読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水辺遍路

実踏・日本の湖沼 5,500湖

尼ヶ台池(千葉県長生)

あまがだいいけ。尼ヶ台総合公園。 自生していたタヌキモも消失。 かつては貴重な食虫植物であるタヌキモの自生地で、鯉やブラックバスの釣り場としても人気があったが、1980年後半ごろにはタヌキモは消失してしまう。 周辺の宅地化に伴い、平成になって広場…

山倉ダム(千葉県市原)

山倉貯水池。 2016年、中国安徽省に次ぐ世界最大級の水上メガソーラーに。 「キッズダム」として千葉県こどもの国が湖に食い込むようなかたちで造られている。湖周には道路も通じ、きれいな遊歩道もあるが湖内への立ち入りや釣り、遊泳は禁じられている。 国…

大町公園の池(千葉県市川)

都市圏にあって往年の谷戸の姿が色濃く。 都市圏に取り込まれた市川市の住宅地にあって、昔ながらの谷津の姿をタイムカプセルのように保存したのが大町公園。 園内にある細長い池は両側を雑木林にはさまれ、流れ込みのところは湿地状になっており、谷津(谷…

三村園つり堀(千葉県松戸)

へらぶな池が住宅地に。 松戸でも新松戸側にある貴重なへらぶな管理釣り場だったが、2017年正月に訪れたところ、へらぶな池が完全に埋め立てられていた。跡地は住宅地になるようである。隣は新しいドラッグストアが開店していた。 釣り場が経営するそば屋と…

唐上堰(千葉県市原)

姉崎運動広場。 アプローチは徒歩か、ダート路。 海岸沿いが大規模な工場が並び、内陸側も宅地化の進む姉ヶ崎だが、それでも虫食いのように残る農地や里山に囲まれて豊かな池環境を守っている。ブラックバスの密放流に対して、地元は数年に一度は水抜きをし…

岩熊の堰(千葉県いすみ)

上堰と下堰の2つの池からなるアクセス性のよい野池。 堰堤側にへらぶな釣り師がときどき入る。マブナと半ベラが大半とのこと。 舗装駐車場あり。 堰体上の遊歩道。 堰体側の駐車スペースは閉鎖。 2012年撮影。 駐車場。 いすみ野池マップ。 マークした場所…

榎谷堰(千葉県いすみ)

谷戸をはさんでいくつもの野池がある。

古沢の堰(仮称)(千葉県いすみ)

2つの堰からなる。上の堰はマッディーで下の堰はクリヤー。上の堰の西側ワンドで小バスが釣れたが、2016年冬に再訪したところ関係者以外立入禁止の看板があった。 2012年撮影。

谷津干潟公園(千葉県習志野)

かつては広大な干潟だったのだろう。今では周辺が完全に都市化しており、まるで人工の調整池のような様相になっているが、昔と変わらず多くの渡り鳥の飛来地となっている。 駐車場、トイレ、遊歩道のほか、自然観察園などが整備されている。 駐車場と案内板。…

乳子関池(千葉県長柄)

池名に味わいがある。ほぼ国道沿いにありアクセス性は良好。未舗装駐車スペースあり。 bunbun.hatenablog.com マークした場所に未舗装駐車スペース

大谷堰(千葉県長南)

国道である房総横断道路から枝道を少し入ったところにある閑静な野池ですが、アプローチ路入口にロープが張られ立入禁止となっていました。 撮影許可を得たかったのですが、周囲に人がいなかったので、すみません、ロープをくぐって歩き撮影だけさせてもらい…

千田堰(千葉県長南)

ゴルフ場敷地に食い込むような形になっている千田堰は、ゴルファー用の橋が池の上に渡されているのが特徴。 上を通るゴルファーから見ればこの池も景観的な要素になっているためか、堰体の芝もきれいに手入れされいている。 鯉の群れが水面を動かしていた。 …

親谷池(千葉県一宮)

親谷ノ堰。親谷ノ池など、地図によっても表記が異なる。 一宮のミニダム群の一角をなすものの、他の池に比べてアプローチ方法が分かりにくいこともあって規模のわりには秘密めいた雰囲気が保たれている。 堰体を上がったところには「釣り、ボートでの立入は…

睦沢町やすらぎの森・水生植物園の池(千葉県長生)

やすらぎの森は、睦沢町立のキャンプ場のあるこじんまりとした森林公園。 夫婦堰堰体前にある舗装駐車場から南にのびる1.5車線の舗装路を300mほど進むと、ハスに覆われた池が現れます。 ここからは池を囲むように両岸に遊歩道があり、池奥の島に渡された赤い…

夫婦堰(千葉県長生)

夫婦という名のとおり細長い二つの池で構成され、流れのない川のようにも見えるため池です。 上の池はハスに覆われ、下の池は水抜き歴のあるオープンウォーター。 下の池の堰体前にやすらぎ公園の駐車場あり。 上の池 下の池 駐車場。 周辺の野池マップ。 マ…

上堰(千葉県茂原)

