読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,500湖

矢木沢ダム(群馬県みなかみ)

奥利根湖。 利根川本流の最奥部にある荘厳なアーチダム。 利根川本流に沿って、藤原湖、洞元湖とのぼっていき、その最奥部にオーバーハングした131mの巨大な壁となって君臨しているのが矢木沢ダムである。 堰体横には展望台、資料館、トイレ、駐車場もある。…

奈良俣ダム(群馬県みなかみ)

ならまただむ。ならまた湖。 関東を代表するロックフィルダムと、ダム湖100選の貯水池。 堤高158mはロックフィルダムとして関東一の高さを誇る。全国で見ても長野県の高瀬ダム、岐阜県の徳山ダムに次ぐトップスリーに入る。また堰体積は徳山ダムに次ぐ二位と…

須田貝ダム(群馬県みなかみ)

洞元湖。 地元の俗称がダムの正式名称にとって替わった珍事例。 利根川水系八ダムのひとつで、「日本初の完全地下式発電所」「利根川ではもっとも早く完成したダム」(もっとも早く着工したのは藤原ダム)という目玉をもつダムである。 おもしろいことに、も…

藤原ダム(群馬県みなかみ)

藤原湖。 利根川水系8ダムでは最古。 多目的ダムであるが、玉原湖を下池とする揚水式発電の上池でもある。首都圏の水がめである利根川水系8ダムではいちばん古く、黒と白のツートン状態になった堰体はさすが迫力がある。 カヤックの人気フィールドでもあり…

大峰沼(群馬県みなかみ)

大峰沼湿原。 山腹にある湿原状の沼には、厚さ8.6mの巨大な浮き島が貴重植物をのせる。 大峰山というと深田久弥の『日本百名山』に採り上げられ、その書き出しで、「大峰山はわが国で最も古い歴史を持った山である。」と記され、現在では世界遺産の構成要素…

大峰古沼(群馬県みなかみ)

ミズナラに覆われる、アンチ・シシ神の森。 大峰沼への登山道をのぼっていく途上に見落としそうな小さな分岐がある。実際、大峰沼への往路ではGPSハンディナビに頼りすぎて見落としてしまった。 帰路、注意深く歩いていると古沼への分岐を示す案内板があった…

見晴荘の池(仮称)(群馬県みなかみ)

大峰沼への登山口に向かう林道の途上にある池。 周囲400mクラスのなかなか大きな池であるが、詳細は不明。天然湖のようにも見えるが、近くに見晴荘があり、下にももうひとつ池があり、人の手によるものなのかもしれない。バサーは入っているようだが、どんな…

妙義湖(群馬県安中)

中木ダム。 多種多様な魚種をいろいろなスタイルで。 遊漁料が必要ながらレンタルボートもあり、いろいろなスタイルで釣りを楽しんでいる人々でにぎわうダム湖。 ダム湖とは思えないほど陸釣りもしやすく、ブラックバス、ヤマメ、イワナのルアーフィッシング…

芳ヶ平湿原の池塘群(群馬県中之条)

2,172m! 日本の国道最高地点から見おろす池塘群。 国道292号の芳ヶ平湿原沿いの区間は、かつては志賀草津道路という有料道路だったが1993年に無料開放され、驚きとともに喜んだ記憶がある。 現役で活動する火山帯を通るため、風下にあたる区間は駐停車禁止…

上野ダム(群馬県上野)

奥神流湖(おくかんなこ)。 揚水式発電としては、日本一の発電能力。 オートバイのツーリングコースとして人気の武州街道・国道299。この国道最大の難所が群馬県と長野県との境界となっている十国峠だ。これと平行してもうひとつの道がぶどう峠を越えている…

榛名湖(群馬県高崎)

県立榛名公園。 巨人の足跡が湖になったというダイダラボッチ伝説が色濃く残る榛名湖だが、榛名山の火山活動によって生まれた火口原湖。 いわゆるメジャーな「湖」としては、日光の中善寺湖に次いで日本で二番目の高所にあると喧伝されているが、池やダムを…

弓池(群馬県草津)

