水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,000湖

百々池(滋賀県甲南)

ももいけ。
f:id:cippillo:20160530141813j:plain

地名も含めると「百々池」という名は、東海近畿圏にいくつか見られ、「どどいけ」「ももいけ」などと読み、この池の場合は後者のようです。
名前も魅力ありますが、甲南の百々池は景観もみごと。のびやかで豊かな水辺は、うららかな陽射しと新緑がよく似合います。
水もほどよく濁りが入っていて豊潤さを感じます。透きとおるような水は栄養が貧しく、コバルトブルーやエメラルドグリーンの水は温泉成分などの毒素を含んでいることもあり、見た目の美しさと豊かさは必ずしも一致しない。
かつてはローカルメジャーのバスポンドで、堰体上の駐車スペースからボートをくり出したくなるところですが、残念ながら立入禁止看板が立っていました。
池にアプローチするには、二車線路から舗装農道に入り、さらに堰体へとつづく砂利の枝道を進むことになります。

f:id:cippillo:20160530141814j:plain
f:id:cippillo:20160530141815j:plainf:id:cippillo:20160530141816j:plain