水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,750湖

新潟県

小川集落の溜め池(仮称)(新潟県佐渡)

森に囲まれている。地図にも記載はない。古い溜め池のようだ。 小川水源砂防ダム(仮称)に行く途中、林道沿いにこの池があった。ときどき釣り人が入っているのか岸に降りる踏み跡があったので竿を出した。 魚影は確認できなかったし日暮れが迫っていたので…

小川集落のファームポンド(仮称)(新潟県佐渡)

日本海のサンセットが美しい外海府海岸を見おろすファームポンド。 大佐渡側の海岸に面した水田では、平野部のように大きな溜め池を造ることができず、冷たい沢の水を使うなど厳しい水事情の中で営まれ、それがかえって収量は少ないものの素晴らしい酒を醸す…

小布勢溜池(新潟県佐渡)

おぶせためいけ。小布勢ダム。奥に見えるのは真野湾。真野湾から2.5km山中にあるダムスペックを満たすアース堰体によって堰かれた溜め池。 蜘蛛の脚のように伸びた無数のワンドが確認できるが、急傾斜で落ち込んだ湖岸はドン深で危険な匂いがする。満水時の…

金山溜池(新潟県佐渡)

きんざんためいけ。金山大溜池。 ハイダムスペックを満たすアースダム。金山(きんざん)とはいかにも佐渡島らしい名だが、佐渡金山が近いわけでもなく名の由来は? と思ったら、池の南西に砂金山という山があった。 周長600mほどの池だが堰体に立つと、ワン…

トキの森公園の池(新潟県佐渡)

池は朱鷺の餌場となる水田を模した構造になっているようだ。水路にあたる部分が玉石張りになっている。訪れた際は池は収穫後の水田に様相に合わせたのか、草地になっていたが、左手に見える白いものはよもや、つがいの朱鷺?新潟県最大の湖沼、加茂湖の西岸…

小木集落の砂防ダム(新潟県佐渡)

海に面した小木集落。その後背のなだらかな山裾に二つの砂防ダムタイプの池が並ぶ。 水事情の厳しい佐渡島では砂防ダムも上水道水源として活用しているケースも見られ、このダムでも取水設備や、堰体下の浄水設備らしきものも見られる。 下は小木集落。 小木…

藤津川ダム(新潟県佐渡)

とうつがわだむ。 大佐渡の金北山麓、国仲平野を見おろす標高150mにある農業用貯水池。 堰体はロックフィルダムで、にいがた農業水利施設100選に選定。新保川ダムなども近く、大佐渡側のダム銀座を形成。 マイカーでのアクセス性も悪くはなく、佐渡島のダム…

初盛ダム(新潟県佐渡)

新保川第1砂防ダム。新保川砂防堰堤。ダム堰体とその上の山頂に見える巨大レーダー施設。 佐渡島に現存する水没ダムの可能性。 大佐渡・金北山の頂上と隣の妙見山の頂に、場違いなアート作品のような白い巨大構造物が見える。本土防衛を担って日本海から外…

小倉川ダム(新潟県佐渡)

おぐらかわだむ。 堤高30m超のダムスペックを満たすアースダムで、佐渡島では二番目に古いダムである。小佐渡のダムベルト地帯にあり、佐渡きってのダム銀座。 右岸側はかかり場も多く釣り意欲を刺激される。湖周は山に囲まれるが威圧感はなく、のんびり竿を…

大手池(新潟県上越)

大手道公園の水辺要素として軽く整備され、一般公開されている溜め池。堰体を紫陽花が埋め尽くす。 池の方は2018年、航空写真で完全水抜きを確認。ちょうど3台のトラックに捕獲した魚を移す作業が航空写真に捉えられていた。外来魚駆除は完了したと考えてい…

杉池(新潟県佐渡)

赤玉杉池。 テレビ番組『まんが日本昔ばなし』の「宝しゃもじ」(No.1295)は、白馬の助けを借りて互いの棲みかである黒池と青池を行き来し逢瀬する雄蛇と雌蛇を偶然、見てしまったことから話ははじまる。 アニメでは逢瀬の場は黒池ということになっているが…

ひょうたん池(新潟県佐渡)

赤玉杉池。一帯の景観の主峰たる風格をそなえた池だけに、これをめあての「杉池」と思ってしまう人が多い。ただ、全面的な肯定もできないが間違いとも言えない。 かの杉池かと思いきや、天然湖かと思いきや。 ひょうたんの形をしているので、ひょうたん池。 …

赤玉池(新潟県佐渡)

赤玉池と杉池と赤玉杉池の混乱。 小佐渡の山中、県道の峠に分岐があり「ようこそ。赤玉杉池」と書かれた、やや古びた看板が立っている。白地に黄色い文字でもともと判読しにくいところにきて、日焼けでなかば消えそうになっている。 すぐ横の木柱の標柱には…

御池(新潟県佐渡)

一見、秘境の山岳湖沼に見えるが、じつのところ池がある地点は海岸からわずか2km。このダイナミックさが佐渡の湖沼の魅力でもある。大佐渡山中、鬱蒼とした原生林に囲まれた秘池の雰囲気をたたえるが、じつは海岸からわずか2km、徒歩行程は1kmにすぎない。 …

佐渡島の湖沼群(新潟県佐渡)

昭和薫るニッポン最後の里池の聖地。 佐渡島。ここは日本最後の昭和薫る聖地である。 二度、競技で佐渡を自転車で走ったことがあるが、一周すると210kmもある。佐渡国際トライアスロンでは小木から先の先端部をショートカットするので190kmだった。 およそ十…

