水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,850湖

愛知県

木瀬ダム(愛知県豊田)

きせだむ。 愛知県が管理する重力式コンクリートの多目的ダム。貯水池名はしらさぎ湖。県のホームページには小規模生活ダムというあまり見慣れない語で規定されていた。 堰体横には駐車場も充実、公衆トイレもそなえ、歩いて水ぎわに降りることもできるので…

鷹場池(愛知県愛西)

ブラックバス、ナマズ、ライギョがいたというローカルポンドだが、訪れたときはかなり減水しており、魚影は確認できず。 民家もあり駐車スペースに難あり。自転車の中高生が似合う場所だ。 土質のせいか水が赤っぽく見える。

万場調整池(愛知県豊橋)

ばんばちょうせいち。万場緑地。 これが現代の皿池。 まるでオーバルコースのような角丸の長方形の幾何学的な形状をもつ貯水池は、平地を掘り込んで造られた皿池タイプ。さらに護岸から底にかけてすべてアスファルトと合成ゴムによって覆うという、どこから…

藤仙坊池(愛知県東浦)

緑に囲まれ知多半島の豊かさを感じさせてくれる藤仙坊池。池岸のところどころに入釣痕跡の濃い陸釣りポイントが見られる。しかしこの池の周辺でも宅地化が進み、地図で見ると遠からぬうちに住宅地に包囲されそうな感じである。いちばん近い住宅地は木のすぐ…

名古屋城のお濠(愛知県名古屋)

名城公園。 体長1.4m、体重30kgのアリゲーターガーが捕獲。 堀を含めた名古屋城一角が市の管理する名城公園(めいじょうこうえん)という総合公園になっている。 サイクリング、ジョギング、野球場、テニス等。 2010年ごろまでの記録では、へらぶな、ブラッ…

滝頭下池(愛知県田原)

たきがしらしたいけ。滝頭公園。 池の上にキャンプ場、池の下に親水広場が。 滝頭公園内には中堤で区切られた上下二段の池がある。 下池には池を取り囲んで遊歩道が設置され、あずまやもある。 堰体の下には球場、テニスコートのほか、水遊びができる親水広…

滝頭上池(愛知県田原)

たきがしらうえいけ。滝頭公園。 滝頭公園内には中堤で区切られた上下二段の池がある。 上池は遊歩道と野鳥観察デッキがあり、赤い小さな橋がかわいらしい。 池の上には駐車場とトイレ、奥にはキャンプ場もある。 下池側の公園駐車場から遊歩道で歩いて行く…

デンパークの池(愛知県安城)

道の駅も併設された安城産業文化公園デンパーク内には二つの池がある。訪れたときは開園時間前で入場できなかったので絵にした。 公園の中心にOの形をした大きな池が配され、三本の橋がかかる。池の一部は飛び石が置かれ水遊びもできるようになっているよう…

横倉池(愛知県半田)

東浦町と半田市の境近くにある野池。水色にペイントされた鉄製の橋をもつ取水設備は、知多半島のため池に共通して見られる特徴。 幹線道路から少し入ったところにある。 東浦エリアの野池。

新々池(愛知県東浦)

看板に記された池名の文字がかすれてしまって判読が難しかったが「新々池」のようである。 へらぶな釣り台がたくさんあった。釣り人はいなかったが、手入れされていたので現役と思われる。 東浦エリアの野池。

田之助池(愛知県東浦)

農業用ため池だが、周辺の宅地化に合わせて改修工事の際に親水公園化された。 水上デッキもある。 取水用の斜樋。 洪水吐。 東浦エリアの野池。

山田池(愛知県阿久比)

豊かな池である。それでも池の北側の丘陵地は切り開かれてニュータウンが広がる。立派な親水デッキまで設けられているように見えたが、立入禁止看板もある。 ちょうど看板設置の作業をしている人がいたので訊いてみると、この立派なデッキは災害時に消防用水…

神池(愛知県大府)

かつては農地だったところが宅地化されると、存在意義を失った農業用ため池は埋め立てられ、新たな宅地になるケースがよく見られる。 しかし最近は防災上の観点から、住宅地におけるため池の価値が見直されている。 大雨の際の雨水調整池としての機能の他、…

清水池(愛知県大府)

知多半島でよく見られるタイプの立派な取水設備をもった池。多くの池が改修工事によって同型式の取水設備を獲得している。

海陸庵池(愛知県大府)

東岸側に主要県道、北側に神明公園という小さな公園がある。 宅地化が進む地域ということもあり、防災上の必要からも堰体が改修されている。

神沢池(愛知県名古屋)

名古屋市街地内にありながら、池畔の雑木林と水辺のヨシ群落がよい状態で保全されており、ブラックバス釣りでも人気があるようだが、自然が豊かすぎて入釣ポイントは水門まわりに限られる。

上申ケ池(愛知県東浦)

