水辺遍路

実際に行った池やダム 9,600ヶ所を掲載

2019-10-10から1日間の記事一覧

重地大池(新潟県十日町)

【じゅうじおおいけ。重池大池自然観察園】多くの県で絶滅したジュンサイが水面を覆う池は、生物の多様性を維持した素晴らしい池といえる。 十日町に属するが、地形の連なりから、あの素晴らしい竜ヶ窪池を擁する津南の野池群の一翼を担うものと見ていいだろ…

後谷の池(仮称)(新潟県上越)

後谷ダムの2km上流側にあるが、このダムへのアプローチ路は通常とは逆で上流側から入っていく形でダム下流側は通じていない。 ということで、後谷ダムへ行く途中で会える池である。 また、この池のある場所が南葉高原と後谷ダム方面への分岐ポイントになって…

後谷ダム(新潟県上越)

県営の上水道&発電用の小規模ダム。上越市の上水道水源であるが貯水池のキャパは小さい。また、このダムは通常のダムとは反対に上流側からしかアプローチできないという特徴がある。上流側に後谷の池(仮称)があり、かつては集落もあった。 アプローチ路は…

愛宕谷池ダム(新潟県上越)

ダムスペックを満たすアースダムの堰体に対して、常時水位はかなり低く、まるで防災ダムのよう。一方、養殖用の設備も見える・・堰体下に愛宕谷公園のある堤高16.3mのアースダムだが、何かと謎が多い池である。 溜め池のように見えて満水位はかなり低い位置…

臥蛇池(新潟県上越)

市街地内にありアクセス性も抜群(四車線道路沿い)ということから、ブラックバス釣りで人気の池だったようだ。 2012年、上越市の地域活動支援事業でフェンスが設置された。釣り人や子どもの転落防止用が目的とされている。 フェンスの落成式には神主さんを…