火口湖の中でも一回の噴火で形成されるマールに分類される。 湯釜とは草津白根レストハウスをはさんだ反対側にあり、国道上からも近くに見ることができる。 散策路が設けられているが2016年現在は、噴火警戒レベル引き上げのため立ち入りができなかった。bun…

湯釜(群馬県草津)

『百名山』に「全く思いがけない不意打ちの美しさ」と記された世界一の酸性湖。 深田久弥の名著『日本百名山』に採り上げられている草津白根山。その文章の中では、山についてよりも湯釜をはじめとする火口湖の美しさについて力説しているのが印象的である。…

西の河原(群馬県草津)

草津温泉近くの水辺公園にある池。 大露天風呂、釣り堀、無料大駐車場、トイレあり。 露天風呂入口。 釣り堀。 駐車場と案内板。中段写真の奥に見える建物はトイレ。 マークした場所は駐車場。

草津温泉湯畑(群馬県草津)

水辺としては異色の掲載となるが、全国的な有名な草津温泉の湯畑。 温泉宿に取り囲まれたこの池は草津のランドマークにもなっている。湯畑とは源泉の温度を調節したり、湯ノ花を収穫するための池で、まさに畑という言葉がふさわしい。

妙義北山の池(仮称)(群馬県富岡)

上毛三山パノラマ街道への入口にある池。妙義山の眺望がよい。

大尻沼(群馬県片品)

丸沼と堰体ごしにつながっている大尻沼。 湖岸の片側には国道、反対側には丸沼遊歩道が通じており、駐車場から入ることができる。丸沼まで歩くと1時間ほど。 トラウト類が放流されており、期間限定、ルアー・フライ限定、ボート釣り限定、キャッチアンドリ…

草木湖(群馬県みどり)

草木ダム。 2002年に一般開放が実施されたダム湖100選の水辺。 日光と桐生を結ぶ国道122号は、20年以上前の若いころはオートバイでよく走ったお気に入りの道だった。ただこの道沿いにある草木湖の印象はほとんどない。 これがダム湖100選に選定と分かった今…

あまが池(群馬県伊勢崎)

湧水あまが池。 一度目はアプローチ失敗。 2015年、他の池に行く途上、たまたま「あまが池」の道路案内看板を見つけ、誘われるように進んでみたが、線路まで行って道はどんづまり。そこに調整池のような池があった。これがあまが池? 看板で案内されたわりに…

菅沼(群馬県片品)

すげぬま。菅沼キャンプ村。 本州一の透明度を誇る標高1,731mの天然湖。 関東以北の最高峰である日光白根山の溶岩流によって生まれた本州一の透明度をもつ堰き止め湖。湖周6.5km、最深部は75mで、三つの池が連結したような形状をしている。 ふつうの地図で見…

バラギ湖(群馬県嬬恋)

カンパーニャ嬬恋キャンプ場。 関東で北海道の雰囲気を楽しめるレジャー性の高い水辺。 冷涼な高原気候を生かした大規模なキャベツ栽培で知られる嬬恋村は、北海道の大地を思わせる雰囲気がある。 標高1400mのバラギ高原にあるバラギ湖はかんがい用の人造湖…

伊香保国際カンツリークラブの池(仮称)(群馬県伊香保)

コンクリート護岸の小さな調整池のような池だが、へらぶな釣り場となっている。水面をのぞきこむと、確かにたくさんのへらぶなが。 地元自治会が立てた案内板には池名は「貯水池ダム」としか記されていなかった。どこでこの池のことを知ったのか思い出せない…

恵の園の池(仮称)(群馬県渋川)

福祉施設の恵の園の横手にある池。かつてはへらぶな釣りの固定釣り台が設置されていたはずだが、訪れたときは有刺鉄線がめぐらされ、杉木立の中の暗い雰囲気だけが印象に残った。

天神池(群馬県板倉)

天神池公園。 釣り用の水上デッキがあり、バーベキューも楽しめる。 天神池公園には主要構成要素の天神池、町指定天然記念物の肘曲り池、子どもが水遊びを楽しめるじゃぶじゃぶ池の三つがあります。まさに水辺に親しむことを目的とした公園のため、遊具など…