申ケ池、東浦町営北部グラウンド 2017年春撮影。 階段状護岸もあり釣り師に人気。 申ケ池は、北の上申ケ池と南の下申ケ池からなり、堤によって隔てられている。二つの池の高低差は7mほどだろうか、歩道がついているので両池を簡単に行き来できる。 上申ケ池…

下申ケ池(愛知県東浦)

申ケ池。 誰でも竿を出しやすい好釣り場。 いわゆる申ケ池は北の上申ケ池と南の下申ケ池の上下二段の池からなる。 下申ケ池は水面との落差の小さいなだらかな自然護岸が多く、釣り台を置いてまったりと釣り竿をのばせるのが魅力である。 下池の堰体下側にも…

いのちの池(愛知県大府)

あいち健康の森公園。 洗練された水辺をもつ大規模都市公園。 あいち健康の森公園は、大府市と東浦町にまたがる広大な敷地をもつ県営の都市公園。 園内には、公園内の池とは思えぬ恐ろしげな名前をもった蛇ヶ寝池をはじめ、洗練された水辺空間を演出した上下…

蛇ヶ寝池(愛知県大府)

あいち健康の森公園。 名前も怖いけど、巨大すぎる灯籠も。 あいち健康の森公園は、大府市と東浦町にまたがる広大な敷地をもつ県営の都市公園。各種施設も充実し、洗練され開放的な雰囲気が魅力のこの公園の中にあって、なんともすごい名前の池である。 名前…

東郷濁池(愛知県東郷)

バイパスとゴルフ場にはさまれた窮屈な立地にありながら、主堤と副堤をもつ現役の農業用ため池。「池の魚をとらないで下さい」との看板があった。 周辺の野池マップ。

大池(愛知県名古屋)

住宅・商業地帯に囲まれている。池の隣にグラウンドがあるが、池を含めた一帯が堤にとり囲まれており、増水時にはオーバーフローした池の水をためる調整池のような構造になっている。 周辺の野池マップ。

神の池(愛知県名古屋)

名古屋近辺には「神」のつく池がちらほらと見られる。他地域ではおいそれとは付けないが、すぐ近くにも神沢池があり、神の連発は神倉という地名によるものだろう。 さてこの神の池は現在、住宅に囲まれ柵がめぐらされた調整池然とした池で、全体的に底が見え…

牧野池(愛知県名古屋)

牧野ヶ池緑地。 池の名称が誤って登記された。 牧野池、牧ノ池、牧野ヶ池など名称(表記)が複数あったというのも、この池にかかわる人が多かったということの証でもある。 近年は「牧野ヶ池」の表記が使われ、公園名にも採用されているが、役所の誤記だった…

竜ヶ池(愛知県名古屋)

鶴舞公園。 今でこそ名古屋という都市の中心近くにあるが、かつて一帯は稲や大根の畑だったといい、竜ヶ池はもともと農地を潤すため池だったそうだ。 鶴舞公園が造園された際に、日本庭園の修景池として改造され、浮見堂をもちボート遊びのできる憩いの場と…

要池(愛知県名古屋)

要池は都市部を洪水から守る調節池。 地下鉄の駅とショッピングセンターが池の真ん前にあり、要池公園として整備されている。 周辺の野池マップ。

二ツ池(愛知県日進)

住宅地の中にあるが、池の一角だけ雑木林が残されている。 周辺の野池マップ。

真菰池(愛知県東郷)

真菰池親水公園として駐車場と遊歩道が整備されているが、主要道の交差点近くなので道路が混みやすい。 周辺の野池マップ。

焼山池(愛知県豊明)

二車線道路が池岸に沿うように走る。周辺の景観も含めてどこか無機質な感じ。それでも自転車でのバサーがいた。 周辺の野池マップ。

桟敷池(愛知県豊明)

豊明の野池ナンバーワンの勅使池、ナンバーツーの若王子池にはさまれた場所にある小さな野池。 桟敷(さじき)という名前がどこかしっくりしている。 周辺の野池マップ。

名古屋の野池群(愛知県)

大都市の好環境な野池多数 名古屋は大都市でありながら、じつにゴージャスな水辺空間の宝庫。 肥沃な濃尾平野が古来から穀倉地帯だったため多くの溜め池が作られ、近代以降の都市化においても、それらの溜め池が市民の憩う緑地として有効に生かされている。 …

馬池(愛知県東浦)

東浦と「うま」の不思議。 東浦には、もうひとつ「うまいけ」がある。しかしそちらは字が異なり「午池」。 どちらも意味としては動物の馬だが、なぜかどちらの池にも銀色のタンクを備えた機械設備がある。建屋には「揚水機場」の文字が見える。しかしポンプ…

上新池(愛知県東浦)

東浦のほぼ北端に位置する。このあたりは一面の宅地で、池もまるで調整池のようにコンクリートとフェンスに固められていた。 周辺の野池マップ。

大池(愛知県東浦)

