つの溜め池も合わせて撮影。 また林間に変わった池を見つけた。天然のものなのか、人工なのか。人工なら目的は? こういうあやしい池、気にな…

二俣ダム(三重県津)

「ダム便覧」掲載のあるハイダムスペックの溜め池のはずだが、写真が掲載されていないので、ほんとにこの池でいいのかな? 堤高20mということだけど、現場を見てみた感じでは、そんなに高さはあるかなあ・・、といった印象。 取水は電動ポンプ。 アプローチ…

西米の川ダム(三重県伊賀)

伊賀市営の「直線動式コンクリートダム」による貯水池。 水道水源にもなっているためか堰体前のゲートから立ち入りできない。手前の青い欄干は円筒分水池。 現地の看板には上水道水源としか目的は記されていなかったが、円筒分水ドットコムによると、農業用…

大沢池(三重県四日市)

有料の昭和幸福村公園のメイン構成要素として池が占有的に利用されている。 入園料500円。 ボートは一日乗り放題で千円。釣り堀もあり、やはり一日釣り放題で千円。鯉、ふな。 桜が満開になると池がピンクに包まれる。

竜ヶ池(三重県鈴鹿)

りゅうがいけ。 最初に弁当をもってきた人を「人柱」に? お竜さんにまつわる人柱伝説がある。 かつて、この池の堤が何度も切れたため、困り果てた村人たち。相談の末、ここに最初に弁当をもってきた者を人柱にしようという、なんとも無茶な選考基準を定め、…

初瀬ビオトープ めだかの池(三重県四日市)

小山にはさまれた谷戸で荒れ放題だった休耕田を、市民の力で整備し四つの池を造り、子どもを交え環境学習や体験の場として活用されてきた。 放たれたメダカは300尾が1万尾にまで殖え、地域の小学校などに里子に出されるまでに。タナゴやタイコウチなど昔な…

シャープ亀山工場の調整池(仮称)(三重県亀山)

シャープといえば「世界の亀山」液晶テレビ、なんて時代ももう懐かしくなるぐらい。 そういえば池の利用法として注目を浴びた水上メガソーラー発電も時がたてば草も生えるか。 どこかシュールな空気が漂う池だ。

お花溜(三重県菰野)

かわいらしい名前の溜め池。周囲は宅地化されており、池は時代から取り残されたような不思議な雰囲気。 池のなかのアシなど植物の状態から、底樋門が露出するほど水位の低い状態が常態化していることがうかがえる。農業用ため池としてではなく、雨水調整池の…

大和ハウス工業 三重工場の調整池(三重県菰野)

工場の調整池の小さな取り組みが、県ぐるみの活動に。 工場内の調整池の汚ない水を何とかできないかという小さな気付きが契機となり、社員、そして地域住民、自治体を巻き込み、十年かけて県ぐるみの環境保全の取り組みへと発展した。 調整池には魚動が設置…

大正池(三重県伊賀)

ハイダムスペックを満たし「ダム便覧」にも記載されている農業用ため池。 鳥の目線で見ると堰体から横に長く羽を広げたようなカッコいい池である。池の上の台地が整地されている。ワンドのひとつには遊歩橋のようなものも見える。 堰体に斜めについている踏…

坂東池(三重県いなべ)

堤高20mで坂東溜ダムというダム名ももつ。 モトクロス場が隣接しエンジン音がにぎやか。堰体への入口はチェーン閉鎖で徒歩のみ。熊が出るとの看板あり。 池とモトクロス場の間を抜ける林道が養老山脈の上の方へと続いている。クルマを置いて歩いて進んでみた…

高塚溜(三重県菰野)

菰野の野池群のひとつ。このあたりは溜め池を「池」ではなく「溜(ため)」と呼ぶ。 別名、親子溜。長辺に堤を配した横長の溜め池が三段。上から上溜、中溜、そして高塚溜は最下段にあたる。 柵もなく釣り竿を出したくなる平坦な草岸で雰囲気もいいが、釣り…

勘四郎溜(三重県菰野)

