水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,750湖

埼玉県

新田池(埼玉県美里)

中里フィッシングクラブ。 埼玉県では、農業用の野池をそのまま利用した管理釣り場をいくつか見てきたが、新田池はきわめて構造変更の少ない部類に入る。特別の柵もなければ、釣りデッキもない。釣り堀の設備にも及ばない。 ぽんと差し出されたような野池に…

長瀞岩畳四十八沼(埼玉県長瀞)

岩畳に残された荒川の旧河道跡が浸食によって無数の池となっている。四十八あるかはともかく、大小の小池が苔むした岩を庭園のように飾っており遊歩道が整備されている。別名、いろは沼とも。 長瀞周辺の荒川はライン下りのある景勝地であるだけでなく、カヌ…

羽根倉池(埼玉県神川)

はねくらいけ。取水設備のメカ感が目をひく羽根倉池。 改修をめぐる国と地域とのワークショップで、釣りや野鳥観察にも検討が。 大正時代築造の溜め池を平成16年から国営神流川沿岸農業水利事業の一環として大規模改修。 水利ネットワーク内のハブ的なとして…

古沼の池(埼玉県美里)

古沼とも。 およそ7km離れた羽根倉池とは2003年の国営神流川沿岸農業水利事業によってパイプラインで結ばれた農業用調整池。 護岸はフルコンクリート補強済みで、中の島までちゃんと補強が施されていた。 あずまやもあるので親水機能も持たせようとしたのだ…

牛島の藤の池(仮称)(埼玉県春日部)

牛島の藤は国の天然記念物であるが、驚いたことに私有地の中にあり、藤の開花期以外は敷地に入ることができない。知らずに行ってしまったので園内の池にも会えず、塀の外からうかがい見るのみ。 開花期に出直すしかないが、入園料1000円とはちょっと高い。

間瀬湖(埼玉県本庄)

まぜこ。間瀬ダム。間瀬堰堤。 登録文化財の重厚な堰堤が堰く間瀬湖は、ため池100選、新日本百景にも選定された好釣り場。 昭和12年築造で国内初ともいわれる最古級のコンクリートダムによって堰かれた灌漑用人造湖である間瀬湖は、こじんまりとしつつも「新…

新沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池のうち、新沼という名の池は二つある。この新沼は南エリアのサイクリングコース沿いにあり、下沼と二段池を構成しその上池にあたる。 見える範囲では土盛りの堤にコンクリート補強はなく、自然落…

蓮沼(埼玉県東松山)

武蔵丘陵の広大な国営公園内を縦横に走る県道沿いにある。「證大寺下の池」としてへらぶな釣り場情報誌に掲載されていたが、正式名称は蓮沼。 證大寺の参道が池の西岸を通っている。 透明度が高く、警戒心が強いので長竿で攻略、ポイントは西岸側とのことだ…

栗谷沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。南エリアのサイクリングコース沿いにあり、パーキングエリアが設けられている。 このパーキングから栗谷沼は下に見おろすようなかっこうになり、周辺は雑木林に囲まれた静かな園地と…

中沼(埼玉県滑川)

みごとな異次元感。埼玉の滑川にもダム穴があった(2018) 滑川の地元へらぶな釣り師が愛する溜め池。 林間を進む1.5車線の市道の中途にある。雑木林に視界を遮られ、ちょっと注意していないと通りすぎてしまう。 中沼は滑川では人気のへらぶな野釣り場であ…

東松山・滑川の野池群(埼玉県)

2018年ver2.1に更新谷戸を多く形成する丘陵地形は、ため池にうってつけの地形といえる 丘陵谷戸タイプの野池の密集度は関東一。 埼玉県の東松山、滑川、嵐山、小川エリアは台地と丘陵が織りなす谷戸がひしめく地形をもち、それぞれの谷戸が懐深くに二段、三…

あざみくぼ沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 沼まつりの主会場。国営公園の池で、参加型の盛大な池干し。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつであるが、北エリアの横綱が山田大沼なら、南エリアの方は、あざみくぼ沼であろう。 池を眺めていると後ろからものすごい子…

山田大沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 国営武蔵丘陵森林公園の顔ともいえる水辺。 関東平野内陸部に広がる武蔵丘陵に幾筋も皺のように刻まれた谷戸には総数300ものため池があるという。じつに滑川町内だけでも200を数え、関東最強の野池密集丘陵といっていいだろう。 この…

