水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,750湖

群馬県

道の駅「白沢」の池(群馬県沼田)

平出ダムとは「近くなのに遠い関係」? 2015年に平出ダムについて「道の駅・白沢とは近いのに遠い関係?」という見出しで書いた。今回は逆の立場から。 平出ダムは地図上では道の駅・白沢から500mほど直下に見えたものの、じつは豪快な段丘の高低差があるた…

大入沼(群馬県前橋)

大入沼は道の駅の敷地内に取り込まれている。 従来の溜め池を親水要素に加えた公園複合型の道の駅。 荻窪公園は、温泉、20mプール、食事処、エステ、ゲームセンターなど往年の健康ランドなみの設備と、あじさい園や遊具、広場の中に三つの池をもつ公園複合型…

群馬フィッシングセンター中之沢(群馬県前橋)

赤城山南麓の前橋市街地寄りには、宮城釣堀銀座と呼ばれるポンド型のトラウト管理釣り場の密集エリアがある。広大な南側斜面なので陽あたりもよく、赤城山からの豊富な伏流水にも恵まれ、おそらくは日本一の密集地帯だろう。 群馬フィッシングセンター中之沢…

千貫沼(群馬県前橋)

せんがんぬま。 中世城郭の堀跡を江戸時代に溜め池として造成。その後、養鯉池として利用されている。給餌機や水質を維持する水車などの設備が見られる。 鯉に餌を与えているためか富栄養化が進み、秋だというのにアオコが岸に吹き溜まっていた。 沼に突き出…

薬師沼(群馬県前橋)

薬師沼公園。公園設備として釣り桟橋が用意されている。ルアー釣りは禁止。赤城南麓の斜面にあるクリーンセンター横の溜め池であるが、薬師沼公園として駐車場、トイレ、遊歩道が整備されている。 特筆すべきは二基の釣り桟橋。堰体側に小さいものが一基、イ…

管広沼(群馬県前橋)

池までわずか40m・・林道の先が広くなっており、右側の木のあいだから池の水面が見えたが、これ以上進むのはやめておいた。赤城山南面の登山道路入口近くにある周囲400メートル級の池。私有地らしき雰囲気が濃く、立ち入ることができなかったので池の詳細は…

アングラーズエリアHOOK(群馬県前橋)

赤城南麓の宮城釣堀銀座でもっとも高い場所にあるポンド型のトラウト管理釣り場。入口の看板は注意していないと見落としやすいほど小さいが、中はなかなかの雰囲気。 この池から先、赤城山方面へは厳しい九十九折りの山岳道路となり山頂へと通ずる。 www.aa-…

前橋フィッシングパーク(群馬県前橋)

赤城山南麓の前橋市街地寄りには、宮城釣堀銀座と呼ばれるポンド型のトラウト管理釣り場の密集エリアがある。広大な南側斜面なので陽あたりもよく、赤城山からの豊富な伏流水にも恵まれ、おそらくは日本一の密集地帯だろう。 前橋フィッシングパークへのアプ…

アングラーズプラッツ(群馬県前橋)

赤城山南麓の前橋市街地寄りには、宮城釣堀銀座と呼ばれるポンド型のトラウト管理釣り場の密集エリアがある。広大な南側斜面なので陽あたりもよく、赤城山からの豊富な伏流水にも恵まれ、おそらくは日本一の密集地帯だろう。 アングラーズプラッツは道の駅か…

あまが池(群馬県伊勢崎)

湧水あまが池。三年ごし、三度目の正直でやっと会えた、あまが池。伝説にならい「あま!」と呼ぶと、鯉が水面に波紋を描いた。 三度目の正直で会えた湧水の池。 もともとは2015年に他の池に行く途上、たまたま「あまが池」の道路案内看板を見つけ、誘われる…

神流湖(群馬県藤岡)

かんなこ。下久保ダム。コンクリートダムとして日本最長の堰体は、なかほどで直角に屈曲するめずらしい形状。 多面的な魅力で注目されるダム湖100選の人造湖。 水資源機構が管理する多目的ダムであるが、まんなかで直角に屈曲した重力式コンクリート堰体のめ…

東新井池(群馬県伊勢崎)

東新井池はコンクリート護岸で鎧(よろ)われた釣り堀のような池で、まさに現在は鯉釣り堀として利用されているが、もとは溜め池であったと思われる。というのも近くに、東新井池1号と東新井池2号という系列の名を池があることと、伊勢崎市が設置した「あ…

両毛の水辺

群馬県と栃木県南部を網羅する両毛文化圏は、東西を北関東自動車道が貫き、南北は関越道、東北道が走る。北は赤城山からなだらかにつづく足尾山地が広がり、その縁に沿うように渡良瀬川が流れ、南に平行する利根川とのあいだに広がるエリアで、狭義には県境…

東新井池二号(群馬県伊勢崎)

東新井池という池の近くに、東新井池1号と東新井池2号の、計三つの池がある。 1号池と同じく2号池も、伊勢崎市が設置した緑の網フェンスと「あぶない!」の統一スタイルの看板は共通している。ただ、よく見ると1号池と2号池の看板のデザインは異なる。…

東新井池一号(群馬県伊勢崎)

東新井池という池の近くに、東新井池1号と東新井池2号の、計三つの池がある。 1号池はほぼアシで覆われフェンスで囲まれている。伊勢崎市が設置した「あぶない!」の統一スタイルの看板が設置。 アクセス路は狭いがコンビニが近い。

