水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,900湖

まつぶし緑の丘公園の調整池(埼玉県松伏)

f:id:cippillo:20160919215638j:plain

公園の調整池としては、ワイルドすぎる。

総合公園の調整池には、公園設計者の思想がよく現れているものだ。
最低限の予算でプールのように護岸し立入禁止にするタイプや、親水護岸を設け公園の魅力要素として活かそうとしているタイプ・・。
まつぶし緑の丘公園の調整池はいずれのタイプにもあてはまらない。
江戸時代に徳川家康が利根川の巨大放水路を造るまでは、この一帯は沼沢を縫って網の目のように川が広がっていた。そんな湿地性の沼沢をそのまま調整池として利用したような雰囲気なのである。
池岸は層の厚いヨシ原に取り囲まれ、浮き桟橋のような水上デッキが渡されていなければ、池の水面をのぞくことさえできなさそう。
泡づけがあったかと思ったら、巨鯉がぬっと顔を出す。その上には亀も。

f:id:cippillo:20160919215635j:plain
f:id:cippillo:20160919215633j:plainf:id:cippillo:20160919215634j:plain


公園には里山ゾーンと呼ばれる広場も。
f:id:cippillo:20160919215636j:plain


大型遊具。テントの持ち込み可でレンタルもあり。
f:id:cippillo:20160919215637j:plain


釣り禁止看板。
f:id:cippillo:20160919215632j:plain


駐車場と案内板。
f:id:cippillo:20160919215627j:plainf:id:cippillo:20160919215631j:plainf:id:cippillo:20160919215630j:plain

bunbun.hatenablog.com


マークした場所に駐車場。