水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,400湖

田沢ダム(岐阜県恵那)

田沢防災ダム。

田沢ダム
すり鉢状の湖岸と低めに抑えられた水位

恵那山北麓にある小規模防災ダム群のひとつで、堰体の高さ29.5mのアースダム。
土盛りの堤で30mクラスというのは、平安時代から300年にわたって世界一の高さをもつダムだった大門池の当時の堤高は32mだったことを考えると、かなり立派なものである。

bunbun.hatenablog.com


土木技術の進歩でアースダムも別格の高さで造れるようになり、現在、日本一高さの清願寺ダム(熊本県あさぎり)は60mもある。

bunbun.hatenablog.com


世界に目を向ければタジキスタンのヌレークダムは300mというからケタ違いだ。ただしアースダムは構造的に地震に弱いので、日本では大型ダムはロックフィルやコンクリートダムが採用される。

田沢ダム田沢ダム
田沢ダムの堰体。天端はクルマも通れる舗装路。

防災ダムということもあり、ふだんの貯水池の水位は低めに抑えられているようだ。合わせて取水も行っているのか訪れたときは、平常水位よりいちだんと低い常態だった。
堰体上にダム内立入禁止の看板が掲げられていたが、貯水池内はブラックバス釣りのアングラーで管理釣り場のような様相。確かに、思わず立ってみたくなるほどみごとな馬の背である。

f:id:cippillo:20171222090329j:plainf:id:cippillo:20171222090331j:plain