水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,850湖

犀ヶ池(新潟県上越)

さいがいけ。
f:id:cippillo:20151130203232j:plain

地元の山荘に訊ねても場所特定できず。

上越市のホームページに紹介されていた神秘の池。流入する川はないのに年間を通じて水位が一定だという。
1kmほど遊歩道を歩いた先にあるというので、現地を探したが遊歩道の起点が分からない。道の途中で、ちょっと変わった案内板があったが(上写真)、犀ヶ池のことは記載されていない。

f:id:cippillo:20151130203231j:plain

このあたりは上信越トレイルコースになっており、その拠点として上越市ホームページに案内されていた深山荘まで行き、犀ヶ池のことを訊ねてみるも、その存在は知っていても正確な行き方を言える人がいなかった。
受付のおばさんが、小学生のときに遠足で行ったことがあるということで懐かしそうに思い出を話してくれた。

f:id:cippillo:20151130203230j:plain
(上越市ホームページに掲載されていた地図)


上越市内には同名の別の池もある。

牧峠の近くの塩の道沿いに遊歩道入口があるはずなのだが、看板等がなく分からなかった。2時間ほど周辺を深追いしてみたが、天候が悪かったことともあり、今回は撤退することにした。
次回のチャレンジの際は市役所に問い合わせてから行くことにしよう。
ややこしいことに同じ上越市内にブラックバス釣りで知られる同名の池もあるが、そちらは市街地近く。


f:id:cippillo:20151130203229p:plain

関田山脈牧峠の標高660mに位置した天然の池「犀ヶ池(さいがいけ)」。水の出入り口が見当たらないにもかかわらず、水位は常に一定で透明度のある水と花崗岩が池の周囲に折り重なって形成されている池で神秘性を漂わせています。 牧区から長野県飯山市へ通じる市道牧・飯山線からブナ林の中を通り、この犀ヶ池までの片道1kmの遊歩道が整備されています。
所在地:上越市牧区宇津俣
管理者:上越市
距離・交通:JR高田駅から40km 車で60分、その後犀ヶ池まで徒歩30分 / 北陸自動車道上越インターチェンジから40km 車で60分、その後犀ヶ池まで徒歩30分
(上越市ホームページ)


場所はおおよその位置です。数kmの誤差がある可能性があります。