水辺遍路

実踏・日本の湖沼 7,350湖

オンネトー湖(北海道足寄)

f:id:cippillo:20190824091722j:plain
百名山の雌阿寒岳(左)と雄阿寒岳はオンネトー湖を引き立てる

「年老いた沼」の名をもつ北海道三大秘湖

北海道三大秘湖に数えられ、水の色がさまざまに変じることからオンネトー五色沼という愛称もあるようだ。
オンネトーはアイヌ語で「年老いた沼」の意。アイヌの湖名はいつも詩的でうっとりしてしまう。同名の池が根室にも2つある。
秘湖とはいえ、アクセス路は二車線の快走路で湖岸には1.5車線の舗装路が走り、雄雌の双峰をもつ阿寒富士を湖面に映し出すビュースポットとして展望所や舗装駐車場まで整備されている。自動運転でも行けそうなぐらいアクセスはたやすく、秘湖たる姿を求める人にはがっかりかもしれないが、道路が整備される前はそれこそすごい秘湖感だったのだろう。
そういえば三大の残る二つの秘湖のうち、オコタンペ湖も二車線のアクセス路が通じている。便利な時代は秘湖をも放っておかない。三つ目の東雲湖は日本秘境100選にも選ばれ、カヌーと登坂でアタックするしかないので、唯一残された秘湖らしい秘湖といえよう。
オンネトー湖は吐き出し側にキャンプ場、流れ込み側をさかのぼると錦沼を経て野中温泉がある。湖周遊歩道もあり、釣りもできそうであるが動力船は禁止されている。また、禁止はされていないものの、カヤックなども自粛してほしいとのお願いが看板に記されていた。お願い、というところに味わいがある。
湖面標高620mの阿寒富士の山腹に立地。湖周長4kmに対して最大水深9.8mなので、まず湖スペックは満たしている。実際に見た感じは全体的に浅く感じた。平均水深は3mとのことであるが、透明度が高いので底まで見える範囲が広く感じるようだ。酸性の温泉水が影響しているのか魚影は確認できず。湖の成因は火山噴出物による堰き止め湖
オンネトー湖の表情を引き立てる雄阿寒岳と雌阿寒岳は百名山でもある。雄の端正な山容に対して雌は崩落痕を刻み荒々しい。雄と雌の印象が逆のようでもあるが、これもひとつの雄と雌の姿なのかもしれない。『日本百名山』には阿寒湖の記述に字数をさいてはいるが、オンネトー湖に関する記述はない。執筆された半世紀前は、やはり秘湖だったという証だろうか。


f:id:cippillo:20190716133305j:plain
数本の流れ込みが確認できる。流れ込み部はプライベートビーチのようになっているところも。
f:id:cippillo:20190716133255j:plainf:id:cippillo:20190716133315j:plainf:id:cippillo:20190716133244j:plain


f:id:cippillo:20190824091739j:plain
池畔の展望所と駐車場、案内板。展望所入口には、湖に硬貨を投げ入れないよう注意する看板があった
f:id:cippillo:20190824091912j:plainf:id:cippillo:20190824092002j:plainf:id:cippillo:20190824091850j:plainf:id:cippillo:20190824091755j:plain


f:id:cippillo:20190824091815j:plain
カヌーなど非動力船の利用についての看板


f:id:cippillo:20190824091831j:plain
手書きの案内マップ。分かりやすい


f:id:cippillo:20190824091929j:plain
案内マップ。雌阿寒岳の山頂近くに、赤沼と青沼という池が記されている


f:id:cippillo:20190824094840j:plain
クルマも通れる湖岸路。対岸側には遊歩道も
f:id:cippillo:20190824094822j:plainf:id:cippillo:20190824094806j:plainf:id:cippillo:20190824094749j:plainf:id:cippillo:20190824094733j:plainf:id:cippillo:20190824094715j:plain
f:id:cippillo:20190824094854j:plain


マークした場所は展望所の舗装駐車場。