水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,100湖

新潟県

雨生ヶ池(新潟県三条)

まごいがいけ。 湖面標高550m。山のふところ深くにある天然湖で、名主の娘と恋に落ちたという大蛇が棲む伝説が残る。周囲は800mクラスの池なのに深さは20m近くに及び、大蛇と限らずヌシといえそうな何かがひそんでいてもおかしくないと思わせる凄味がある。 …

加茂市水道貯水池一号(新潟県加茂)

加茂水源池、加茂市水源貯水池。 あまりにも親しみやすく、あまりにも美しい市営の水道水源池。 三条、加茂市民のふるさとの山である粟ヶ岳から下ってきた水を貯水する水源池。加茂市水道局が管理する一号貯水池で、1kmほど上流に二号貯水池もある。 池の右…

加茂市水道貯水池二号(新潟県加茂)

堰体の天端が粟ヶ岳の登山口に。 加茂二号水源池、加茂水源第二ダムなど、呼び名にいろいろなバリエーションがある。池を管理する加茂市水道局のウェブサイトで確認したところ「水源池」「第二貯水池」とだけある。 それではあまりに味気ないので「ダム便覧…

男池(新潟県長岡)

山古志で唯一? 釣りができる天然湖沼。 山古志(旧山古志村)南部の小松倉集落の山間にある周囲300mの池。 鯉の養殖のために棚田を改造して造られた人工池が多い山古志ではめずらしい天然湖とのこと。しかもほとんどの池で高級錦鯉を育てている土地柄だけに…

尼谷地の池(新潟県長岡)

あまやちのいけ。 山古志のありえない釣り堀。じつは伝説の池。 錦鯉の養殖で有名な山古志は、山の斜面を切り拓いた棚田のような養鯉池が2300以上もある。山古志最大の集落である種苧原地区の山上にあるのが、尼谷地の池(あまやちのいけ)。池横の高台には…

山古志の養鯉池群(新潟県)

錦鯉生産日本一。養鯉池の数、なんと2300! 山の斜面に千枚田のように段をなしているのは、池、池、池。 初めてこの地域の地図を見たときは驚いた。「山古志」の名は中越地震によっていっきに全国に知られるようになったが、小地谷市、長岡市、魚沼市にまた…

破間川ダム(新潟県魚沼)

あぶるまがわだむ。 春先に地元・魚沼の人たちが「雪流れ」と呼ぶ流氷が湖面を埋め、エッジのきいた迷彩文様が不思議な景観をつくりだす。この水が平野に下り、日本一有名なコシヒカリ産地を潤しているのか、と思いたいところであるが、ダムの主な役割は洪水…

広神ダム(新潟県魚沼)

ひろかみだむ。折中湖。 平成23年に竣工した新しいダム。工法にも現代の厳しいマネジメントシステムが導入されているだけでなく、設計には親水機能も反映されているのは時代の流れであろう。 ほぼ国道沿いのダム管理所横に展望広場、湖周路を経由するインレ…

ひめさゆり湖(新潟県三条)

大谷ダム。 カヤックや釣りのできる県営ダム湖。 ひめさゆりという村花を湖名にしたレジャー向きのダム湖。 釣りのできる浮き桟橋のほか、ボートやカヤックをおろすことが公認されているスロープや駐車場など、レジャー向けの開放度が高さに感心させられる。…

笠堀ダム(新潟県三条)

かさぼりだむ。笠堀湖。 平成26年から30年の工事で堰体の嵩上げを行い、洪水対応力の強化をはかっている。 工事によりダムへのアプローチ路入口から一般車通行禁止。 6km北西の国道沿いに奇岩の景観がおもしろい八木鼻の日帰り温泉と道の駅がある。

薮神ダム(新潟県魚沼)

やぶかみだむ。 信濃川支流の破間川(あぶるまがわ)を堰き止める発電用ダム。信濃川水系は水量が豊富。特に増水時期の藪神ダムはものすごい迫力。

浅河原調整池(新潟県十日町)

あさがわらちょうせいち。 土木遺産にもなっている設備がかっこよすぎる。 新潟県にある池ではあるがJR東日本が管理する発電用の貯水池である。山手線を動かす全電力ぐらいはこの信濃川発電所でまかなえると聞けば、水力発電は究極のエコだと実感する。信濃…

奥只見湖(新潟県魚沼)

奥只見ダム。 18kmものトンネルを抜けた先にあるダム湖100選の貯水池。 奥只見ダムは行くまでの行程がユニーク。現在は無料の観光道路となっている奥只見シルバーラインがダム堰体へと直結しているが、全長22kmの道程のうち18kmがトンネルというすさまじさ。…

胎内第一ダム(新潟県胎内)

延々と1.5車線の山道を上ってどんづまりまで進んでいったところにある胎内第一ダム。山奥も山奥にある新潟県営の発電用ダムだが、道沿いにある駐車場はクルマでいっぱいだった。 というのもここは百名山の飯豊山を主峰とする飯豊連峰の主要登山口へと向かう…

胎内川ダム(新潟県胎内)

たいないがわだむ。 新潟県営の不特定利水と治水を目的としたダム。赤いラジアル構造のクレストゲートがワンポイント。鋼製のラジアルゲートは赤や緑で塗装されることが多い。 ダムサイトに駐車場あり。アクセス路はダンプが多い。

