読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,500湖

伊豆沼(宮城県栗原)

いずぬま。 国天然記念物とラムサールのダブル指定。渡り鳥の聖地は、ブラックバス受難の聖地でも。 「伊豆沼・内沼の鳥類およびその生息地」として、近くにある内沼とともに国の天然記念物およびラムサール条約登録湿地にも指定。 周囲20kmクラスの広大な水…

桝沢ダム(山形県金山)

ますざわだむ。 水辺の三大禁止項目ではなく「飲酒禁止」の看板が。 山形県内陸部の農業用ダム。西日本であれば、ちょっと大きな溜池といったぐらいの貯水池だが、その水がめを支えるのは高さ50mを越える堂々たる重力コンクリート式ダム。 レジャー要素皆無…

山形の湖沼群(山形県)

陸っぱり釣り人を魅了する高原湖沼の宝庫。 山形市周辺は、へらぶな、ブラックバスともに陸釣り派の釣り人にとっては魅惑的な湖沼が多い。 市街地には、中心部の城趾公園である霞城(かじょう)のお堀があり、東には三本木沼など蔵王西麓の高原湖沼群、西に…

羽竜沼(山形県山形)

土地伝説の「羽衣べら」が。 羽竜沼に棲息するといわれる羽衣をまとったようなへらぶな。 少し話ができすぎていると思いつつも惹かれて調べていると、なんと写真が出てきた。2015年8月に撮影されたもので、地元の釣具店員が底釣りで釣り上げた際のものだった…

鴨ノ谷地沼(山形県山形)

蔵王連峰の西麓側、山形市と上山市の市境に位置する周囲1.5kmクラスの大きな池。15m以上はありそうなアースダムの堰体があることから、ため池として築造されたと考えられる。 蔵王温泉街からほど近いことから、温泉客のちょっとした散策路になっているのだろ…

大柳沼(秋田県東成瀬)

大柳沼自然公園。 山上にひっそりたたずむ穏やかな水辺。 標高500m、山上湖のようなさわやかな立地を生かし、野営場然とした大柳沼自然公園キャンプ場が池畔に設けられている。 国道から狭い上りの枝道に入って3kmほど進むと、大柳沼自然公園キャンプ場の入…

大柳上沼(秋田県東成瀬)

大柳沼の上に位置する湧水を水源とする森林の中の沼。池畔を林道が通っており車でもアクセスできるが駐車スペースはなく、観光的な設備もない。 単に「上沼」と地図には記載されていたが、地元では下にある大柳沼を「下沼」と呼ぶこともあるようなので、水辺…

田瀬湖(岩手県花巻)

たせこ。田瀬ダム。田瀬湖ふれあいランド、田瀬釣り公園。 ダム湖100選にもなった、岩手きってのレジャーレイク。 「日本初の国営ダム」というタイトルももつ田瀬ダムは、田瀬湖ふれあいランド、田瀬釣り公園など湖畔にレジャー施設をもち、キャンプ、ボート…

霞城のお濠(山形県山形)

かじょう。霞城公園。 都市公園100選と日本百名城ダブル獲得の水辺で釣りもできる。 「霞城」「霞ヶ城」とも呼ばれる山形城は日本百名城にも選ばれた東北の雄、最上氏の居城として築城された。城郭跡は都市公園100選の霞城公園として整備されており、広い駐…

早池峰ダム(岩手県花巻)

はやちねだむ。早池峰湖。 百名山「早池峰」の名を冠した多目的ダム。 民話の里として知られる遠野を見おろす主峰、早池峰山。この美しい名に憧れ、長いこと行ってみたいと思っていたものの、百名山の著者、深田久弥が「僻煙の地」と記すほどの場所で、また…

八幡平の湖沼群(岩手県八幡平)

百名山に「楽園」と書かれた山頂の湖沼群。 八幡平(はちまんたい)は深田久弥の『日本百名山』のひとつに挙げられているテーブル状の平坦な頂きをもった山。一応は頂上展望台というものがあるが、そこから見渡してもただアオモリトドマツの原野が広がるだけ…

島沼(岩手県八幡平)

松尾鉱山緑が丘団地。 廃墟の東横綱と呼びたい、雲上の楽園跡。 いまや廃墟マニアのみならず広く一生に一度は行きたい観光地となった長崎県の軍艦島を西横綱とするならば、東の横綱には、ここ松尾鉱山跡地を推したい。 軍艦島が海に浮かぶ水上廃墟なら、こち…

西大島ダム(山形県鶴岡)