がっき沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。 公園西口からもっとも近い池で、丘陵の地形と沼を活かした広大なフィールドアスレチックが展開するわんぱく広場冒険コース内に取り込まれていることから、休日には園内でももっとも…

城口沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。南エリアのサイクリングコース沿いにあり自転車パーキングが設けられている。 両斜面の木々が覆いかぶさらんばかりに幹や枝を池の方にのばしていて、注意していないと見落としそうに…

てべ沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。 林の中にあり、天然の沼沢のような表情。池畔にあずまやがある。 カザグルマソウ自生地。国営武蔵丘陵森林公園の案内板。池名がしっかり記されている。 マークした場所は武蔵丘陵森…

分山沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。南エリアのサイクリングコース沿いにある池。 分山沼という魅力的とコンクリート堰体をもつものの低水位が常態となっており、ため池が公園に取り込まれたのか、調整池として公園造成…

下沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。南エリアのサイクリングコース沿いにある池で、コースをはさむように西に下沼、東に長沼がたたずむ。 下沼の堰体は公園敷地の境界にあり、外側の農地に水を供給する役割を維持してい…

長沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。南エリアのサイクリングコース沿いにある池で、コースをはさむように東に下沼、西に長沼がたたずむ。 ちょうど長沼の堤一本分の幅がサイクリングロードになっており、堰体サイドにパ…

追山沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。 公園北口駐車場と地つづきになっているが、周囲をぐるりと藪に囲まれているので駐車場からはもちろん、近づいても池は見えない。 かたわらにある丘の上から水面をのぞきこむと、シェ…

西谷沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池のひとつで、彫刻広場ゾーンに属する。 自転車ハイウェーのパーキングには、お昼時に多くの自転車が停まっていた。階段を上にのぼれば昼食スポット、下の芝生斜面を下って行けば西谷池に出る。 森…

天神沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。 池のほとりにドッグランがあり、池へと降りていく道はわんちゃん街道状態。 国営武蔵丘陵森林公園の案内板。池名がしっかり記されている。 マークした場所は武蔵丘陵森林公園の中央…

新沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつで、彫刻広場ゾーンに属する。 新沼は入りたいと思う人もなさそうなワイルドな池だが、園内の池には分け隔てなくすべて救命用浮輪が設置されている。 国営武蔵丘陵森林公園の案内板。池…

明善谷沼(埼玉県東松山)

めいぜんやつぬま。明善谷池。 好環境な野釣り場として漁業権が設定されている溜め池。 東松山の釣り愛好家管理タイプの池としては現在のところ、もっとも良好な状態を保っている池といえるだろうか。 沼とはいってもそののびやかな景観は、ちょっとした湖を…

泥沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。 池に横たわる倒木が目をひく。池を取り囲む木々は水面に覆い被さらんばかりに枝葉を伸ばし、わずかな空間を求めて池の方へ池の方へと幹を傾け、いずれはこの倒木のようになるのだろ…

柳谷沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。 柳谷上沼、柳谷下沼、柳谷沼の順に三段の池を構成。池周辺は湿地性植物見本園となっている。 三つの池の最下段にある柳谷沼は湿地状の上二つと異なり、常時、水をたたえているらしく…

との谷沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。 西口から林道に入って5分ほど歩くと、沼を示す看板が立っており、藪のあいだから見おろすようなかっこうで水辺が垣間見える。 国営武蔵丘陵森林公園の案内板。池名がしっかり記され…

城ヶ谷沼(埼玉県東松山)

じょうがやつぬま。 往年の愛好家管理型釣り池の理想形も今は・・。 県道からのアクセス路が狭いがわずかである。愛好家管理型のへらぶな釣り場としては理想的な場所とされてきたが、2018年初春、7年ぶりの再訪では堰体上に釣り台の残骸が積み上げられ、右岸…

柳谷下沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。 柳谷上沼、柳谷下沼、柳谷沼の順に三段の池を構成。池周辺は湿地性植物見本園となっている。 柳谷沼の案内板 国営武蔵丘陵森林公園の案内板。池名がしっかり記されている。 マークし…

柳谷上沼(埼玉県滑川)

国営武蔵丘陵森林公園。 武蔵丘陵森林公園の敷地内に41ある池沼のひとつ。 柳谷上沼、柳谷下沼、柳谷沼の順に三段の池を構成。池周辺は湿地性植物見本園となっている。 最上段の柳谷上沼はほぼ干上がっていたため、堤と取水口の様子を確認することができた。…