肘曲り池(群馬県板倉)

天神池公園。 大雨や洪水で水没してできた池を「押堀(おっぽり)」といいますが、谷田川のすぐそばにある肘曲り池もそのひとつです。 周囲300m級で、浅そうに見えるのですが最大水深が4.5mもあるというから驚きです。また2.7mという高い透明度を誇り、絶滅…

鹿の川沼(群馬県みどり)

岩宿の里公園、古代の里公園、岩宿遺跡。 日帰り温泉、国指定史跡の公園に囲まれた贅沢な釣り場。 国指定史跡・岩宿遺跡に隣接した鹿の川沼は、江戸時代に築造された溜め池を農業用水調整池に改修整備した池ですが、なんともぜいたくな立地の水辺です。 「古…

あさひの池(群馬県板倉)

この立地にありて奇跡的な開放性。 東武鉄道日光線の板倉東洋大前駅からキャンパスの方向へと歩きだすと、即座に視界に飛び込んでくるひろびろとした池である。ニュータウンに取り囲まれた景観要素の強い緑地として存在感を放つ。調整池機能も併せもっていそ…

高津戸ダム(群馬県みどり)

高津戸渓谷とわたらせ渓谷鐵道が誘う昭和浪漫。 堤高29mの地味な重力式コンクリートダムだが、水色に塗装されたラジアルゲートまわりなど、よく見るとなかなか味わい深い。ダム下流側は「関東の耶馬溪」とも称される高津戸渓谷とはねたき橋という遊歩橋もあ…

高津戸荘の池(仮称)(群馬県みどり)

結婚の森、高津戸公園。 要害山のハイキング路入口にむかって車路があり、どんづまりに高津戸公園の駐車場、トイレがある。このあたりは「結婚の森」という名で整備されている。高津戸ダムを見下ろす位置にあり展望台もあるが、高津戸ダム湖死角に入って見る…

いずみの公園の池(仮称)(群馬県板倉)

広いひょうたん形の調整池。南側の池岸には堂々たる東洋大の板倉キャンパスが。 北側の池は緑地公園化されており、護岸も釣りがしやすい形状になっており、へらぶな釣り師が竿を出していた。 南側の池。対岸に見えるのは東洋大キャンパス。 北側の池。左側に…

北海老瀬フィッシングセンター(群馬県板倉)

へらぶな管理釣り場。北に500mのところにも、へらぶな管理釣り場、南に1kmに二つのへらぶな管理釣り場・・板倉一帯は、おそらく日本一のへらぶな管理釣り場密集地だろう。

行人沼(群馬県板倉)

谷中湖西方の板倉野池群のひとつ。皿池形状で細い車路が池岸を通る。 この行人沼は自然観察案内版が立っており、それによると県内でも数少ない貴重な植物の生息地ということである。

七五郎沼(群馬県板倉)

谷中湖西方の板倉野池群のひとつ。皿池形状で周辺が荒れ地と宅地で池面に近づくことができず、遠目に眺むるのみとなった。

賀茂神社の沼(仮称)(群馬県板倉)

北関東屈指の広大な調整池である谷中湖の外輪に位置する沼。主要県道からも見えるいい沼なのだが、名前が分からない。 南に3kmほどのところに道の駅がある。

早川ダム(群馬県みどり)

早川貯水池。 大間々の農業用水として30kmものパイプラインで供給されている。 駐車場、トイレあり。立入禁止、釣り禁止。 近くには紅葉で有名な高津戸峡がある。 駐車場・トイレと看板類

金山湖へら鮒センター(群馬県太田)

少しばかりひなびた味わいのへらぶな管理釣り場。自動計量器あり。桟橋13尺まで。最深部3m。

大堤(群馬県みどり)

池西岸は道路が通り水辺公園として広場、トイレ、駐車場がある。 アシの茂った岸とコンクリート護岸が半々。「あぶない」の看板があるが、へらぶな用の固定釣り台が朽ちたようなものがあった。 駐車場と広場 マークした場所に駐車場15台。

天野沼(群馬県伊勢崎)

