水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,000湖

龍ヶ窪(新潟県津南)

りゅうがくぼ。竜ヶ窪。
f:id:cippillo:20170817054855j:plain

一日で池の水がすべて入れ替わるカワマス生息池。

毎分30トンという豊富な湧水によってできた池。周囲400m、湖面積1.2ha、平均水深1〜2mという中規模の池にもかかわらず、一日で池の水のすべてが入れ替わってしまうほどの水量だという。
この池は新潟県では希少なカワマス繁殖池とされるが、カワマスは本来は北米原産のブルックトラウトのことである。学名に「湧き水」の派生語(Salvelinus fontinalis)が使われているように、清冽な湧水を好み、汚染に弱い。「カワマス」というより「イズミマス」と呼んだ方が実態に近いかもしれない。フライフィッシングの好敵手として、全国のポンド型トラウト管理釣り場では比較的お馴染みの魚でもあるが、日本の法律上は「要注意外来生物」に指定されている。
日本でカワマスの自然繁殖が確認されている湖沼としては、明治35年に国内で初放流された湯ノ湖(栃木県)上高地明神池(長野県)と龍ヶ窪、可能性として摩周湖(北海道)も挙げられようか。(※周辺河川では繁殖が確認されている)
さすが名水百選にも選ばれている龍ヶ窪は、カワマスにとっても居心地のいい環境だったようだ。
トイレあり。駐車場有料。駐車場から池まで徒歩5分ほど。

bunbun.hatenablog.com
bunbun.hatenablog.com


f:id:cippillo:20170817054857j:plainf:id:cippillo:20170817054859j:plain


吐き出し部の水路。奥に池が見える。
f:id:cippillo:20170817054856j:plain


駐車場と案内板。
f:id:cippillo:20170817054901j:plainf:id:cippillo:20170817054900j:plainf:id:cippillo:20170817054902j:plain
f:id:cippillo:20170817054858j:plain


Googleマップには池として記載されていませんが、航空写真に切り替えると池を確認できます。マークした場所は駐車場。