豊かな里山を感じさせる潤いのあるため池。 草地の堰体上に立つと正面にこんもりとした大樹、手前には竹林を配し、なかなか絵になります。柵も看板もない素朴さは、房総でも希少な存在になってきました。

猿田堰(千葉県茂原)

堰体側には黒い鉄の角柱が何本も。夜間などクルマで突っ込んでしまう人がいたんでしょうか。対岸は草地が広がり、柵がわりに紫陽花が植えられていて、鉄柱のいかめしさをのぞけば、なかなかのどかな雰囲気。 4.5kmほど南の長生郡睦沢町に「猿田の堰」という…

大谷木谷の堰(千葉県長生)

二車線道路沿いでアクセス性のよい池。 水面とは高低差があるものの立派な階段で降り立つことができ、南岸側は陸っぱりもしやすい護岸形状である。

地神社の堰(仮称)(千葉県長生)

中の島に木が生えているちょっと不思議な感じの池です。房総ではあまりお目にかかりません。野池の島といえば多くが弁天さんを祀っていますが、ここは、ただ木が生えているだけ。しかし何らかの意思なり意図を感じます。 流入河川は吐き出しがコンクリートで…

洞庭湖(千葉県一宮)

どうていこ。洞の堰。 名前のスケールが違いすぎ? 江戸後期に築造された農業用ため池。時の藩主によって中国二位の大きさをもつ「ドンティンフー(洞庭湖)」にちなんで命名され、岸に桜を植えて景観を楽しんだといいます。 S字を描く二つの池のあいだに中…

南山公園の池(千葉県白井)

ニュータウン造成の際に造られたと思われる掘り抜き型の調整池がいくつか見られますが、この池には遊歩橋、テニス公園や駐車場が整備され、緑を生かした親水空間となっていました。 駐車場。 マークした場所は駐車場。

八幡神社の池(千葉県白井)

片側二車線で上下線を隔てて鉄道(北総線)軌道があるため幅が60mもある道が17kmにわたってつづく国道464号線。 この道のすぐかたわらにあるものの、スピードがのる道なのでクルマではなかなかアクセスできなかった池です。 周囲50mクラスのごく小さな池です…

軍荼利ダム(千葉県一宮)

軍荼利大堰。ぐんだりだむ。 日本一名前のかっこいいダムでは? 西から次第に丘陵に迫られ幅を狭めていく九十九里浜は、やがて太東崎の手前で完全に山に呑み込まれ、せり出す岩礁と断崖の海岸へと姿を変える。その山のつらなり、九十八里のあたりに標高73mの…

弁天池(千葉県一宮)

軍荼利山植物群落。 一宮憩いの森周辺の丘陵地帯には、周囲1km級で変化に富んだ湖相をもち、堰体高もダムスペック前後の農業用ため池が高密度で集まっている。 その中で弁天池はもっとも海に近い低い場所にあり、国道から外房線を渡ったすぐ先に、道をはさん…

表の堰(千葉県長生)

主要道沿いにありアクセス性のよい池。 陸奥沢町の野池共通の「あぶない!」看板とともに、「鯉放流セキ 魚を取る事を禁ず」という青い看板が堰堤に立っています。

茂原の野池群(千葉県)

睦沢町の野池でよく見られる地域共通の看板。(河須ヶ谷堰) 房総の「池」と「堰」の文化的境界。 茂原市とこれを取り囲む五町一村で構成される長生郡は、合併統合の動きが古くからなされているが、実現していれば「長生市」として一大行政圏をかたちづくっ…

今関溜池(千葉県長生)

現役の農業用ため池ですが、池の奥にハス田や湿原、木道を含めた遊歩道が整備されています。 案内板によるとメダカも生息しているとのこと。 睦沢町共通の「あぶない」という看板あり。 駐車場なし。

河須ヶ谷堰(千葉県長生)

堰堤の石積みが残る小さなため池。 睦沢町の野池共通の「あぶない」看板を立てている柱に、「魚釣禁止」の文字が見えます。

佛の堰(千葉県長生)

谷戸奥へとつづくおよそ800mの一本道を進んでいった先にある佛の堰。名もさることながら、どこか深遠さというか不気味さを漂わせ、睦沢町共通の「あぶない!」看板以外は緑、緑、緑・・。 オートバイの色もグリーンということもあり、なんとも緑占有率の高…

高藤池(千葉県一宮)

堰体直下の農地は耕作放棄地なのか草ぼうぼう。堰体もあまり管理がなされていない様子で、水も淀んでいました。池と農地は大事に守る人がいてこそ。 管理者不在となると危険防止のため、というより何かあると管理者責任を問われる時代なので、地区として立入…

大坊堰(千葉県長生)

ゆるくV字を描く野池で、両岸に1〜1.5車線の舗装路が奥へとのびているので、近隣の谷戸タイプの池とはやや性質を異にしています。 取水口が道路端にあり、転落防止の網がかけられていました。

東谷堰(千葉県長生)

谷津の奥にあるV字形の谷池。 人工物が最小限しかない景観と水質のよさが印象的な池でした。

小谷堰(千葉県長生)

