水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,100湖

長野県

大沢池(長野県上田)

コンクリートと木のハイブリッド土井? 上田の野池群は皿池タイプの池が多い中、大沢池は堤高15.3mのアースダムをもつ典型的な谷池タイプである。 沢の水を集めるためだろうか、他の上田の池とは水の色が違う。透き通る、まではいかないが透明感のある緑色。…

舌喰池(長野県上田)

したくいいけ。 塩田平ため池群に行くなら、まず訪れたい。 「舌喰い」とはまた恐ろしい名前である。その名に、人柱になった美しい娘の悲話が込められている。池は信濃川が貫く上田盆地に位置し、一帯は「塩田平(しおだだいら)」と呼ばれ、日本有数の河岸…

泉池(長野県上田)

田園空間整備事業で駐車場が設けられている。 上田の野池では代表的なワカサギ釣り場。コンクリート護岸ながらのびやかな皿池で、池の全周にわたって車両が通れる道がある。 泉池ワカサギ釣り同好会が管理・放流を行なっている。わかさぎ釣り有料および漁期…

上田の野池群(長野県)

(人柱伝承の残るその名も恐ろしい舌喰池) 塩田平は、民話とため池の里。 全国ため池100選にも選ばれた「塩田平のため池群」をはじめ、上田は山に囲まれた盆地を潤す美しい野池の宝庫である。江戸時代には200から300もあったというため池だが、現在は140ほ…

米倉池(長野県上田)

上田の野池群の中ではもっとも北に位置する。 米倉池という名のほかに築地池というまったく別の名前をもっている。たまたまなのか真南に700mのところにある宝池も、やはり福田池という別の名をもつ。 立入禁止看板あり。 上田の野池マップ。

新池(長野県上田)

池横にマレットゴルフ場あり。 駐車スペースあり。釣り禁止。 駐車スペース。 上田の野池マップ。

西洞池(長野県上田)

古い木製の「土井」が顔を出していた。 「〜洞池」という名前は岐阜県美濃加茂周辺に集中的に見られる池名である。美濃加茂の場合は、寒洞池(かんぼらいけ)、太郎洞池(たろうほらいけ)のように「ほら」と読むが、上田でも同じだろうか。 池に行くために…

中原池(長野県青木)

上田から少し山間部に入ったところにある谷池タイプの農業用ため池。釣り禁止。

上田城のお濠(長野県上田)

大河ドラマ『真田丸』で注目を集めた上田城。上田城跡公園は上田城千本桜で有名。 臨時駐車場も順番待ちの列ができるほどだったのに、桜の方はほとんど開花していなかった。 マークした場所が駐車場。

塩之入ダム(長野県青木)

塩之入池。 青木村に属するが上田市のため池と共通スタイルの「田園空間博物館」の案内看板がある。 「塩之入池」とも。 釣り禁止。

滝川ダム(長野県青木)

青木村のふるさと景観100選の中に滝川ダムの美しい写真があったものの、いざ現場に赴いてみるとアクセスルートはダム手前のところで獣除けのゲートで封鎖されていた。 このゲート、施錠はされていないので進もうと思えば進めるが、一応、区民・関係者以外の…

菅平ダム(長野県上田)

すがだいらだむ。菅平湖。 スキーで有名な菅平高原の近くにあるダム。貯水池名は菅平湖。県営多目的ダムである。 下界では桜が開花しはじめている時期でも、ダム湖は岸からすべり落ちた流氷を浮かべていた。 ダム湖右岸側を国道が通っているものの、ダム駐車…

竜ヶ池(長野県須坂)

臥竜公園。 夜桜ライトアップもある桜と松の名所。 臥竜公園は須坂市街地にある都市公園であるが、臥龍山に抱かれた竜ヶ池を中心に、須田城跡、博物館、動物園、遊園地から球場などのスポーツ施設まで、何でもあれのリフレッシュスポット。 桜の名所100選、…

灰野砂防ダム(長野県須坂)

豊岡ダムの下流3km、灰野川を堰き止める砂防堰堤。 山の県ともいえる長野は、長年、治山が課題だったためか、フランス式階段工の牛伏寺砂防ダムをはじめ個性的な砂防ダムが多い。 須坂から長野市街地にわたっての眺望がよかった。bunbun.hatenablog.com

志賀高原の湖沼群(長野県志賀高原)

高原と山岳ハイキングでめぐる天然湖沼の楽園。 志賀高原の水辺は、ドライブがてらに楽しめる琵琶池、丸池をはじめ、「池めぐりコース」という手軽でスタイリッシュなハイキングでの池めぐりから、志賀山、裏志賀山、鉢山といった2,000m級の山を登ることによ…

丸池(長野県志賀高原)