天沼(群馬県太田)

天沼公園。 こんもりとした木が茂る中の島があり、遊歩橋で渡ることができる。さらに橋を渡って対岸まで行ける。 地岸には遊具もあるが、すたれた雰囲気。駐車場3台。トイレなし。 釣り禁止。遊歩道と遊具 駐車場。 マークした場所は駐車場。

竹沼貯水池(群馬県藤岡)

竹沼ダム。 まず湖相の素晴らしい水辺である。群馬の野池は数こそ多くはないが、どこかまったりとしたおおらかな空気感が魅力だ。 もとは竹沼という溜め池だったようだが昭和41年に高さ27mのアースダムが造成され、竹沼ダムとなった。入り組んだ無数のワンド…

大桁湖(群馬県富岡)

おおげたこ。大桁砂防ダム(大桁ダム)。大桁緑地公園(恐竜の里)。 妙義山の峨々たる奇峰を眺める釣り仙郷。 群馬県の砂防事業であるが、自然と人との調和をめざした「ふるさと砂防モデル事業」のひとつとして、地元の町が中心となって設計、工事が行われ…

第二間瀬湖(群馬県本庄)

間瀬湖のインレットから300mほど上流側にある砂防堰堤タイプの池。 右岸側に1.5車線道路が寄り添うが、駐車スペースもほとんどなく、水辺へのアプローチもなかなか難しい。

鏡池(群馬県草津)

草津白根山、本白根山。本白根山近くの鏡池。2018年1月に噴火した。2018年1月23日に、前触れもなく噴火。訓練中だった自衛隊員1名が噴石にあたって死亡するというニュースが全国放送された。 白根火山ロープウェイ山頂駅付近にいたスキー客など80名が一時、…

荻窪公園の親水池(群馬県前橋)

従来の溜め池を親水要素に加えた公園複合型の道の駅。 荻窪公園は、温泉、20mプール、食事処、エステ、ゲームセンターなど往年の健康ランドなみの設備と、あじさい園や遊具、広場の中に三つの池をもつ公園複合型の道の駅。6km圏内に別に二つの道の駅と、ポン…

堂の池(群馬県前橋)

道の駅複合型の荻窪公園内にある三つの池のうちのひとつ。東側の大入沼は池の名前とは裏腹に調整池然としているが、堂の池の方はもともとあった溜め池の姿がそのまま保全されている。堰体下には公園のだんだん原っぱが広がり、いちばん下に親水池がある。 親…

赤谷湖(群馬県みなかみ)

相俣ダム(あいまただむ) 猿ヶ京温泉郷を抱くレイクレジャーフィールド。 国道17号旧道に沿っておりアクセス性もよい。ダム湖本湖のインレット側に、もうひとつ親水ダムがあるのも特徴。キャンプ場もあり、カヌー、ボートの出艇ポイントとしても最適である…

矢木沢ダム(群馬県みなかみ)

奥利根湖。 利根川本流の最奥部にある荘厳なアーチダム。 利根川本流に沿って、藤原湖、洞元湖とのぼっていき、その最奥部にオーバーハングした131mの巨大な壁となって君臨しているのが矢木沢ダムである。 堰体横には展望台、資料館、トイレ、駐車場もある。…

奈良俣ダム(群馬県みなかみ)

ならまただむ。ならまた湖。 関東を代表するロックフィルダムと、ダム湖100選の貯水池。 堤高158mはロックフィルダムとして関東一の高さを誇る。全国で見ても長野県の高瀬ダム、岐阜県の徳山ダムに次ぐトップスリーに入る。また堰体積は徳山ダムに次ぐ二位と…

須田貝ダム(群馬県みなかみ)

洞元湖。 地元の俗称がダムの正式名称にとって替わった珍事例。 利根川水系八ダムのひとつで、「日本初の完全地下式発電所」「利根川ではもっとも早く完成したダム」(もっとも早く着工したのは藤原ダム)という目玉をもつダムである。 おもしろいことに、も…

藤原ダム(群馬県みなかみ)

藤原湖。 利根川水系8ダムでは最古。 多目的ダムであるが、玉原湖を下池とする揚水式発電の上池でもある。首都圏の水がめである利根川水系8ダムではいちばん古く、黒と白のツートン状態になった堰体はさすが迫力がある。 カヤックの人気フィールドでもあり…

大峰沼(群馬県みなかみ)

大峰沼湿原。 山腹にある湿原状の沼には、厚さ8.6mの巨大な浮き島が貴重植物をのせる。 大峰山というと深田久弥の『日本百名山』に採り上げられ、その書き出しで、「大峰山はわが国で最も古い歴史を持った山である。」と記され、現在では世界遺産の構成要素…

大峰古沼(群馬県みなかみ)

ミズナラに覆われる、アンチ・シシ神の森。 大峰沼への登山道をのぼっていく途上に見落としそうな小さな分岐がある。実際、大峰沼への往路ではGPSハンディナビに頼りすぎて見落としてしまった。 帰路、注意深く歩いていると古沼への分岐を示す案内板があった…

見晴荘の池(仮称)(群馬県みなかみ)

大峰沼への登山口に向かう林道の途上にある池。 周囲400mクラスのなかなか大きな池であるが、詳細は不明。天然湖のようにも見えるが、近くに見晴荘があり、下にももうひとつ池があり、人の手によるものなのかもしれない。バサーは入っているようだが、どんな…