一見、砂防堰堤のように見えるが、発電用の取水堰とのこと。ダム管理者用の吊り橋がかかる。 アクセス路の国道は冬期通行止め。

松尾鉱山の貯泥池(岩手県八幡平)

松尾鉱山跡。貯泥ダム。 半世紀前の「東洋一の鉱毒」を今なお中和しつづける。 八幡平(はちまんたい)の中腹、標高900mのなだらかな山麓に、かつて東洋一といわれた硫黄の鉱山があった。 この松尾鉱山は1969年に廃坑しているが、その後、坑跡から出る大量…

高石野ため池(岩手県八幡平)

岩手山からの伏流水をあたためる温水ため池と貯水池の機能をもっているようだが、訪れたときはほとんど水が抜けた状態だった。 展望台や水上デッキもある見晴らしの素晴らしい池で、目の前には大型直産店、八幡平サーキットがある。池の維持管理はしっかりな…

化女沼(宮城県大崎)

化女沼ダム、化女沼古代の里、化女沼レジャーランド、宮沢遺跡 観光ツアーも組まれるほどで、今や廃墟マニアの聖地とも。 「化女沼」とはなんとも凄みのある池の名前だが、その名をさらに全国に知らしめたのが、今や廃墟マニアの聖地とも呼ばれる化女沼レジ…

小泉大堤(山形県新庄)

新庄市北側に広がる農地をはさむように丘陵部に多くのため池と農業用ダムが見られる。 小泉大堤は二車線路沿いにありアプローチが容易な牧歌的な水辺だが、堰堤などに立入禁止の看板が立っていた。古くて字が読みにくい石碑が二つ立っていたので、ある程度の…

小以良川ダム(山形県新庄)

こいらがわだむ。 地図によっては「川」の文字のない「小以良ダム」という表記もみられる。 新庄の小規模ダム群のひとつだが、アプローチ路がおよそ1kmほどのダートで、道がぬかるんでいたためハイエースで入ることは断念した。折りたたみ自転車で進軍したい…

月山弓張平公園の池(山形県西川)

月山弓張平公園は、オートキャンプ場やスポーツ施設のある広大な公園。 キャンプ場入口の芝生広場の一角に公園用に造成されたと思われる池があった。柵もなく、自然な雰囲気の護岸で、どこかファンタジックな水辺である。 マークした場所は月山弓張平公園の…

五色沼(山形県西川)

一里が十里にも感じるほど険しい峠越えの道だったため、「六十里越街道」という呼ばれたルートは現在では国道112号の旧道となっている。この道沿いに小さな温泉街があり、隣にこの五色沼がある。完全に温泉ホテルなどの借景状態で、道路側からはあまり眺望が…

古竜北沼(仮称)(山形県山形)

古竜湖キャンプ場。 子どもの夏休みを中心とした7月中旬から9月上旬という短い期間限定ではあるものの、蔵王西麓に穿たれた池畔という素晴らしい立地に市営のキャンプ場がある。 中心となる池には「古竜湖」とレジャー感が演出された名が与えられているが、…

北沢池(福島県郡山)

堤高19mのアースダムである下北沢ダムによってできた農業用貯水池。 堰体から湖面上に監視所のような建物が突き出している。池は養鯉場としても利用されているらしく、鉄製の浮き桟橋も見られた。 無人だったがラジオがついていて、ついさっきまで人がいたよ…

堂尻池(福島県郡山)

どうじりいけ。 郡山市街地の西側に広がる山麓を走る県道が橋梁によって池の真ん中を横切っている。堰体が北と南の両側にあるような感じで、コオモリが羽根を広げたような不思議な形状をしている。 橋の両たもとに駐車スペースあり。 鯉の養殖池かと思わせる…

土堀沼(福島県喜多方)

土堀沼釣場。 「土堀沼釣場」の名で看板とともに釣り桟橋も設置されており、有料のへらぶな釣り場としてにぎわった時代もあったのだろうか。今は少々、廃墟のような雰囲気になっているが、ときおり水面を割って魚のもじりがあった。 へらぶな釣りは日券500円…

御釜(宮城県蔵王)

五色沼。 百名山・蔵王の山頂近くにある火山由来の天然湖。 片側だけ庇のようにせり上がった独特の地形が、湖畔に影を落とし水の色を印象深くしている。この湖相によって全国あちこちにある「御釜」や「五色」と銘打たれた水辺らの中でも強烈なアイデンティ…

つぶ沼(岩手県奥州)

