読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,700湖

道祖土池フィッシングセンター(埼玉県さいたま)

さいどいけ。道祖土園。 2014年あたりに廃業か? 住宅地の中にありながら大型主体のへらぶな、鯉釣り場として大人気とのことだったので楽しみに訪れてみたが、ぐるぐる歩けどいっこうにそれらしき場所が見つからない。 航空写真では確かにかなりの規模の釣り…

水鳥の池(東京都立川)

昭和記念公園。 JR西立川駅北口が公園正面入口に直結しており、電車でのアクセス性抜群の昭和記念公園は、国営の公園である。 駐車場も三ヶ所にあり、園内には流れるプールや、バードサンクチュアリ、日本庭園もある。 メインの池である水鳥の池は、遮水シー…

二ツ池(東京都東大和)

二ツ池公園。 多摩湖南岸側の高台に広がる住宅地内にある公園化された池。

旧芝離宮恩賜庭園の池(東京都港)

汐入の池も現在は淡水化し鯉が泳ぐ。 海水を引き込み潮の干満を景観要素として加え、直線的な橋(堤)をもつ庭園構成は、中国の西湖をモデルにしたといわれている。この構造をもつ池は、すぐ近くの浜離宮恩賜庭園、和歌山にもあるが、芝離宮庭園の池は現在は…

六義園(東京都文京)

藩主みずからが七年かけて掘った池。 元は武州川越藩の江戸屋敷。和歌山をはじめとする古来の歌枕・名勝の地をモデルとし、理想の景観88ヶ所を庭園内の空間に再現するべく、藩主みずからが設計・作庭にたずさわった回遊式築山泉水庭園の意欲作。 池を中心に…

心地池(東京都北)

旧古河庭園。 武蔵野丘陵の南斜面を利用して作庭された和洋折衷の庭園。 斜面の上に欧米人設計によるゴシック調洋館を配し、明るい洋風ガーデンを経て斜面下に日本人による回遊式泉水庭園がある。 なお心地池というのは日本庭園内の池によく使われる名称で、…

品川フィッシングガーデン(東京都品川)

ナイトタイムは、お酒を1人1本持ち込みOK。 かつてはタナゴ釣りもできる都心の有料釣り場としてメディアにもよくとりあげられていた。タナゴ釣りは自分の道具を持ち込む場合は持ち込み料金がかかるというちょっと変わった料金システムで、ぜひひ挑戦してみた…

柳沢の池(東京都八王子)

柳沢の池公園。 ニュータウン造成前の八王子の姿が保存。 湧き水を水源とし江戸期に築造されたとみられる灌漑用のため池。 多摩ニュータウン内の高層マンションや首都大学東京が作りだす瀟洒な町なみの中にあって、往時の八王子の景観をしのばせる貴重な緑地…

滝野川公園(東京都北区)

たきのがわこうえん 駅から100mの親水公園。 都内の防災拠点にもなっている公園。 人工の親水池とせせらぎがあり水遊びができる。訪れたときは冬場だったためか水がなく、あらわになった石の池底で子どもが遊んでいた。 アスレチック、遊歩道、テニスコート…

長池(東京都八王子)

長池公園。 多摩ニュータウンに眠る悲しい伝説の池 はるか南北朝の時代、戦乱の中で一五歳で薬師如来像を抱いて入水した浄瑠璃姫の悲話が残る。のちにこの長池で近くの住職が薬師如来像を発見した。この薬師如来像はさらに時代をさかのぼると、大磯の海で漁…

築池(東京都八王子)

つくいけ。長池公園。 ニュータウンの中に残された八王子の豊かな自然。 台地の谷筋に沿った四連の池のうち規模がいちばん大きいのが築池である。池岸に遊歩道や水上デッキも整備されている。コイやブラックバスがいるが釣りは禁止。 堰堤横に広場があり、バ…

姿池(東京都八王子)

ニュータウンの中に長池公園として残された八王子の豊かな自然。 姿池は築池(つくいけ)の堰体下の二連の池で、コンクリート造りながら水に親しめる水辺空間が演出されている。 長池の方に駐車場がある。詳細は長池の項を参照 長池(東京都八王子) - 水辺…