池の前後長に対して横長の堤が特徴的菰野の野池群のひとつ。このあたりは溜め池を「池」ではなく「溜(ため)」と呼ぶが、かなり限定された範囲であり、池文化として興味深い。 堤の長い横長の池が四つ集まるが、いちばん大きいのが勘四郎溜。ほのぼのとした…

竹谷池(三重県伊賀)

たけたにいけ。 道の駅いがの南東600mにある竹谷池は、ハイダムスペックを満たすアースダムである。名阪国道という幹線道のすぐ近くにあるがゆえに、かえってアプローチルートが分かりにくいところもあり、人通りも少なくひっそりとしている。 堰体上に駐車…

里祭池(三重県甲賀)

気になった島。特に何かの役割がありそうには見えない甲賀の野池のひとつ。 航空写真で中の島が見えたことと、池の名前に興味を持ち訪ねてみた。 通常、溜め池に島がある場合には、弁財天や水神が祀られていることが多い。意味のない島というものは、あまり…

藤溜(三重県伊賀)

ゴルフ場の芝生のために散布される農薬。地中に染みこみ、また沢を通じて溜め池に流れ込む。その水が田や畑に引き込まれ、私たちが口にする作物に影響する。そんな水の連鎖について考えさせられる看板が堤に。 養魚場という言葉が使われているが、ここの魚た…

伊賀三ツ池(三重県伊賀)

既視感を覚えるこの池の配置・・そうだ、同じ県内の松阪にも三ツ池があって池めぐり絵図にしたことがあった伊賀野池の多密地帯でもボスキャラのような池。ゲーム風にいえば、このボスキャラは三位一体、三つの池を同時に倒さねばならない。釣り人にとっては…

蛇喰池(三重県伊賀)

【へびくいいけ。蛇池とも】ありえないほど長い堤とあやしげな小島。そして不思議な名前。地形や立地も魅力的な池「喰」の名が付く池は全国的に見ても数は少ないが、NINJAの里、伊賀には鶴喰池と蛇喰池の二つの「喰」池がある。 蛇喰池は、大平池、田代池と…

鶴喰池(三重県伊賀)

インレット側は水没した草地が、ちょっと変わった味わいを出していた 喰われたのは、ほんとうに鶴なのか? 伊賀野池の多密地帯にあるボスキャラ感のある池で、橋のような中堤で分割された三つの池のうち西の一角を占める。ほかの二つの池がヨシ原を蓄えるの…

枡池(三重県伊賀)

伊賀野池の多密地帯にあるボスキャラ感のある池で、橋のような中堤で分割された三つの池のうち東の一角を占める。 柵やゲートなどはなく複数のバサーの姿が見られたが、関係者以外の立ち入りを禁ずるとの看板も。 インレット側にはヨシ原も広く、良好な環境…

馬場谷池(三重県伊賀)

伊賀の野池群には魅力的な溜め池がいくつもあるが、中でもここ馬場谷池はじつに見どころの多い池だった。 国道から分岐するダートのアプローチ道を500mほど進むと、廃村のような小さな集落があり、すぐ先に池の堂々たる堰体がそびえていた。まずハイダムスペ…

万吉池( 三重県伊賀)

二車線道路沿いにある五段のかさね池。 万吉池は下から三段目。 五段うち最上段の小池と最下段の今池をのぞく三池は、いずれも堰体の裾を直下の池の水面に浸している。

真菰池( 三重県伊賀)

二車線道路沿いにある五段のかさね池。 真菰池は下から二段目。この池だけ堰体前法面が改修で補強されていた。 緩傾斜の丘陵地形なので、まったりとした雰囲気をまといつつ、これだけの重連ぶりはめずらしいと思う。 類似例として思いつくのは、兵庫県加古川…

今池( 三重県伊賀)

二車線道路沿いにある五段のかさね池タイプの農業用ため池。 今池は最下段にあり、道路から直接見える。 この池に掲げられた手製の掲示には、禁止事項が記されているが、肝心の部分が退色して読めない。 「 」「 」「 」「 」は捨てないでください、とあり、…