水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,550湖

美女池(兵庫県南あわじ)

淡路島南部のダム重連に半水没するミステリアスな池。 重力式コンクリートダムの大日川ダム湖の中に、島のように一本の堤が浮かぶ。堤の中央にあるサイロのような取水管理棟が何ともいえぬ雰囲気を醸し出す。 堤はよく見るとゆるく弧を描き、端に石碑と祠ら…

大日川ダム(兵庫県南あわじ)

だいにちがわだむ。ダム湖の奥の方に、半分水没した美女池の堰体が見える。 淡路市南部のハイライト。 南あわじのダム銀座のうちの一基。 淡路島南部では、もっとも訪れがいのある水辺が充実した魅力的な一帯を形成する。 重力式コンクリートの大日川ダムの…

細田池(兵庫県南あわじ)

2500ある南あわじ野池群のひとつ。 弧を描く堰体は池周の半分近くを占める皿池タイプの池。 正木池、大日ダム、美女池、も近い南あわじきってのバス釣りフィールドであるが、小高い台地にある細田池は釣り禁止。淡路島共通タイプの釣り禁止看板ではなく、池…

斗ノ内大池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 堤の向こうに海が広がる爽快感のある池だが、池端に立つと濃厚な魚の匂いが潮風にまとわりついていた。 岸の一角には石造りの小さな小島に水神様が祀られ、地域の生活の中で大切にされてきた感じがす…

湯ノ花池(兵庫県淡路)

美湯松帆の里。 1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 小島に弁財天が祀られていることから釣り人や地元の人のあいだでは弁天池とも呼ばれているが、湯ノ花池という名が正式名のようだ。湯ノ花とはまた意外な気がするが、偶然なのか池裏の…

木曽上皿池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 通常は単に「皿池」と呼ぶが、改修記念碑に地名を付した「木曽上皿池」という名があったので、他の皿池との識別のため当稿では後者を正式名として掲載した。 池の上を高速道路の高架がまたいでいるの…

皿池大池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 池の名を二つかさねた変わった名である。二段の下側はふつうに「皿池」だが、上段のこちらは「皿池大池」。 二段といったが、さらに上にもうひとつ小さな池もある。ため池が密集しすぎてワケが分から…

田古大池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 地元のおじさんに池名を聞いた。「たこおいけ」と呼んでいるそうだ。 「おおいけ、でなく、おいけ、ですか?」 「ふん。大きい池と書くんやけど、おいけていうなあ」 釣りは禁止にしても、こんな池に…

皿池下(仮称)(兵庫県南あわじ)

わずかに残った水たまりに鯉の姿が。2500ある南あわじ野池群のひとつ。 南淡路で釣り公認の寺内皿池の下段に位置する。たまたま訪れたときに水抜きされていたので、寺内皿池の生息魚類を類推する材料になりそうに思ったが、外来魚やへらぶなの姿はなく、鯉が…

一の宮下池(兵庫県南あわじ)

いちのみやしたいけ。 2500ある南あわじ野池群のひとつ。三段の池で、上から一の宮上池、一の宮中池、一の宮下池。雰囲気よいがアプローチ路に難あり。民家の前の狭い道でたてつづけに現れた犬に吠えられた。 堤に沿って水路があるため他のアプローチ方法は…

渦古池(兵庫県南あわじ)

うずこいけ。 2500ある南あわじ野池群のひとつ。 500mに渡って直線的に細長い形状の池。名前もめずらしい。 形と名が変わっているとやはり興味がそそられる。 台地の溝を埋める湖面を想像していたが、いざ現地に立ってみるとそんな雰囲気ではなく、まったり…

大池(兵庫県洲本)

おおいけ。 7千ある洲本の野池群のひとつ。 三段のスケール感のある池。三つまとめて大池というわけではなく、いちばん下が大池で、中段は大野池、上段は中野池と個別の名前がついている。 広々として気持ちいい池であるが、淡路島共通の看板は釣り禁止タイ…

金屋大池(兵庫県洲本)

おおいけ。 7千ある洲本の野池群の長男ともいえる存在。 というのも、江戸元禄期に築造された「三原の三大ため池」の長男格ゆえに、かつては「太郎池」とも呼ばれていた。 平地に堤をめぐらせた周長1km級の皿池タイプの池で、長い直線的な堤が二本交わる構造…

寺内皿池(兵庫県南あわじ)

奥の山あいには近代土木遺産の上田池の堰堤が見える2500ある南あわじ野池群のひとつ。 広域農道オニオンロードから折れて三つのダムが控える山の方へと上っていく道は二車線で走りやすい。やがて皿池、次郎池、大門池と道沿いに現れる。里山の景観が池を引き…

初尾川ダム(兵庫県南あわじ)

はつおがわだむ。 洲本から南あわじにかけての山岳部に居並ぶ淡路ダム銀座で、いちばん北にある県営の灌漑用ダム。 堤頂部がフラットではなく、二門のクレストゲート部が微妙にせり上がっている。最初見たとき、阪神淡路大震災で壊れたのかと思ったが、考え…