首都大学東京の池(仮称)(東京都八王子)

首都大学東京の敷地内にあり、池の周りに遊歩道がついている。 公道側から一般の人も入れる。池は水が少なかったものの、たくましく鯉が泳いでいた。

由木めぐみ野公園のビオトープ(東京都八王子)

草止めと魚巣ブロックの護岸 ゆるやかな東斜面の住宅地内にある小規模な親水公園。護岸を草止めにしたせせらぎが人にやさしく、魚巣ブロックは増水時や渇水時に魚類のシェルターとなり魚にもやさしい。 キュウシュノウサギ、ヤマアカガエル、エナガ、ハクセ…

多摩テック下の池(東京都八王子)

淡水へら鮒会池。 八王子郊外の谷戸にある会員制のへらぶな釣り場。 アクセス路 周辺の景観

滞水池(東京都八王子)

平山城址公園。 東京薬科大学の敷地内にあり、正門側からは入れなかった。池の水は薬科大学の薬草園に利用されているようである。

清澄庭園(東京都江東)

都指定の名勝。回遊式林泉庭園。 元は大名の下屋敷の庭園だったものを岩崎弥太郎が改修。 北側にある清澄公園は無料の一般公園として開放されているが、清澄庭園は入園料が必要。 鯉、ブルーギルを確認。 園内に俳聖・松尾芭蕉の句碑もある。 清澄庭園|水辺…

有栖川宮記念公園の池(東京都港)

旧盛岡藩主南部美濃守の下屋敷。明治になって有栖川宮、ついで大正時代には高松宮の御用地となった。 野球場、テニスコートもある。 都心にありながら、池ではのんびりタナゴ釣りやふな釣りに興じる人の姿もあり、都市公園の理想のかたちのひとつといえよう。…

池田山公園の池(東京都品川)

いけだやまこうえん。池田山公園。 起伏のある高級宅地の集まった台地に造園され、こじんまりとしながら、しっかり回遊式庭園になっている。錦鯉、亀が遊泳している。それもそのはず、由来は元岡山城主池田家邸宅の奥庭部分。 アクセス路狭い。 遊歩道、トイ…

水元公園(東京都葛飾)

都立水元公園釣仙郷。小合溜。 入口に立っている「釣仙郷」の看板に誘われて足を踏み入れると、ふっと木々の緑に濾過された水の匂いがした。 ここ水元公園は、江戸川の旧河道(三日月湖)を利用した広大な水辺空間で構成される都立公園。水郷と呼べる規模を…

芭蕉庵跡の池(仮称)(東京都江戸川)

ばしょうあんあとのいけ。 「おくのほそ道」出発の前に俳聖・松尾芭蕉が住んだ庵の場所がだいたいこのへんであった。近くには芭蕉稲荷や江戸川区芭蕉記念館がある。 ふるいけや 蛙とびこむ 水の音 芭蕉庵を描いた絵には古池がみとめられるが、この池は残念な…

曳舟川親水公園(東京都葛飾)

ひきふねがわしんすいこうえん。 亀有から四つ木まで道路の真ん中に延々と3kmにわたって細長くつづく親水公園。 この細長い公園には、「水」をテーマに往時の面影を後世に残すというロマンが込められている。 水遊び場、自然景観水路、芝生地ゾーン、広場ゾ…

ヒルズ池(東京都港)

毛利池、ひょうたん池、ニッカ池、六本木ヒルズ いわくも多い池ならば、その名もいわくの数だけあるということだろうか。 六本木ヒルズ内という都心でも最高峰の立地にありながら、この小さな池には、毛利池、ひょうたん池、ニッカ池とさまざまな名がある。 …

桜花亭の池(東京都足立)

花畑記念庭園桜花亭。花畑公園。 池泉廻遊式の日本庭園である。桜花亭の施設は足立区制50周年を記念して昭和59年に建てられた。隣は花畑公園。 外に堀割を持ち、中の日本庭園に通水し、池泉廻遊式の園内には滝やあずまやも設けられている。また園路はバリア…

檜町公園の池(東京都港)

ひのきちょうこうえん。 六本木駅から250mという都心の立地にありながら渓流の表情を模したという造園がなされている。道標のデザインなど、まるでアート。 江戸時代の毛利家の下屋敷、通称「「檜屋敷」」が起源でありその庭園「清水園」は名園の呼び声が高…

