水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,600湖

尾白利加ダム(北海道雨竜)

おしらりかだむ。暑寒湖。
f:id:cippillo:20171208082218j:plain

難読の尾白利加(おしらりか)は川の名前。
4月下旬の通水式から6月の満水を経て9月上旬の断水式まで農業用水を供給。断水式後、水が抜かれる。
堰体天端上は1.5車線の舗装路となり、堰体サイドの設けられた長い余水吐の下側にはオートキャンプ場かと見まごうような緑が広がっている。奥に取水塔と橋で渡されたダム管理棟。このキャンプ場のようなゾーンには駐車場、トイレもあった。
北海道ではこのように美しく見ごたえのある農業用ダムが各所にあるが、多くが国策として開発されたことと無関係ではあるまい。
湖名は一帯の山を統べる暑寒別岳(しょかんべつだけ)から。ダムから上流へと13kmほど進むと雨竜沼湿原がある。

f:id:cippillo:20171208082220j:plainf:id:cippillo:20171208082217j:plain
f:id:cippillo:20171208082219j:plain