加茂湖(新潟県佐渡)

かもこ。加茂湖の両津側では岸沿いに民家や商家が並び、各家がそれぞれ小さな船着場をもっていた。 佐渡島で最初に迎えてくれる新潟県最大の湖沼。 新潟のフェリーターミナルを出航し、しばしの船旅旅情にひたりつつ佐渡島に上陸すると、最初に出迎えてくれ…

水金遊郭水源池(仮称)(新潟県佐渡)

佐渡相川の水金遊郭ありし日の想像ノ図。水源池は今も集落の奥にある。前夜は相川の祭りだった。相川は江戸時代、佐渡金山で栄えた町。 町はずれに、地図には出ていないダム湖を航空写真で見つけ、行ってみたいと思っていた。 航空写真で見る限り、海からわ…

ドンデン池(新潟県佐渡)

ドンデン山の山頂から見たドンデン池。池畔に広がっているのはキャンプ場と牧場。 ドンデン山頂近くの放牧地を支えてきた池にも、悲恋の言い伝えが残る。 佐渡島の玄関口、両津港に新潟からのカーフェリーが着岸する。夏休みということもあって、フェリーの…

山居の池(新潟県佐渡)

さんきょのいけ。山居池。 大佐渡のハイライト水辺。山中にたたずむ神秘と伝説の池。 大佐渡の山深く、たったひとつぽつんとたたずむ不思議な池。おそらく天然湖だろう。池の名もいわくありげだが、伝説にまみれたような魅惑的な池である。 標高340mと聞けば…

大野亀の二段池(仮称)(新潟県佐渡)

佐渡島の北端にある島きっての景勝地が大野亀。 佐渡島を周回するアストロマン・トライアスロンや自転車イベントなどでは、最初の難関となる峠道であり勝負どころでもあったが、絶景に目を奪われたものだ。初夏はトビシマカンゾウの花が黄色一色に奇岩を彩る…

久知川ダム(新潟県佐渡)

くちがわだむ。 小佐渡の最北に位置し、堤高50m級の重力式コンクリートが堂々とした新潟県営の多目的ダムで、佐渡島に三つしかないダムカード発行対象ダム。山深い空気が濃厚な貯水池であるが、アプローチ路は整備された県道でマイカーやレンタカーでも難な…

大野川ダム(新潟県佐渡)

おおのがわだむ。右手の管理所は佐渡では唯一のダムカード配布所新潟県営の多目的ダムで、佐渡島でへらぶな釣りのできる希少な水辺ということで期待していたが、管理所横の公園下以外では竿を出せそうな場所はあまり見あたらない。この程度のキャパシティで…

吉井開田溜池(新潟県佐渡)

よしいかいでんためいけ。 ダムスペックを満たすアースダム。アクセス性も悪くなく、足場のよい岸も豊富なので当然ながら佐渡では知られたバスポンドだった。期待して赴いたが、わりと新しい釣り禁止看板が立っていた。 佐渡では明確に「釣り禁止」を掲げる…

沢根五十里の池(仮称)(新潟県佐渡)

雰囲気のいい池。アクセス路は1.5車線でクルマでも問題ない。道路沿いに駐車スペースあり。 小公園のようになっているが、貯水池内への立ち入りはできません、との看板あり。 地域の大切な池らしく、立派な石造りの記念碑が立つ。看板設置者は「西野水利組合…

小川水源砂防ダム(仮称)(新潟県佐渡)

林道を進んだ先、どんづまりにある池。堰体は砂防堰堤タイプ。 雰囲気のある池だったのでキャストしてみると、人面魚のような白金の鯉だろうか、ちょっと見慣れない魚がルアーに追われるようにこっちにやって来て怖かった。 アクセス路は未舗装林道。このダ…

乙和池(新潟県佐渡)

おとわいけ。 日本最大級の高層湿原浮島が漂う、大佐渡水辺めぐりのハイライト。 まずもって佐渡の湖沼めぐりにおいて、はずすことのできない池である。名のゆかしさもさることながら、立地がこの上ない。 佐渡の平野部からはどこにいても大佐渡山系の妙見山…

八幡堤(新潟県佐渡)

やはたつつみ。 八幡ため池という呼称も見られたが、秋田県や山形県で主流となっている「堤」の名をもつ溜め池は佐渡でも国仲平野にいくつか見られ、文化的に興味深い。 ここ八幡堤は島最大の町である佐和田の市街地辺縁に位置し、南岸側には県立佐渡高校が…

石田堤(仮称)(新潟県佐渡)

水面を賑わす魚の波紋。すごい数だ。佐渡島の中心街である佐和田。佐渡島にマクドナルドはなく、モスバーガーがここ佐和田に一店あるだけだ。スタバもない、セブンイレブンもない、コンビニといえばローソンがあるぐらい。 そのおかげで今や北海道の極地でも…

鹿伏ため池(新潟県佐渡)

「鹿伏ため池」と記載されているが、この溜め池の名とは限らない。単に、鹿伏台地にある溜め池という可能性もある。佐渡ではいまだ地図に記載されていない池も多く、行政も池名をあまり把握できていないようだ。ホテル大佐渡がランドマークの春日崎。大海原…

鹿伏四連2号ため池(仮称)(新潟県佐渡)

鹿伏台地の溜め池群を代表する四連の池の下から二番目。 四つの中ではもっとも肉薄することができた。インレット側には新しく段丘が切り通されて三段目の池の堰体下へと接続できるようになっている。 長く改修工事が入っていないのだろう。魚のつくる波紋の…