がま池(東京都港)

名テレビ番組「ぶらたもり」でも紹介されたことのある都心の池。 周囲を建物に囲まれており立ち入りはできないが、南側のコインパーキングの奥まで行くと、竹林のあいだからわずかに水面を眺めることができた。 情報は次のサイトがくわしい。 六本木、麻布十…

弁慶堀(東京都千代田)

弁慶フィッシングクラブ、弁慶橋ボート場 永田町。この日本の政治中枢にボートでのルアー・フライフィッシングができるという、おそるべき有料釣り場がある。 ルアーでのメインターゲットは夏期はブラックバス、ライギョ。冬期はトラウト。フライフィッシン…

潮入の池(東京都中央)

浜離宮恩賜庭園 首都圏の季節のたよりとしてメディアにもよく登場する浜離宮。3月には菜の花、8月にはキバナコスモスが園内を彩る。 園内にある「潮入の池」は東京都内で唯一の海水の池。ボラ、セイゴ、ハゼ、ウナギが住む。 入場料必要。 潮入りの池のほ…

弁天フィッシングセンター(東京都東久留米)

2009年にリニューアルオープンした、都内ではもっとも新しい(?)へらぶな管理釣り場。 水質はクリア。赤いへらぶながいるとか。 貸し竿つきの金魚釣りのほか、鯉釣りもあり、ファミリーフィッシングも楽しめそう。 駐車場数台あり。 弁天フィッシングセン…

洗足池(東京都大田)

「せんぞくいけ」と読む。大池、千束郷の大池とも。 湧水を水源とする灌漑用ため池。 江戸時代にはすでに景勝地として人々を集め、安藤広重の画材にもなっている。日蓮上人が袈裟をかけたと言われる「袈裟掛けの松」も今や3代目。広重の絵にも柵で囲った松…

神明山公園(東京都東久留米)

住宅地の中の水辺のあるポケットパーク。地元の人たちが植栽など手弁当で管理している。 鯉と亀がいて庭の池のような雰囲気。駐車場なし。

落合川水生公園(東京都東久留米)

住宅地の中にあるビオトープのような水辺空間を中心にポケットパークとして整備。まるで園芸家が設計したかのように植生が豊か。 もし自分の庭があったらこんな池がほしいものだ。駐車場なし。 落合川水生公園|水辺遍路

水元小合内溜(東京都葛飾)

水元公園、水元小合内溜釣り場。 水元公園の入口に立っている標柱のような看板には「釣り仙境」の黒い文字が目を引く。 これほどの規模と良好な管理状況を維持している都心近くの大型公園が「釣り仙境」を公言するのは驚きというほかない。 水元公園を構成す…

西沼(東京都足立)

西沼公園。 住宅密集地のなかにある小さなオアシスのような水辺。へらぶなだろうか、釣り師が短竿を出していた。 小さい池ながら、緑があふれ野趣がある。親水せせらぎや広場があり、子どもたちの遊び場にもなっている。 西沼|水辺遍路

怪無池(東京都葛飾)

「けなしいけ」・・めずらしい名称である。「怪」(け)「無」(なし)池という字があてられたり、「毛」「無」池とあてたり、諸説あるが、いずれにしてもそれぞれの字に沿った言い伝えが残っている。この池は、かつて中川が決壊した際にできた池で白蛇が棲…

勝島の海(東京都品川)

しながわ区民公園。しながわ水族館。鈴ヶ森刑場跡。 しながわ水族館や湖上レストランが岸辺に立ち、遊歩道はゆるやかな起伏があって景色の変化が楽しい。水質はやや問題があるが野鳥は多い。 そんな場所だが、江戸時代には刑場だった鈴ヶ森とはここのこと。…

スーパーフィッシング足立店(東京都足立)

都内最大級の室内釣り堀を謳い、祝祭感があふれる。京成関屋駅の目の前という好立地ながら駐車場もある。 夏はエアコン、冬は暖房のきいた室内ながら水深70センチほどあり魚の姿はあまり見えないのでスリルがある。なんといってもチョウザメをはじめ、50セン…

