読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,700湖

御池(長野県飯田)

f:id:cippillo:20130601141111j:plain

深い谷あいの集落に遅い朝陽が届くと、屋根屋根の鈍い光沢が力を帯びはじめ、路地にわだかまった冷気を追いたてながら朝の光が滲み渡っていく。
日本のチロルと呼ばれる下栗の集落の一日はこうして始まる。

日本の里100選にも選定されている下栗の里と、白樺の梢をくぐる風さわやかなシラビソ高原をつなぐ林道の途上、巨大隕石の衝突した跡といわれている場所がある。
ここから始まる登山道を起点に、徒歩で山道を進み、山頂と御池との分岐を曲がってくぼ地にむかって下っていくと、ようやく御池にたどり着く。
なんとぜいたくな立地であろうか。


日本のチロル。下栗の里
f:id:cippillo:20130601141113j:plain


シラビソ高原
f:id:cippillo:20130601141112j:plainf:id:cippillo:20130601141116j:plain


クレーター跡からの山道を進む
f:id:cippillo:20130601141115j:plainf:id:cippillo:20130601141118j:plain


案内板
f:id:cippillo:20130601141119j:plainf:id:cippillo:20130601141117j:plain


※マークした場所は御池。駐車場は林道途上にあるクレーター跡地を利用。