水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,950湖

天王池(岐阜県関)

てんのういけ。
f:id:cippillo:20140705131728j:plain

釣り禁止としては、日本一高額な罰金?

2012年にも池干しを行い、地元のNPOと子どもたちがウシモツゴを中心とした旧来の生態系を守る努力がなされている。ウシモツゴの放流には天皇もかかわったせいか、釣りをすれば罰金100万円。さらに懲役刑も厭わぬという姿勢。公式な釣り禁止の罰則としては私が知る限りはもっとも重い。
またウシモツゴを脅かす外来魚の放流については、個人でも最高300万円、法人であれば1億円までの罰金が課せられるだけでなく、やはり懲役刑も。
駐車スペースがないので、中池公園にクルマを停めるとよい。徒歩で数分。
岡山県玉野のメジャーバスポンドと同名。また、大阪府堺に同名のへらぶな釣り場がある。

f:id:cippillo:20170329122202j:plain

ウシモツゴに比べれば人種の違いなど。

ウシモツゴはモツゴやシナイモツゴときわめて似た外観をしており、側線の長さと体側の中央に走る黒い縦縞の有無で識別する。長い側線と黒縞の両方をもつのがモツゴで、短い側線と黒縞をもつのがシナイモツゴ、短い側線と黒縞なしがウシモツゴ。
従来は亜種と考えられていたがウシモツゴは2015年に新種であることが判明した。
ウシモツゴは気性が荒く、メスの奪い合いではライバルのオスが死ぬまで追い込むこともあるという。見た目の違いでは分からないものが、そんな性格にも出ているようだ。
種といえば犬に例えると、セントバーナードもチワワも柴犬もすべて同じ亜種に属するだけでなく、オオカミと同じ種でもある。
種の下位区分に亜種があるわけだが、人間でいえば黒人も白人もアジア系もみな同じ亜種に属する。「人種」という言葉があるが、これは生物学的な「種」とはまったく意味合いが異なるもので、種が異なるウシモツゴとモツゴの違いに比べれば、じつに微々たるものである。

f:id:cippillo:20140705131732j:plainf:id:cippillo:20140705131727j:plainf:id:cippillo:20140705131730j:plain
f:id:cippillo:20140705131729j:plainf:id:cippillo:20140705131731j:plain