柳原千草園の池(東京都足立)

やなぎはらちぐさえん。 製紙工場の跡地に作られたミニ公園。鉄工所などの中小の工場と住宅が密集し、アクセス路は狭い。 植物はサクラ、シャクナゲ、モミジ。 より大きな地図で 水辺遍路(首都圏) を表示

東綾瀬公園の池(東京都足立)

ひがしあやせこうえん。 逆L字形の川状の公園池。 巨大な鯉が泳いでいた。 園内には遊歩道、トイレ、球場、広場がある。

金町公園の池(東京都葛飾)

かなまちこうえん。 柴又街道から一本入った場所にあり、「男はつらいよ」の舞台の帝釈天も近い。 地元の年輩たちがラジオ体操をしていた。

青戸平和公園の噴水池(東京都葛飾)

あおとへいわこうえん。 非核の願いを込めた平和公園。訪れた日は、ちょうど広島の原爆記念日と長崎の原爆記念日のあいだ。千羽鶴のとりどりの色がまぶしかった。

弁天池(東京都大田)

ほんもんじこうえん。本門寺公園。池上本門寺。 池上本門寺は、なんと日蓮宗の大本山。あとで知って驚いた。 たまたま訪れたときは、都内にあるふつうの公園だと思った。公園内の遊具で遊ぶ子どもたちに後光がさし、思わずファインダーを向けた。(写真) さ…

戸越公園の池(東京都品川)

とごしこうえん。戸越公園。 戸越公園は、東海道五十三次の情景を再現した回遊式泉水庭園。 池には亀と鯉が泳ぎ、地元のおじさんが慣れた手つきで草の束を投げ込むと、すごい数の亀が群がってきた。 釣り禁止。駐車場なし。

弁天池(東京都大田)

べんてんいけ。厳島神社。 中の島に厳島神社があるドーナツ状の小池。 池の周囲はミニ公園になっており、亀がのんびり日なたぼっこ。 池の裏手にはかつて電気を止められてもローソクで通した気骨の作家が住んでいた。 釣り禁止。駐車場なし。

文庫の森の池(東京都品川)

旧三井文庫の周辺が地域の憩いの公園として整備されている。池はこじんまりしているが八つ橋が渡され、岸辺にはガマの穂が揺れていた。

市ヶ谷フィッシュセンター(東京都千代田)

いちがやふぃっしゅせんたー。 名前を知らなくても、総武線の市ヶ谷駅から見える釣り堀、といえば多くの人がうなずくであろう。 江戸城外堀、神田川に沿う中央線の通勤電車の車窓から、これまで何百万人という勤め人が羨望ともつかぬ目で眺めてきたこの池。 …

大泉水(東京都文京)

小石川後楽園内の中心的な構成要素。都心のビルと東京ドームの白い屋根に囲まれた緑の空間。江戸初期、水戸徳川家によって築造された築山泉水回遊式の日本庭園が小石川後楽園。中心の池(大泉水)は琵琶湖の景観を模したといわれ、かつては蓬莱島と徳大寺石…

氷川釣り堀公園(東京都板橋)

ひかわつりぼりこうえん。 ビルと高速道路の高架に囲まれ空が狭い。そんな都心のエアーポケットのような空間が氷川釣り堀公園だ。石神井川の旧河道を釣り用に整備した無料の公設釣り場として板橋区が管理運営している。 午前9時の開門前になるとゲートの前…

あらかわ遊園のつり堀(東京都荒川)

あらかわゆうえん。あらかわ遊園。 ごとごとと路面電車に揺られ、あらかわ遊園駅に降り立つ。園の入口まで300mを保育園の園児の隊列といっしょに進む。 遊園地と呼ぶにはどこかひなびた、小さな園地。ここはいったいどこなのかと思う。 観覧車の横を抜け、園…

林試の森公園の池(東京都品川)

林試の森公園 小学生のころ林業試験場の隣の集合住宅に住んでいた。林業試験場はコンクリートの塀で閉ざされ関係者以外が立ち入ることはできない閉鎖空間で、鬱蒼とした雑木林で昼でも暗く、小学生には神秘的で怖い場所だった。都心近くなのに夏にはカブトム…