堰体内側の黒々としたアスファルトフェイシングが特徴的。過去に漏水に悩まされたのでしょうか。 訪れた日は地域の農家の人たちが総出で草刈りをする日だったらしく、池端のお寺下に軽トラックの大縦列。 ため池はこうして何十年、何百年も手間をかけて守ら…

入山津堰(千葉県長生)

ここもまた典型的な谷戸タイプのため池で、両脇を丘にはさまれた細長い農地を進んだ奥に池が広がっている。 気になったのはさらにその奥に堤らしきものが見えること。ところがこの堤の上にあるのは池ではなく、巨大メガソーラー。時代の流れを感じますね。 …

駒ヶ瀬池(千葉県茂原)

水がやや淀んでおり酸素濃度が低いのか、小型の魚群がさかんに鼻上げをしていました。画像を拡大して解析してみると、驚いたことに、へらぶなの幼魚のようです。 5cmほどの魚群と10センチほどの魚群の二つのへら玉が見られました。 このサイズの魚の魚影が濃…

錠谷地堰(千葉県長南)

水面がほぼヒシモに覆われ、水面は赤と緑の競演。

大谷溜池(千葉県長南)

長南の野池は、堰体下側に細長い水田を従えた谷戸を形成しているタイプの「里池」が多い。だから池が密集しているように見える場所でも、谷戸下から一本道を池のあるどん詰まりまで進み、あとは同じ道を折り返してくるしかないので、ランガンにはとにかく時…

神曽溜池(千葉県長南)

堰体下側に工場のある谷戸タイプの池。 狩猟および釣り禁止。

井戸溜池(千葉県長南)

土建会社の敷地内にある池。

広作池(千葉県茂原)

圏央道の茂原南インターチェンジに抱き込まれるような立地にある池ですが、アプローチするには東側から1kmにわたる長い谷戸の農道を進み、圏央道のガード下をくぐっていく必要があります。 釣り禁止。

野牛堰(千葉県茂原)

睡蓮で覆われ水面が見えないほど。皿池タイプ。 池横にはこんもりした小丘に白山神社もあり、雰囲気のいい池でした。

郡ダム(千葉県君津)

こおりだむ。 県営事業で造成された工業用水用の調整池。岩を積み上げた護岸部と、丘陵が水面に落ち込むオーバーハング部、そしてアシの生えた遊水地部分で構成され、平時の水位は低めのようです。遊歩道を使うと貯水地を一周できます。 駐車場あり。釣り、…

東金円筒分水工(千葉県東金)

産業遺産がブームです。蛇口をひねれば水が出てくる感覚に慣れ親しんだ現在では、この物体の存在意義を想像することは難しいかもしれません。 日本の歴史は水をめぐる知恵と努力、そして争いの連綿たる積み重ねの上にありました。 各地に村人総出で溜め池や…

根蔵池(千葉県山武)

外房の幹線国道125号線と平行する旧道沿い三段の池があり、根蔵池はその中段に位置します。 岸辺は石がごろごろ。「釣りのマナーを守ろう」という看板が立っていました。 奥に見えるのは上池。 右が根蔵池。左は上池。

上池(千葉県山武)

外房の幹線国道125号線と平行する旧道沿い三段の池があり、上池はその名のとおり最上段の池です。 中段の根蔵池の水面との高低差はほとんどなく、むしろひとつの池を中堤で区切ったような構造。 左が上池。右が根蔵池。

東池(千葉県山武)

外房の幹線国道125号線と平行する旧道沿い三段の池があり、東池はいちばん下の池で、その名のとおりもっとも東に位置します。 住宅が隣接し、古い石碑、枡型の洪水吐けが堰堤側にありました。 インレット側から bunbun.hatenablog.com bunbun.hatenablog.com…

前堰(千葉県茂原)

幹線国道からわずか100m。二車線道路沿いという好立地にありながら、見てくださいといわんばかりのオープンっぷり。 ガードレールもなく、池までするっとフラット。水面も近く一体感があります。夜などクルマごと突っ込んでしまった人も、一人や二人はいそう…

奥田堰(千葉県茂原)

小さな谷戸に形成された黒戸という集落があり、ため池を頂点に石段をのぼっていく寺や火の見櫓など、素朴な農村の原風景を今にとどめていて印象に残った場所でした。 堰堤横に民家があり、一艘の舟が係留されていました。

文化とスポーツの森の中堰(仮称)(千葉県いすみ)

立地よし、見どころ豊富な野池。 いすみ文化とスポーツの森に寄り添うように三段の池が隣接し、ここで紹介するのは中段に位置する池です。 池面の中にぽっかりと開いた丸い「ダム穴」と、池中央に砂嘴のように長くのびた岬が特徴的で、沖目にすっくと立った…

文化とスポーツの森の上堰(仮称)(千葉県いすみ)

いすみ文化とスポーツの森に寄り添うように三段の池が隣接。 この池はそのうち一番上の池。 平成27年に車上荒らしがあったという看板が新しく立てられましたが、その看板には立入禁止、駐車禁止、釣り禁止が明記されました。bunbun.hatenablog.com マークし…