大石ダム(新潟県関川)

大石ダム湖畔県民休養地。 堤高87mの国営ダム。 小動物園、ゴーカート、ミニSL、バッテリーカーのある大石ダム湖畔県民休養地のほか、下流側には大石キャンプ村もある。 ダムカード配布対象ダム。 堰体下では錦鯉を含むたくさん鯉が見られたが、ここは尺イワ…

おしどり池(新潟県関川)

大石オートキャンプ村。 大石ダムの下流側にある大石オートキャンプ村の中にある池群のひとつ。 おしどり池には淡水魚類観察広場もあり、ウグイ、メダカ、ヤマメがいるとのこと。 他に、釣り堀のあるもみじ池、水芭蕉池も。 大石オートキャンプ場。 bunbun.h…

谷内池(新潟県小千谷)

小千谷には市内だけでも2,300湖もの池がある。地図を見ていると気が遠くなりそうなほどだが、ここは世界的な錦鯉の産地ということもあり、多くは鯉の養殖池。ということで池の数にしては釣りができる場所は限られてくるが、ここ谷内池は地元の環境教育活動の…

山本第二調整池(新潟県小千谷)

信濃川発電所。小千谷信濃川水力発電館。 取水塔にペイントされたグリーンの「JR」の文字が泣かせる。 山本第一・第二調整池はJR東日本が管理する信濃川発電所の貯水池。 隣合う二つの池だが、第二調整池の方は第一より少し高い位置にある。水力発電用のため…

山本第一調整池(新潟県小千谷)

信濃川発電所。 山本第一・第二調整池はJR東日本が管理する信濃川発電所の貯水池。 JR東日本が必要とする電力のなんと四分の一をここでまかなっているというからすごい。電車はやはりすごくエコなんですね。 それにしても首都圏の電車を動かす電力が、こんな…

旧山古志村の河道閉塞湖(仮称)(新潟県長岡)

2004年の中越地震で、山古志村を水没させた堰き止め湖。 震災によって知名度が上がるというより、映像とともに日本中の人々に一生忘れない記憶として刻みつけられるような町や村がある。2016年熊本地震での益城町や、2011年の東日本大震災での南三陸町。 200…

道玄池(新潟県村上)

道玄池県民いこいの森。 インレット側は海という、めずらしい立地。 近くのすずきヶ池と並び、村上を代表する野池といえよう。 不思議なのは、その特異な立地。 池のインレット(流れ込み)側のわずか400m先は海である。ふつうのため池は、山を背に海に向か…

すずきヶ池(新潟県村上)

村上を代表する野池で、名前も特徴的。池にシーバス(スズキ)がいるとは思えないが、海ならば1kmも離れていない。 池のブラックバスは小型主体ながら数がいたが、2013年に外来魚駆除目的の水抜きが行われた。その後も生き残った幼魚が成長しているようで釣…

三面ダム(新潟県村上)

みおもてだむ。 かつてはマタギしか住まぬ山深い立地のため、湖岸のほとんどは急峻な斜面。道路はへばりつくようにカーブをくり返す。左岸にわずかに残された平地に、所狭しと二子島森林公園のオートキャンプ場がある。 湖面を横切る浮き桟橋が景観のアクセ…

奥三面ダム(新潟県村上)

あさひ湖。 三面川には三面ダムと猿田ダム、奥三面ダムが重連している。 三つの湖面にはさまれている状態を見ると、なるほどこれが「三面」かと思いたくなるが、その名はダムができる以前からある三面集落からとったもの。 平家落人伝説の残るマタギの里とし…

猿田ダム(新潟県村上)

猿田貯水池。 東日本最長の県道「朝日スーパーライン」でアプローチ。 秘境といっていい様相の猿田川の渓谷に造られた最奥部のダム。 このダムへのアプローチ路となる朝日スーパーラインは、山形と新潟の県境・朝日峠を越える全長52km! 県道としては東日本…

大源太湖(新潟県湯沢)

だいげんたこ。大源太キャニオン。大源太川第一号砂防堰堤。 有形文化財の日本初アーチダム、東洋のマッターホルン、そして上越のグランドキャニオン? それにしても謳い文句の豊富な水辺である。 もとは野尻ヶ池という戦国時代の陰謀・謀殺劇の舞台だったよ…

貝の沢池(新潟県長岡)

かいのさわいけ。牛ヶ島大溜池。 ダムマニアを惹きつける名前の謎。 この池は地図上では「貝の沢池」となっているが、現地に立っている記念碑の裏側には「大溜」とある。 ダム研究で知られる阿部塁さんが周辺住民に聞き込みしたところ、地元ではいずれの名で…

岩ノ沢養魚(新潟県越後湯沢)

豪雪地帯の山の中という立地で、年間を通して8度の天然湧水で満たした素掘りの池が並ぶイワナとヤマメの釣り堀。 こじんまりとしていてファミリー向き。 ルアー・フライも可能だが、エサ釣り向き。イワナ・ヤマメは5尾2000円。

八ツ峰養魚(新潟県魚沼)

日本酒で有名な八海山麓にある養魚場をベースに、宿泊施設、マス釣り場が併設されている。宿泊所は学生の合宿所としても利用されていた。 エサ釣りの人に迷惑がかからない範囲であればルアー・フライも可能とのこと。 ここで蓄養されている「魚沼美雪マス」…