読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,600湖

上水之尾用水溜池(神奈川県小田原)

神奈川県

水之尾水源池。
f:id:cippillo:20130618181156j:plain

山中にひっそりとたたずむ小田原用水の水源池。

江戸時代享和年間に大久保藩によって拓かれた由緒ある小田原用水の水源池。鬱蒼とした箱根外輪山の中の静かな池ですが、林道でアプローチするしかない場所にあることや駐車スペースがないことから、地元の人にもあまり知られていない穴場的な場所です。
水上ウッドデッキが設けられていますが、年々、朽ちてきて現在はちょっと危ない感じ。2011年に釣り糸をたらすと、すぐにモロコが釣れましたが、違法放流のブラックバスも1尾を確認。その後、ミミズを使って駆除を試みましたが、頭がいい個体で見切られてしまい、2013年6月ごろには姿が見えなくなったので、エサ不足で死んだものと思っていましたが、2016年5月に再び例の個体らしきブラックバスを確認。
初めて見てから5年。お互い年をとったなあという感じで、こちらの姿を見てもまったく動じず、目の前で悠々と浮いています。体長は35cmぐらいで5年前とそれほど変わっていませんでしたが、病気かと思うぐらい太りすぎ。庭池ほどの小さな池なのでベイトフィッシュが豊富とは思えないのですが、その生命力には感心させられました。それにしても、ほとんど動かないので死にかけているのかと思いきや、青天の霹靂、二羽の水鳥が舞い降りるや、ロケットダッシュ。老体とは思えぬすさまじい瞬発力にまたも感心。
とはいっても日本産淡水魚の状況が気になるので、今度、試釣してみようと思っています。

f:id:cippillo:20160521143932j:plain


2016年5月。写真中央にバスが見える。
f:id:cippillo:20160521143938j:plain
f:id:cippillo:20160521143937j:plain
f:id:cippillo:20160521143935j:plain


2013年6月。
f:id:cippillo:20130618181159j:plainf:id:cippillo:20130618181158j:plainf:id:cippillo:20130618181157j:plain


2011年7月
f:id:cippillo:20160521143939j:plain


冬の満水時(2012年)
f:id:cippillo:20120320115441j:plainf:id:cippillo:20120320115440j:plainf:id:cippillo:20120320115442j:plain



その他の写真
f:id:cippillo:20160521143933j:plain
f:id:cippillo:20160521143936j:plain