大池という池はどこにでもある。東浦にも大池はある。 知多半島ぜんたいでは大池という名の池はどのぐらいの数になるであろうか。それでも他の地域に比べれば、「大池」「新池」といった安直な名前が少ない。個性のある名前の池が多いことも知多半島の野池群…

濁池(愛知県東浦)

池ウォッチさえ厳しい立地。 なんとこの池は、池の三方を保育園、小学校、中学校の三つに取り囲まれており、訪れたのがちょうど下校時刻だったので、お迎えのクルマが池のまわりにずらり。 中年男一人がハイエースから降りてきただけでも、お母さんがたの不…

大狭間池(愛知県東浦)

農地をはさんで申ヶ池と相対する立地。フェンスの横からの入釣痕跡が濃い。 周辺の野池マップ。

知多北部の野池(愛知県)

東海・大府の野池 知多半島道路の起点という立地にある大府(おおぶ)と東海。大府市のホームページによると市内に76ヶ所のため池を有する。数だけで見れば目をみはるようなものはないが、市北部の池の密集度がすごい。都市化が進んでいることもあって、地域…

鰻池(愛知県東浦)

コンビニやガソリンスタンドのあるわりと大きな交差点に位置する野池で、町の資料によれば上池と下池の二段の池であるが、ちょうど交差点に池を分断されるかっこうになっており、現在は三つの池があるように見える。 池の水面は周囲の土地より低く、これは池…

明覚池(愛知県東浦)

東浦町では二種類の規制看板と、外来魚放流禁止の共通看板がある。釣り人のあいだでメジャーな池から「釣り禁止」が設置されているようである。 周辺の野池マップ。

焼山池(愛知県阿久比)

この堂々たる赤い文字の「釣り禁止」は、おなじみ阿久比町の野池の共通看板。 高速道路と名鉄線にはさまれた立地で宅地化が進む。コンクリートの垂直護岸の割合も高く、味気ない印象。 周辺の野池マップ。

屋郷池(愛知県阿久比)

半田市側からダイレクトアプローチできないその訳は。 半田市の市境と300mと離れていない場所にある池だが、半田市側からハンディナビでルート検索をすると、ぐるっと迂回するルートが出てくる。地図では屋郷池までまっすぐ500mも進めばすみそうなのに、4km…

大池(愛知県阿久比)

いさぎよいほどきりっとした赤い釣り禁止の文字。 緑に包まれた環境だけに、赤い文字がワンポイントとして視認効果大。 堰体はきれいに手入れされていた。 周辺の野池マップ。

横川池(愛知県半田)

まわりをすっかり住宅に取り囲まれてしまった野池。 宅地化にあたって盛り土をしたのだろうか、まるで掘り込まれたように周辺より低い位置に水面がある。 池の南隣にグラウンドあり。 半田の野池マップ。

永見池(愛知県東浦)

2010年ごろの記録では睡蓮の花に満たされる池だったようだが、訪れたときは完全なオープンウォーターになっていた。 睡蓮のとつぜんの消失は神奈川県大磯の東の池で目のあたりにして驚いた経験がある。それこそ池を埋めつくさんばかりだった蓮がとつじょ消失…

午池(愛知県東浦)

池の中にコンクリート製の囲いがあり、いわば池のなかに池があるような状態になっていた。インサイド池がどのような機能をもっているのか興味深い。 このインサイド池の岸には立派なポンプ設備も見られた。 周辺の野池マップ。

黒根池(愛知県東浦)

東浦町のため池には「あぶない」と記された共通看板があるが、釣り人にとって東浦ではもっとも魅力的に見えそうなこの黒根池では明確に「釣り禁止」を明記した共通看板があった。デザイン的には同県でも釣り禁止先進地帯の岡崎エリアのものと似ており、あと…

飛山池(愛知県東浦)

東浦の野池では目立つ規模でアクセス性もよいことから、以前はフローターの釣り人がよく浮かんでいた。 堰体には階段が設けられているが、堰体上のフェンスの扉は施錠されていた。草かげに埋もれていたが、「ここであそばない」と記された東浦町共通看板も。…

菰蓋池(愛知県東浦)

階段状の護岸を持ち、オープンな感じのするため池。池ばたの道は人と自転車が通るのがやっと。駐車スペースもない。 池の下側は農地だが、上側は完全に宅地化されており、住民の憩い場にもなっていた。 階段状護岸は釣り人のためとういより、周辺の宅地化に…

下三ツ池(愛知県東浦)

東浦の野池の8~9割は地元水利組合ではなく町が管理している。巨大な愛知用水の連絡用ため池という立場と関係があるのだろう。 東浦町がつくった「あぶない! ここであそばない」と記された共通看板とフェンスという構成は、このエリアの野池に共通して見ら…

蕨池(愛知県東浦)

池を消失させたトヨタの力? 現地に行ってみると、二つの池を含む広大な敷地が白い柵に囲まれていた。敷地の中は特に何かを建設しているようすでもないのに、その規模といい、まるで何かとんでもない古代怪獣が発見されて、国民がパニックにならないよう国が…