油谷池(兵庫県南あわじ)

ゆだにいけ。 2500ある南あわじ野池群のひとつ。 広域農道オニオンロード沿いにありアクセス性はよい。池のほぼ全周にわたってフラットな皿池で、三つの堰体に改修が行われた。コンクリートブロック張りの護岸は小さな島とを結ぶ堤にもしっかり施工されてい…

東風池(兵庫県淡路)

こちいけ。 1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 へらぶな釣りができる池ということでかねてより注目していた池であるが、訪れてみるとフナ釣りというより、むしろバサーにも人気のエリアだった。 水質もよく、入釣しやすいブロック張り護…

天川第一ダム(兵庫県洲本)

あまがわだいいちだむ。 水道水源用のダムとして淡路広域水道企業団が管理。釣り禁止、立入禁止措置は厳しく、天川第二ダムと同じように規制看板は警察との連名である。 砂防堰堤タイプだった第二ダムとは異なり、天端に欄干を設けた重力式コンクリートダム…

天川第二ダム(兵庫県洲本)

水道水源用のダムとして淡路広域水道企業団が管理。釣り禁止、立入禁止措置は厳しく、規制看板は警察との連名である。 一方、堰体天端は遊歩道の一部になっており、右岸側を湖岸沿いに歩いていくと、湖畔にせり出した広場が整備されている。 コンクリート製…

野島鍾乳洞の池(仮称)(兵庫県淡路)

堰体の改修碑。道を下った先の右手が鍾乳洞。1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 野島鍾乳洞のすぐ上手にある池で、堤が切れたら、まっすぐ水が鍾乳洞に飲み込まれていくような立地。実際、平成になって堤の前面(内側)が浸食されて破堤…

長谷池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 明石海峡大橋のたもとにある岩屋港から小河川伝いに1kmほど車路を上っていくと、もう山の雰囲気に包まれた長谷池がある。100mほど下に、あわじ石の寝屋緑地の無料駐車場。緑地駐車場。 bunbun.hatenab…

龍神池(兵庫県淡路)

りゅうじんいけ。 1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。2013年に訪れた際は名前が分からなかったので「浅野公園の池(仮称)」として掲載していたが、2018年の再訪では淡路島共通仕様の池名標識が立てられており、池名の特定ができてうれし…

正木池(兵庫県南あわじ)

階段状護岸もあり釣りなどもしやすい。奥に見えるのは大日ダム。2500ある南あわじ野池群のひとつ。プロバサーがランカーバスを爆釣させた正木池は、淡路島南部ではよく知られたメジャーポンド。さらに池のすぐ上には大日ダム、大日川ダム、美女池と人気釣り…

筒井大池(兵庫県南あわじ)

つついおおいけ。 2500ある南あわじ野池群のひとつ。 幹線道路をつなぐバイパス沿いにある。新しい構造の道なのだろう、池の水面上に大きくカーブをした道路がせり出している。アクセス性はまず淡路島でも屈指のよさといえるが、一方で独自設置の大きな釣り…

八ツ又池(兵庫県南あわじ)

やつまたいけ。 2500ある南あわじ野池群のひとつ。 町中を抜ける準幹線道沿いにあり、道路区画に合わせたように四角い形状をしており、小学校、公民館、郵便局に囲まれる。岸はすべてコンクリートの垂直護岸。 釣り禁止。

バッチ池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 おもしろい名であるが池名標識に記されているので正式な名のようだ。V字形の谷池だが1.5車線路が堰体を通るのでアプローチはしやすい。 類名の池として同じ兵庫県でも本土側の北摂エリアに、バッチな…

小原池(兵庫県淡路)

とりまく地形の妙味。ミステリアスさをまとう池。 ここは淡路島でもっとも訪れてみたかった池のひとつだった。航空写真でみると、土盛りの堰体から何やらスリリングな妖気が漂う。 堰体外側の斜面には九十九折りに堰体斜面を駆けのぼる車道がついており、吐…

新池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ、といってしまえばそうなのだが、新池というそっけない名ではあるものの、淡路島のれっきとしたダムの一基。しかしながら、堤高20.4mの重力式コンクリートダムに改修されてから10年以上がたつ今も、なぜ…

下川池(兵庫県淡路)

1万3千ある淡路北部(淡路市エリア)の野池群のひとつ。 周囲100mクラスの小池が傾斜地に星のようにまたたく。それにしてもすごい数。 下川池は本流筋にあり、上流にはダムスペックの新池も控えるので、このエリアの小池たちのグループリーダーのようなポジ…

平治池(兵庫県南あわじ)

へいじいけ。 2500ある南あわじ野池群のひとつ。 周囲700m級のリリーパッドの池となると淡路島では、なかなかお目にかかれない。地形的に見ても全体的に浅いのだろう。そうでなければこれほどみごとなハス群生池にはならない。 バイパス沿いでアクセス性はす…