水辺遍路

訪れた池やダム 1万スポット

2021-02-16から1日間の記事一覧

樋の谷古墳(大阪府堺)

古墳のお堀の中に別の古墳? 日本最大の古墳・大仙稜(仁徳天皇陵)の周濠(堀)をじっくり歩いてみると、ただ三重の環濠というわけでもなく、じつは堰や洪水吐を持つ溜め池のような構造を持っていた。そういえば東京の皇居のお堀も、堰によって区切られてダ…

海老池(大阪府吹田)

住宅地の中にありながら、高町池からの水の流れに沿って1kmにわたって千里緑地として雑木林が保全されている。海老池はその終点に位置か。 二車線道路の坂沿いにあるが、鬱蒼とした感じの池。高町池に掲げられていた案内板。流末に海老池の名が見える。

馬池(大阪府吹田)

住宅に完全に取り囲まれており、グレーチング蓋の細目まばゆい洪水吐兼用竪樋を実装。周辺に農地は見あたらず、このような満水状態をキープしているのは何故? 池の直下は調整池になっている。 池には別の名もあり「新からま池」。では下の調整池がもとはオ…

小路新池と上池(大阪府吹田)

行基作で吹田の代表的な溜め池である釈迦ヶ池を中心とした紫金山公園の一角、南東向き斜面に穿たれた上下の池。 この斜面には吉志部神社と吉志部瓦窯跡もあり、釈迦ヶ池も含め古来から人の営みがあったことを覗わせる。 上が上池で農地をはさんで小路新池。…