つぶ沼園地キャンプ場。 池畔に草地が広がるつぶ沼。 無料キャンプ場、有料バンガローがあり、焼石連峰の登山拠点として最適。 案内板のつぶ沼に、さりげなく釣り人のイラストが描かれているが、地元の人によるとワカサギが釣れるそうである。 駐車場は広い…

胆沢ダム(岩手県奥州)

奥州湖。 日本最初のロックフィルダムが眠る奥州湖。 胆沢ダムは国内屈指のスケールをもつ新しいロックフィルダム。高さ100mを越えるロックフィルダムはまさに要塞の貫禄。特に堤長は723mもあり、その長さ日本一。正面から見ると、まるで「進撃の巨人」に出…

玉川ダム(秋田県仙北)

たまがわだむ。宝仙湖。 強酸性の青い湖水を中和させる目的も。 玉川ダムがつくる宝仙湖は、強酸性の青い湖水が目にまぶしい。 高さ100mの堰体は迫力があり、ダム資料館、展望台、トイレ、駐車場など一般向けの施設も充実。このダムは玉川の水に含まれる強酸…

鎧畑ダム(秋田県仙北)

よろいばただむ。秋房湖。 強酸性に耐えるダム。 温泉成分を含む玉川は、一種独特の景観で若いころオートバイで走ったときに印象に残っていた。この独特の川の表情をつくっているのが水に含まれる強酸性の温泉成分。かつて、この水を田沢湖に引いたために固…

タキタロウ館の池(山形県鶴岡)

伝説の未確認巨大魚を求めて? 山形県と新潟県の隔てる脊梁山脈である朝日連峰。その山奥にひっそりたたずむ大鳥池は、タキタロウという伝説の未確認巨大魚をめぐって衆目を集めて久しい。 交通網が発達した現代においても、池に行くためには片道3時間を歩…

八幡沼(岩手県八幡平)

はちまんぬま。 八幡平山頂湖沼群の筆頭格は、国内唯一のアスピーテ型の火口湖。 八幡平の「八幡」とは、東北各地で伝説の残る八幡太郎(源義家)と何らかの関係があるかもしれないし、みちのく遠征でここを訪れた征夷大将軍・坂上田村麻呂がその絶景に感激…

ガマ沼(岩手県八幡平)

がまぬま、蟇沼。 蟇沼ではなく、釜沼? 八幡平湖沼群のひとつで、なだらかな頂上原野に穿たれた火口湖。 山麓にも同名の蟇沼があるが、そちらには沼の主の「蟇」(がま)と美女にまつわる伝説が残されていることや、頂上のガマ沼は火口湖であるので、「蟇沼…

赤沼(岩手県八幡平)

五色沼。 季節によって水の色が激変する神秘の沼。 八幡平湖沼群のひとつで、標高900mの山麓湿原にある沼。 御在所沼とは、あぜ道のような細く低い土手を隔てているだけなのに、二つの沼の水質は隔絶の感がある。また、岩手県でもっとも早い季節からスキーが…

御在所沼(岩手県八幡平)

御在所湿原の木道を歩いてアクセスする水辺。 八幡平湖沼群のひとつで、標高1000mの山麓湿原にある沼。 売店やトイレのある比較的広い駐車場から沼へと至る片道25分ほどの軽ハイキングコースが整備されており、湿原の中を木道で歩く気持ちよさは格別。やがて…

夜沼(岩手県八幡平)

八幡平湖沼群のひとつで、標高1200mの山麓に形成された台地に広がる原野に四つの池が穿たれている。熊沼の隣に位置し、標高の高い方が湿原状に開けており、上から眺めるだけでも魅力を感じる水辺である。夜沼という名前もいい。 写真は八幡平アスピーテライ…

熊沼(岩手県八幡平)

八幡平で「熊」といえば、歴史に残る2016年の事件。 八幡平湖沼群のひとつで、標高1200mの山麓に形成された台地に広がる原野に四つの池が穿たれている。 熊沼という名前がついているぐらいだから、岸辺を真っ黒な熊が歩いていてもおかしくなさそうな雰囲気で…

石ガタ沼(岩手県八幡平)

八幡平湖沼群のひとつで、標高1200mの山麓に形成された台地に広がる原野に四つの池が穿たれている。写真の手前、木々の間からわずかに見えるのが熊沼で、その奥(写真中央あたり)に見えるのが石ガタ沼。 写真では捉えることができなかったが、さらに奥のテ…

大沼(岩手県八幡平)

