水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,100湖

海老敷第二堰(千葉県南房総)

f:id:cippillo:20170322224417j:plain

初回のアプローチでは湖面を見ることさえできなかった池である。
再度のチャレンジとなった今回、まずは湖面を見下ろせそうな場所に。しかし池は見えず。(上写真)
次に堰体側へのアプローチを試みた。
よく見ると県道沿いに「海老敷第二堰堤」を案内する木製看板が立っていた。その道を進んでいくと・・。

f:id:cippillo:20170322224418j:plain

地元の土地改良区による通行止め。土地改良区が行っているということは、この先が海老敷第二堰堤によるため池があることは間違いない。
バイクを置いて迂回路を通るなど強行突破できないこともないが、今後の動向を見てみようと思い、引き返した。


アプローチ路入口。「海老敷第二堰堤方面」と記された看板がある。
f:id:cippillo:20170322224419j:plain

初回アプローチのレポート

f:id:cippillo:20150301061224j:plain

海老敷金比羅山の懐に抱かれた池である。
登山コースからは見えるのかもしれないが、車路からは池の姿を確認することができなかった。

f:id:cippillo:20150301061226j:plain

海老敷金比羅山入口。この道で池の近くまで行くことができる。

f:id:cippillo:20150301061225j:plain

マークした場所は海老敷第一堰(広田堰)。当該の池はマーク地点より南西に900m。