水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,100湖

夜叉ヶ池(福井県南越前)

やしゃがいけ。
f:id:cippillo:20170723082549j:plain

固有種のゲンゴロウと伝説の龍が棲む天上の池。

福井と岐阜の県境を構成する標高1,099mの峰上にある天然湖
固有種のヤシャゲンゴロウと、伝説の龍が棲む。この龍神は雨乞いの神とされ、その昔、干ばつに苦しむ村を救うため龍神に嫁いだ娘の話が残る。
文豪・泉鏡花がこの伝承をモチーフに、そのものずばり短編『夜叉ヶ池』を執筆。素朴な伝承をベースに海外文学の要素も取り入れ、みごとな愛憎劇へと昇華させている。池名がタイトルとなった美文の名作として、湖沼好きならぜひ読んでおきたい大正浪漫ホラーである。

夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)

夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)

夜叉ヶ池

夜叉ヶ池


泉鏡花は他にも池を舞台にした怪異譚を残している。
奈良県の猿沢池のほとりにたつ旅籠(はたご)で、主人公が欄干ごしに垣間見たものは、十五人分はあろうかという陰膳をしつらえた座敷にひとりすわる妙齢の婦人だった。
その異様な光景と響き合うように、次々と不可解な出来事が夢のように現実を侵食していく短編「紫障子」。
それにしても、この妖艶なる美文!

唯見ると、風が誘つたやうに女の腕の其の白百合が、微かに搖れると、白羽二重の袖裏が縺れて、緋の板〆縮緬(いたしめちりめん)の肌着がちらちらと夢を囁やく、夢も嘸(さ)ぞ燃立つばかり紅(くれない)であらう。と思ふ、藤紫の半襟も、微に汗ばむらしい。萌黄の地に、百合を白く、淡いと濃いと、葉を藍緑の友染の長襦袢の肩を、一輪白く覗かせたのが、胸も露白(あらわ)、と見えつゝ、其のまゝ靜かに蝶の翼の寢息を續ける。

泉鏡花集 黒壁―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)

泉鏡花集 黒壁―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)

夜叉ヶ池と会うには、往復3〜4時間の登山が必要。

池へのアクセスは完全なる登山となる。片道1時間40分といえば軽登山に入るが、せっかく登山口まで時間をかけてやってきたのに、いざ山道を進んでいくうちに軽装すぎて引き返す人を何人か見た。
冬は雪に閉ざされるため、毎年6〜7月が山開きとなる。
岐阜県側と福井県側の両方に登山口があり、そこに至るルートは両県側ともに狭隘な一本道で距離も長く、少々しんどいドライブとなる。(※岐阜県側は2017年7月24日から災害復旧工事のため通行止)

f:id:cippillo:20170723082534j:plain


福井県側のアクセスルートは一部、未舗装箇所もあるが、岐阜県側よりは狭路のつづく距離は短かい一方、登山口には岐阜県側のようなしっかりした駐車場ではなく、駐車できるスペースがあるという感じだった。下の写真は福井県側からの登山口。
鳥居をくぐり、異界との境界のような沢を橋で渡る。
f:id:cippillo:20150923094941j:plainf:id:cippillo:20150923094944j:plain


一方、下は岐阜県側の駐車場。
f:id:cippillo:20170723082533j:plain

また、こちらは少し下ったところにトイレと水汲み場もある。道の奥に小さく見える青いドラム缶が水汲み場。

f:id:cippillo:20170723082535j:plain


岐阜県側の登山口、駐車場からいきなり異界への窓のように口を開けている。
f:id:cippillo:20170723082539j:plain


いくつもの瀬を越える。橋があるものもあれば、ないものもある。
f:id:cippillo:20170723082538j:plain
f:id:cippillo:20170723082540j:plain


急登のあと、しばらくゆるやかな道がつづくが、遠目に厳しい崖の峰が見える。まさかあれを登ることはなかろうと無意識でその可能性を無視しようとしていたのだが・・。
f:id:cippillo:20170723082544j:plain


幽玄の滝下を横切る。夜叉ヶ姫いわくの滝であるが、長らく所在不明だったところ、遊歩道を整備しているときに、とつぜん現れたという。ミステリー。
f:id:cippillo:20170723082543j:plainf:id:cippillo:20170723082542j:plain
f:id:cippillo:20170723082541j:plain


岩肌を縫うような昇竜の滝。
さっきは遠くに見えただけの絶壁は、眼前にそびえている。
この期に及んで、まだこの夜叉壁と呼ばれる絶壁を登り越えた先に池があるとは、まったく認識していない。自分に都合のいい判断を根拠なく信じつづける認知バイアスという言葉は聞き及んでいたが、まさにこのときがそうだった。
f:id:cippillo:20170723082545j:plain


絶妙なタイミングで「夜叉ヶ池」500mの案内板。
ほら、やっぱりすぐそこだったんだと安心して進んで行くと、そこから鎖、ロープの連続。そそり立つ壁を前に、
「ほんとに登るんですか、これ」
「確かに、ひとつの可能性として否定はしきれませんね」
「今、上の方に、ちらっと人影が見えたけど」
「まあ、山に登りたい人もいるしね。でも、あくまで僕らは池に行くわけだから」
「もういい加減、認めちゃった方が楽なんじゃないでしょうか」

f:id:cippillo:20170723082548j:plainf:id:cippillo:20170723082550j:plain
f:id:cippillo:20170723082546j:plain


こうして最後の夜叉壁をのぼりつめた先に、ご褒美のように夜叉ヶ池のグリーンの瞳が開けたのだった。
f:id:cippillo:20170723082547j:plain


この池の存在を知ったのは四半世紀も前になる。オートバイでツーリング中に魅力的な名前の池の看板を見て強く印象に残った。当時は今のように道路が整備されておらず、ガードレールのない厳しい山岳路で、立ち寄ろうなどという気にはならなかった。
数年前から夜叉ヶ池へのアプローチを検討していたが、2015年は岐阜県側と福井県側の両方の登山口を調査するところまでで終わり、2017年の通行解除のわずか一ヶ月をついて、すべり込みセーフで池へと至る登山口に立つことができた。
登山行程は3.7kmで登高400mほど。
雨が降れば伝説の夜叉姫に会えるかも。

f:id:cippillo:20170723082551j:plain


マークした場所は岐阜県側の登山口駐車場。

夜叉ヶ池の資料・写真アーカイブス

岐阜県側の登山口駐車場の案内板。
f:id:cippillo:20170723082532j:plain
f:id:cippillo:20170723082530j:plain


福井県側の登山口の案内板。
f:id:cippillo:20150923094942j:plainf:id:cippillo:20150923094943j:plainf:id:cippillo:20150923094945j:plainf:id:cippillo:20150923094946j:plain


2015年の岐阜県側のアクセスルート入口と山開きに関する看板。
f:id:cippillo:20150923094947j:plain
f:id:cippillo:20150923094948j:plain


植物。
f:id:cippillo:20170723082531j:plainf:id:cippillo:20170723082536j:plainf:id:cippillo:20170723082537j:plain