その昔、沼のほとりで漁をして暮らした風狂の人がいた。 八幡平湖沼群のひとつで、標高700mほどの山麓にある池。 上から見る限り完全に原生林に取り囲まれており、容易に近づけそうにはない。八幡平アスピーテライン沿いに「大沼」の看板があり、そこから見…

めがね沼(岩手県八幡平)

八幡平湖沼群のひとつで、なだらかな頂上平原にできた二つの火口湖がつながり、めがねのような形状となっている。 めがねの左側の池。 めがねの右側の池。 左右のめがねの接合部。 コースの案内板。 八幡平水辺マップ。水辺遍路謹製。 マークした場所は無料…

鏡沼(岩手県八幡平)

八幡平湖沼群のひとつ。火口湖ということだが、なだらかな八幡平頂上にこのような池が点在する。 女性的でなだらかな八幡平の山容は、噴火の際に出た溶岩がさらさらしていたために生まれたものだろうか。 コースの案内板。 八幡平水辺マップ。水辺遍路謹製。…

不思議な凹地(岩手県八幡平)

八幡平湖沼群のひとつ。百名山にも記されているように、八幡平は頂上がよく分からない。ただ漠としたトドマツ原野の拡がりとなっている。 クマザサに覆われて、まるで落とし穴のように穿たれた不思議な穴。底には水がたまっている。直径は2、3mほどだろう…

山ノ入ダム(福島県二本松)

あだち湖。 市が管理する素朴な小規模ダムだが、あだち湖という愛称が与えられている。とはいっても観光的な要素は特になさそうで、かろうじて湖岸を歩ける道がある程度。 おもしろいのは「釣り注意!」という全国的にもめずらしい看板が立っていた。「釣り…

月山湖(山形県西川)

がっさんこ。寒河江ダム。 「月山ダム」と「月山湖」は、まったくのベツモノです。 名前も似ているし地図上では隣合っているように見える月山湖と月山ダムだが、実際に現地に行ってみると800年の歴史を誇る難所「六十里越」旧国道の起点と終点に位置している…

万内堰(岩手県水沢)

「ブラックバス駆除大作戦」で700尾もの外来魚を駆除。 2012年、地域住民による「ブラックバス駆除大作戦」によって700尾におよぶ外来魚が駆除された。ランカークラスもかなりいたようである。 現在は主要な場所は有刺鉄線のあるフェンスが立ちはだかり、立…

遠野ダム(岩手県遠野)

新車の匂いがする遠野第二ダムに対して、すぐ上流側にある遠野ダムは色褪せたコンクリートが年季を感じさせ、二門の常設洪水吐から出た白い水がまぶしい。 天端はかろうじて車両も通行でき、来内川(らいないがわ)右岸の道に渡ることができる。 堰体脇に駐…

遠野第二ダム(岩手県遠野)

遠野の町を洪水から守る最終砦。 遠野ダムのわずか1.5km下流に、平成になって建設された県営の重力式コンクリートダム。 ダムの500mほど下流から遠野の市街地が広がり、100年に一度の洪水から町を守る最後の砦として鎮座している。このダムは全長2kmの洪水吐…

八幡平大沼(秋田県鹿角)

茶屋湖。 八幡平西麓ハイキングの拠点にある水辺。 東北の観光道路として有名な八幡平アスピーテラインの八幡平ビジターセンターの真正面に広がる天然湖沼。断層によってできたくぼ地に水がたまったもので、南側には湿原が発達していていて「茶屋湖」の愛称…

田沢湖(秋田県仙北)

423mは水深日本一。絶滅したと思われた固有種クニマスがひょんな場所で。 この湖の固有種で長らく絶滅されたとされていたクニマスが、遠く離れた山梨県の西湖で発見され、この再発見に貢献したさかなくんの名声とともに全国で脚光を浴びた田沢湖。 水深423m…

田沢沼(山形県大石田)

大堤。 大石田の野池の代表格。 葉山を振り仰ぐ田沢沼は「大堤」とも呼ばれ、大石田野池群でも規模、雰囲気ともに代表格の農業用ため池。中島がひとつあり社殿があり、渡ることができる。 釣り場として公認されているようだが、釣果等の報告はなぜかあまり見…

小山ヶ沢溜池(山形県大石田)

こやまがさわためいけ。小山沢ダム。 一帯の農業用水確保のためには江戸時代に新庄藩主の命で大堤が造られていたが、昭和に入っての連続旱魃で旧横山村民らが大堤の上に新しいため池の建設を決意。その沿革が気合いの入った記念碑として刻まれていた。 スペ…