志賀高原の湖沼群のひとつで、国道をはさんで琵琶池と隣り合っている。 丸池はどちらかというとウィンターシーズンにおいての知名度の方が勝っているかもしれない。というのも池を抱く山が有名なゲレンデとなっている。 ただ新緑の爽快さや、紅葉期のダケカ…

琵琶池(長野県志賀高原)

志賀高原の湖沼群では、大沼池に次いで二番目に大きい琵琶池。名のとおり、楽器の琵琶の形をしている。 国道からも見えないことはないが、木々のあいだから垣間見える程度。湖岸はごろごろとした石が露出していた。 志賀湖沼群では数少ない釣りができる池と…

水無池(長野県志賀高原)

志賀高原の湖沼群のひとつ。 池は国道から少し離れているが、池の散策者用の未舗装駐車場と案内板が国道沿いに設けられている。 水無池という名前ながら、水はあった。遊歩道は下の写真のような雰囲気で、旭山の軽登山ルートへとつづいている。 駐車場と案内…

一沼(長野県志賀高原)

志賀高原の湖沼群のひとつ。 他の水辺はすべて名前に「池」がつくのに、なぜかこの一沼だけが唐突に「沼」。西隣は水無池だし、東側は丸池と琵琶池。 単に深さの違いというわけでもなさそうで、不思議である。 航空写真に切り替えると、一沼を確認できます。

大沼池(長野県志賀高原)

志賀高原で最大の湖。 志賀高原の湖沼群で最大の池であり、シンボルともいえる水辺。 周囲5.5kmの火山によるせき止め湖。強酸性の水質のため魚はいないという。大蛇と黒姫の悲恋の伝説がある。 湖畔にはレストハウス、トイレ、休憩広場もあるが、アプローチ…

四十八池(長野県志賀高原)

高層湿原に穿たれた池塘群。山岳パートのハイライト。 志賀山と鉢山の火山活動によってできた盆地に水がたまり湖となるが、その後、湿性植物が堆積した湿原が発達し、湖は数十もの小さな池塘に分断され、現在のような姿に。山に囲まれた奇跡のような平地に象…

元池(長野県志賀高原)

地図で見ると四十八池の湿原から近く、比較的大きい池なので油断していたが、どうもそれらしき池が見あたらない。登山道を裏志賀山の方に引き返して、かろうじて垣間見えるポイントを見つけた。 近くの黒姫池と似ており、撮影したときは、いまひとつ元池なの…

黒姫池(長野県志賀高原)

志賀山頂から裏志賀山頂へと至る枝道の分岐を過ぎ、四十八池側の登山道入口の鳥居へと下っていく途中で、眼下に見える池。 ぱっと見たところは円形の池だが、じつは細いくびれを経て奥に広がりがあり、ひょうたん形になっている。

志賀の小池(長野県志賀高原)

志賀山頂から裏志賀山頂へと至る枝道の分岐を過ぎ、四十八池側の登山道入口の鳥居へと下っていく途中で、黒姫池が見える。 最初はこれが「志賀の小池」かと思ったが、どうやら違う。あとでいくら調べても分からなかったが、上の写真に写っている池の左手に不…

鬼の相撲場の池(長野県志賀高原)

志賀山頂から裏志賀山へと進む登山道の途中で眼下に見える池。 「鬼の相撲場」とは何とも魅力的な名前だが、確かに志賀山に棲む鬼たちが月夜の下に集まって相撲をとる光景が浮かぶようだ。 しかしこのネーミングはそういう意味ではなく、この池の形が相撲の…

お釜池(長野県志賀高原)

志賀山麓にある天然湖沼群のひとつ。志賀山頂へ至る登山道の途中で垣間見ることができる。 登山道は岩を這い上る場所もあり、ややハード。

渋池(長野県志賀高原)

8年ごしの再起の池。 さて2008年8月に撮影した写真をリマスターしながら志賀高原「池めぐりコース」+ひょうたん池を遍路してきたが、あのときは、ここ渋池までたどり着いたところで小学生だった娘がダウン。この先、志賀山湖沼群のハイライトである四十八池…

ひょうたん池(長野県志賀高原)

志賀高原の湖沼群のひとつだが、軽ハイキングの「池めぐりコース」から一歩先に踏み出す必要がある。木戸池から前山の方へと登るハイキング路の途上にぽつんとある池なので、ここまで来たら元来た道を引き返すか、渋池まで歩いて行くしかない。 写真は2008年…

三角池(長野県志賀高原)

志賀高原の湖沼群のひとつ。池はほぼ国道沿いにあるが、遊歩道は国道とは離れた対岸側を通り、木道もあって気持ちよく散策できる。 写真は2008年8月撮影。 志賀高原湖沼マップ。水辺遍路謹製。

上ノ小池(長野県志賀高原)

志賀高原の湖沼群のひとつ。写真のオリジナルが見つからず、デジタルリマスターできず、小さいままの写真ですみません。 写真は2008年8月撮影。