水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,850湖

呉大和池(広島県呉)

呉大和ミュージアム。
f:id:cippillo:20170109180810j:plain

『艦これ』ブームでアニメファンの聖地巡礼も。

広島県の呉といえば巨大建造船が横たわるドックが並び、港には潜水艦や護衛艦が浮かび、戦時は海軍の最重要拠点でもあった。ここで建造された世界最大の戦艦である大和を記念した資料館、呉大和ミュージアムには実物の10分の1という大スケールの戦艦大和の模型が圧巻である。模型といっても実際の漁船ぐらいの大きさはあり、製作したのも地元の造船会社という本格ぶり。

f:id:cippillo:20170110101635j:plain

この巨大模型の背後にはガラスを通して、巨大建造船の姿もうかがえるが、ガラスのすぐ後ろに見える小さな池が船舶模型マニアのあいだで「呉大和池」と呼ばれ、ラジコン試走も想定された池である。

f:id:cippillo:20170110101636j:plain

船舶ラジコンマニアはこの池で「走航会」なるものを開催し、自慢のラジコン船を走らせる。彼らの間では、この池を訪れることを、「出撃」「侵攻」というらしい。
館内のグッズ売り場には修学旅行生が大挙して大賑わい。

f:id:cippillo:20170110101637j:plain


模型といっても、ここまで大きくなるとどこを見ていいか分からない。人間の感覚で精巧さを感じるには、大きすぎる。

f:id:cippillo:20170110101639j:plainf:id:cippillo:20170110101638j:plainf:id:cippillo:20170110101640j:plain


むしろ館外にある実物大の主砲身や碇などの展示の方が、おがっ、という驚きがある。

f:id:cippillo:20170110101641j:plainf:id:cippillo:20170110101642j:plain
f:id:cippillo:20170110101643j:plain


実物大のスクリュー。その向こうに見えるのは、実物大、ではなく実物そのものの潜水艦。もうあきれるほど大きい。

f:id:cippillo:20170110101646j:plain


模型はやはりこのぐらいのスケールが、ディティールを楽しめる限界であろうか。

f:id:cippillo:20170110101644j:plain


戦艦金剛。個人的には好み。

f:id:cippillo:20170110101647j:plainf:id:cippillo:20170110101645j:plain


金剛はイギリス製とのこと。蒸気で動いていた。

f:id:cippillo:20170110101648j:plainf:id:cippillo:20170110101649j:plain


零戦に搭載された実物のエンジン。冷却フィンのすきまが美しい。

f:id:cippillo:20170110101650j:plainf:id:cippillo:20170110101651j:plain


池とも大和とも違うところでやたら時間を費やしてしまった。というより池に行くことを忘れてしまった。あとで写真を見たら、大和模型の後ろに池が写っていたので、ほっとする。
呉大和ミュージアムは駐車場および入場有料。9:00〜17:00 火曜休館。


f:id:cippillo:20170110101654j:plain

大和ミュージアムの真向かいには、海上自衛隊呉資料館も。

もう威容というより異様としかいいようのない巨大潜水艦の磁力に吸い寄せられるように、道を渡ると「てつのくじら館」(海上自衛隊呉資料館)の入口だった。なんとこちらは入場無料。

f:id:cippillo:20170110101652j:plainf:id:cippillo:20170110101653j:plain


展示はエモーショナルでありパッショナル。しかも洗練されている。

f:id:cippillo:20170110101658j:plain


機雷除去が日本の戦後復興の最優先重要課題だったとは。

f:id:cippillo:20170110101656j:plainf:id:cippillo:20170110101655j:plain


ぐいぐいと二階、三階へと進み、潜水艦コーナーへ。

f:id:cippillo:20170110101657j:plainf:id:cippillo:20170110101659j:plain


潜望鏡ハンドルの下に「NIKON」の旧ロゴ。世界に誇る日本の工学技術。こんなものまで造っていたとは。

f:id:cippillo:20170110101702j:plainf:id:cippillo:20170110101704j:plain


元祖ドローン? 艦載用無人ヘリ。

f:id:cippillo:20170110101701j:plainf:id:cippillo:20170110101703j:plain

その扉の先は・・。

三階から外に出る扉・・その先は、あの巨大潜水艦の艦橋へと渡る橋が待っていた。

f:id:cippillo:20170110101710j:plain
f:id:cippillo:20170110101705j:plainf:id:cippillo:20170110101706j:plainf:id:cippillo:20170110101707j:plainf:id:cippillo:20170110101709j:plainf:id:cippillo:20170110101708j:plain

日常感を求めて外へ。

館外に出てからも、大和から海上自衛隊へと非日常空間に長時間、身を浸していたためか、酸欠のように頭がくらくらした感じだ。
日常感を求めて港の方へ向かったが・・。

f:id:cippillo:20170110101711j:plain


左側に浮かんでいる黒いものは、またも潜水艦。よく見ると右にも。ぜんぜん日常的ではない。

f:id:cippillo:20170110101712j:plainf:id:cippillo:20170110101713j:plain


日常を求めてさらに南へ走るが、戦艦・金剛の艦橋と見まごう異形の建造物がそびえていた。

f:id:cippillo:20170110101714j:plain
f:id:cippillo:20170110101645j:plain


いったい日常感はどこへ。

f:id:cippillo:20170110101715j:plain


呉の半島を離脱し、倉橋島へ。ようやくほっとする景観に出会えた。

f:id:cippillo:20170110101717j:plain


いや、よく見るとループ橋とか、小さなフェリーなんか、ノスタルジー感ありすぎ。油断ならない広島県呉市だった。

f:id:cippillo:20170110101718j:plain


軍港に適した呉の地形。(大和ミュージアムの展示物より)

f:id:cippillo:20170110101720j:plainf:id:cippillo:20170110101721j:plainf:id:cippillo:20170110101719j:plain


マークした場所は呉大和池。