天野沼こども釣り場。 年輩の釣り師が占める「こども釣り場」? とても小さい池ながら、伊勢崎を代表するへらぶな釣り公認の野池。鯉、くちぼそ、ヘラブナ、タナゴ、金魚を対象魚とした「天野沼こども釣り場」という名称も見られるが、実際には高齢のへらぶ…

五反田沼(群馬県伊勢崎)

白龍神社の門前池になっており、鳥居、欄干、社殿屋根の赤が池を不思議な空間にしている。スワンボートがあるので遊覧もできるのだろうか。 bunbun.hatenablog.com

両毛の水辺

群馬県と栃木県南部を網羅する両毛文化圏は、東西を北関東自動車道が貫き、南北は関越道、東北道が走る。北は赤城山からなだらかにつづく足尾山地が広がり、その縁に沿うように渡良瀬川が流れ、南に平行する利根川とのあいだに広がるエリアで、狭義には県境…

西小保方沼(群馬県伊勢崎)

涙の会見で「STAP細胞はあります!」と訴えた小保方さんの姿に、「それでも地球はまわる」と宗教裁判でつぶやいたガリレオ・ガリレイをかさねた男性諸氏も多かったのではないか。(なぜか女性でそう思った人の話は聞いたことがない) ことの真相はともかく、…

天神沼(群馬県伊勢崎)

皿状の池。工事で水抜きしていた。 木の形といい、名前といい、水がなくてもどこか凄味を感じる。池の周囲に遊歩道あり。

新沼(群馬県伊勢崎)

円形の中の島をもつ比較的大きな池だがコンクリート護岸のせいか、憩いたくなるような余裕が感じられず、工夫のない名前も含めて、やや残念な池である。

鯉沼(群馬県伊勢崎)

鯉沼。シンプルな名前ながら意外に珍しい池名である。 工事減水中。このような減水の中でもたくましく泥を這う鯉の姿を全国のあちこちで見かけたことがあるが、鯉沼では鯉らしき姿は確認できなかった。

大沼(栃木県那須塩原)

大沼公園。大沼の森。 モリアオガエル生息地。ビジターセンターと駐車場があり、そこから徒歩で林間を抜け、ヨシ原の中の木道を歩いていくと大沼の水辺が現れる。大沼という名前だが、ほとんどは湿地で水面は少ない。厳しさの中にやさしさがある風景。夕方は…

薗原湖(群馬県沼田)

薗原ダム。 心霊スポットとして知られる場所だが、カヤックや釣りなどアウトドアの穴場フィールドでもある。しかしダム湖はなぜ心霊スポットが多いのだろう。慰霊碑のあるダム湖には、たいがい何かそんな噂が広がる。霊は水がたくさんあるところを好むのだろ…

玉原湖(群馬県沼田)

たんばらこ。玉原ダム。 東京電力の揚水式発電の上位貯水池。 北関東、奥利根の代表的なレジャーレイクである藤原湖を下位貯水池とした世界最大クラスの揚程(ポンプが汲み上げる水の高さ)を誇る揚水発電の上池。 釣り、ボート禁止。ほか管理所内での犬散歩…

大沼(群馬県前橋)

大沼【おの】赤城山、百名山。 百名山・赤城山頂1354mに位置し、山のシンボルともいえる湖。 大沼と書いて正式には「おの」と読む。古くから登山、観光、レジャーで親しまれた赤城山は三つの鼎状の峰によってかたちづくられ、三峰に囲まれるように水を湛えて…

覚満淵(群馬県前橋)

バスターミナルを兼ねた赤城山ハイキングの拠点。 バスターミナルにもなっている赤城ビジターセンターから遊歩道を歩けば、すぐに樹林が途切れ湿原状の覚満淵が見えてくる。標高1360mで下界が晴れていても霧に包まれることも多い。訪れた日もちょうどそんな…

血の池(群馬県前橋)

男嫌いの女の血の色。でもじつは因果なプランクトン。 昔、男に言い寄られるのを苦にする美しい女がいた。こう言えば男も寄りつかないだろうと、井戸を掘って水が出たら結婚してもよいという難題を出したら、根性で井戸を掘り当てた男が出てきた。女はショッ…